おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【FC-W50H】トヨトミの壁掛けサーキュレーターを評価レビュー【取り付けや掃除も簡単で高性能】

この記事はトヨトミの壁掛けサーキュレーターFC-W50Hを評価レビューしている記事です。

悩む人

壁掛けできるサーキュレーターを探しているんだけど、トヨトミのFC-W50Hってどうなの?詳しいレビューが知りたいな!

と言う疑問に答えます。

壁掛けサーキュレーターの中でもトヨトミのFC-W50Hは非常に人気があるモデルですよね!

しゅん

今回、エアコンが取り付けられない(コンセントがなく、費用がかかる回線工事が必要な部屋)にトヨトミのFC-W50Hを設置してみました。

そこでこの記事では、トヨトミの壁掛けサーキュレーターFC-W50Hの口コミや評判が知りたい方に向けて、評価レビューをまとめていきます。

トヨトミの壁掛けサーキュレーターFC-W50Hに興味がある人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【FC-W50H】トヨトミの壁掛けサーキュレーターを評価する【取り付けや掃除も簡単で高性能】

【FC-W50H】トヨトミの壁掛けサーキュレーターを評価する【取り付けや掃除も簡単で高性能】

まず結論から。

しゅん

トヨトミの壁掛けサーキュレーター FC-W50Hは、取り付けや掃除も簡単で高性能な点が魅力です。

今回、エアコンが取り付けられない(コンセントがなく、費用がかかる回線工事が必要)に6畳の部屋に取り付けてみましたが、かなり快適になりました。

今までは床に置く扇風機や天井に取り付けるサーキュライトなどを使ってきましたが、今までで一番効果があります。

しゅん

風量も十分ありますし、自動運転モードを利用すると設定温度によって風の強さも自動で変えてくれます。

1万円以上するのでサーキュレーターとしては高額なモデルですが、その分だけ購入する価値があると感じます。

思った以上に取り付けは簡単で、石膏ボードの壁なら小さいピンを利用するので、賃貸の部屋でも利用できます。

しゅん

機能が特に良く充実しているので、買ってよかったと思えるサーキュレーターと言えます。

関連記事【ドウシシャ】サーキュライトの評価レビュー【取り付けも簡単で風量もある】

【FC-W50H】トヨトミの壁掛けサーキュレーターをレビュー【デザイン・取り付け・機能・掃除・不満点】

【FC-W50H】トヨトミの壁掛けサーキュレーターをレビュー【デザイン・取り付け・機能・掃除・不満点】

それでは順番にトヨトミの壁掛けサーキュレーター FC-W50Hをレビューしていきます。

しゅん

デザインや取り付けなどの特徴は下記の通りです。

トヨトミの壁掛けサーキュレーター FC-W50Hの特徴
  1. デザイン⇒エアコンのようなデザインでサイズもコンパクト
  2. 取り付け・設置⇒一人でも取付可能で難しい作業はなし
  3. 機能⇒自動運転で室温コントロールが可能
  4. 掃除⇒取り外し可能なフィルター付きで非常に手軽
  5. 不満点・デメリット⇒エアコンではないので、その点には要注意

順番に解説します。

デザイン【エアコンのようなデザインでサイズもコンパクト】

デザイン【エアコンのようなデザインで設置しても違和感なし】

まずデザインからレビューしていきます。

しゅん

パッと見はシンプルなエアコンで、サイズは一回り小さくしたような印象です。

実際のサイズは横幅が67cmで高さが20cm、奥行きが14cmなので結構コンパクトです。

デザインはエアコンみたいですが、サイズが小さいのでどこでも取り付けが可能です。

しゅん

例えばトイレの中とか、ドアの真上などの場所でも取り付けられます。

主張の小さなデザインやサイズなので、どこに置いても邪魔に感じることはないでしょう。

取り付け・設置【一人でも取付可能で難しい作業はなし】

取り付け【一人でも取付可能で難しい作業はなし】

次に取り付けについてレビューしていきます。

しゅん

本体の重量が3kgほどなので、一人でも簡単に取り付けが可能です。

具体的には、下記のような金具を2つ壁に取り付けます。

FC-W50Hの取付金具
しゅん

この取付金具は壁の材質によってネジorピンで取り付ける方法です。

多くの部屋で使われている石膏ボードの場合は、小さなピンを押し込むだけで取り付けが可能です。

FC-W50Hの設置方法
しゅん

ドライバーなどの工具は不要なので、本当に簡単に設置できます。

賃貸の部屋でも壁を傷つけにくいですし、設置出来ない!などのトラブルは無いかと思います。

機能【自動運転で室温コントロールが可能】

機能【自動運転で室温コントロールが可能】

次に機能についてレビューしていきます。

しゅん

様々なモードを利用できるので、非常に便利です。

FC-W50Hの機能
  1. 自動運転モード⇒設定した温度によって風量を調節してくれる
  2. 手動運転モード⇒強・中・弱に切替可能なモード
  3. パワフル運転モード⇒10分間、手動運転の強よりも強い風で運転してくれる
  4. 風向調節⇒ルーバーが上下にスイング、好みの場所で止めることも可能
  5. 切タイマー機能⇒1時間単位で最大12時間まで設定可能
  6. お掃除お知らせ⇒お掃除時期のお知らせが可能
しゅん

このように、サーキュレーターにしてはかなりの高機能を搭載しています。

特に自動運転モードは非常に便利で、温度を設定するだけで風量を調節してくれるので便利です。

また、部屋に入ったばかりで熱い場合はパワフル運転モードを併用すると、部屋の空気を循環させることが可能です。

しゅん

強やパワフル運転モードでは風切り音がしますが、爆音と言うほどではない点も魅力と言えます。

掃除【取り外し可能なフィルター付きで非常に手軽】

掃除【取り外し可能なフィルター付きで非常に手軽】

次に掃除やメンテナンスについてレビューしていきます。

しゅん

本体のカバーを外して、フィルターを掃除するだけなので結構手軽です。

フィルター自体は、エアコンについているフィルターのようなポコポコしたデザインです。

FC-W50Hのフィルター
しゅん

この他にも全面のカバーは取り外しが可能なので、ファンの部分も掃除しやすい点が魅力です。

エアコンのように結露や水滴の心配がないので、カビや黒ずみ等は付きにくい感じも魅力です。

掃除やメンテナンスという点は、特に不満は感じないでしょう。

不満点・デメリット【エアコンではないので、その点には要注意】

最後に不満点やデメリットを解説していきます。

しゅん

デザインがエアコンっぽいので勘違いされる方が多いですが、冷風は出ません。

あくまで高性能なサーキュレーターであり、エアコンのように冷房や暖房にはならない点には注意が必要です。

そのため夏場に室温を下げたりすることを期待するなら、普通のエアコンを購入したほうが良いでしょう。

しゅん

エアコンの送風機能を利用している感じをイメージしてもらえれば、わかりやすいです。

パッと見た感じはエアコンに近いですが、あくまでサーキュレーターなので、その点は理解しましょう。

【FC-W50H】トヨトミの壁掛けサーキュレーターを安い価格で買う方法

トヨトミ FC-W50H【高性能で温度設定もできる】

最後にトヨトミの壁掛けサーキュレーターFC-W50Hを安い価格で買う方法を解説します。

しゅん

壁掛けサーキュレーターは結構ニッチな商品なので、どこで購入しても似たような価格です。

そのため近所の家電量販店でも通販サイトでも極端な価格の差はありませんが、比較的価格が安いのはAmazonだと思います。

公式のAmazon.co.jpが販売している安心感がありますし、価格変動が少ないので、いつ購入しても良いでしょう。

しゅん

Amazonの価格変動が分かるKeepaというツールを利用した価格グラフは下記の通りです。

FC-W50HのKeepaを利用した価格グラフ
しゅん

このように、いつでもある程度同じ価格で購入出るので、購入のタイミングはつかみやすいでしょう。

関連記事

まとめ

【FC-W50H】トヨトミの壁掛けサーキュレーターを評価する【取り付けや掃除も簡単で高性能】

トヨトミの壁掛けサーキュレーターFC-W50Hを評価レビューしました。

しゅん

デザインや設置方法の特徴は下記の通りです。

トヨトミの壁掛けサーキュレーター FC-W50Hの特徴
  1. デザイン⇒エアコンのようなデザインでサイズもコンパクト
  2. 取り付け・設置⇒一人でも取付可能で難しい作業はなし
  3. 機能⇒自動運転で室温コントロールが可能
  4. 掃除⇒取り外し可能なフィルター付きで非常に手軽
  5. 不満点・デメリット⇒エアコンではないので、その点には要注意
しゅん

場所を取らずに高機能なので、非常に買ってよかったと思います。

エアコンのない部屋に設置していますが、部屋の上の方に熱がこもってモワッとした感じは解消します。

しかも風力もあるので、夏の一番暑い時期以外はこのサーキュレーターだけでも十分に過ごせそうな印象もあります。

しゅん

壁掛けタイプのサーキュレーターの中では、一番優秀と言っても良いでしょう。

是非参考にしてみてくださいね!

関連記事【2021年版】壁掛けサーキュレーターのおすすめはどれ?【おしゃれ!静音!DCモーターなどのタイプ別】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる