おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動している30代のメンズです。

普段使っているApple製品(MacBook Pro/iPad mini/iPhone)やおすすめのハイテク家電やガジェット、在宅勤務で使うインテリア家具や持っているとおしゃれな小物の選び方やレビューに加えて、Amazonのセールやサブスクの情報を紹介しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

\ ポイント最大10倍! /詳細を見る

【気持ち悪い?】Apple信者の持ち物まとめ– アップル製品はどこで買う?安く買うおすすめの方法を解説 –

この記事は、Apple信者の持ち物や安く買うおすすめの方法を解説している記事です。

悩む人

アップル製品が好きな人をアップル信者って言ったりするけど、具体的にはどんな部分が良いの?

という疑問に答えます。

Apple製品が好きな人は熱狂的と言うか、こよなく愛している人が多い一方で、Apple信者は気持ち悪いとか頭がおかしいとも言われることもあります。

しゅん

僕自身は使い勝手が良いな!と思って、MacBook ProやiPad mini、iPhoneなどを利用しています。

そこでこの記事ではApple信者の持ち物を紹介しながら、特徴や魅力を解説しつつ、アップル製品はどこで買う?安く買うおすすめの方法をまとめます。

Apple製品の持ち物が知りたい人は是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【気持ち悪い?】Apple信者の持ち物まとめ【特徴や魅力をまとめて解説】

同じスペースグレイのMacBook ProとiPad mini

まず最初にApple信者の持ち物まとめとして、特徴や魅力を解説していきます。

しゅん

アップル製品はiCloudでデータを自動的に連携してくれる点が便利で、気づいたらMacBook ProやiPad mini、iPhoneなど増えていきました。

Apple信者の持ち物まとめ
  1. MacBook Pro⇒トラックパッドの操作感や不具合の少なさが魅力
  2. iPad mini⇒片手で持てるサイズ感がちょうどよい
  3. iPhone⇒操作性が良く画面もキレイで使いやすい

順番に解説します。

MacBook Pro【トラックパッドの操作感や不具合の少なさが魅力】

【MacBook Pro】13インチ(2018)の同封品

まず最初に、Apple信者が考えるMacBook Proの魅力や特徴について解説していきます。

しゅん

2019年に購入したMacBook Proを現在も利用していますが、特に重い・フリーズする!などのトラブルやバッテリーが限界という感じもありません。

そんなMacBook Proに乗り換えた印象をWindowsとの違いも含めてまとめると、下記のようになります。

\\MacBook Proの魅力や特徴//

メリットデメリット
トラックパッドの操作が便利
アプリの種類が豊富で選びやすい
Windowsより不具合が圧倒的に少ない
アクセサリーの種類が豊富
WindowsPCより価格が高い
純正アクセサリーの価格が高い
後からメモリやSSDの増設が出来ない
ゲームなど非対応のソフトが多い

MacBook ProはWindowsよりもハード面の性能が優れている印象を強く持ちます。

しゅん

トラックパッドはマウスよりも複雑な操作が可能で、効率的に作業ができます。

『13インチMacBook Pro(2018)』はトラックパッドが素晴らしい
しゅん

他にもTouch IDがあるので、パスワードの入力が不要でログイン出来る場合が多いです。

MacBook ProのTouch ID
しゅん

アプリの種類も豊富で、Windowsよりもフリーズするトラブルなどが少ない点も魅力です。

フリーズなどのトラブルが少ないので、Windowsよりも長い期間使える点が大きな魅力だと思います。

その反面、Windowsよりも本体や純正アクセサリーの価格が高くて、少し敷居が高い点がデメリットだと思います。

おしゃれなアクセサリーの種類が豊富
しゅん

それでも効率的に作業が可能なので、次もMacを購入するだろうな!と考えています。

iPad mini【片手で持てるサイズ感がちょうどよい】

【徹底検証】新型iPad mini 6は待つべき?【結論⇒すぐに買うべし】

次にApple信者の持ち物としてiPad miniを利用しています。

しゅん

2021年に発売されたiPad mini 6を現在利用しています。

初代iPadから様々なiPadを利用してきましたが、iPad miniのサイズ感が一番使いやすいです。

\\iPad miniの魅力や特徴//

メリットデメリット
片手で持てるサイズ感がベスト
Touch ID付きでセキュリティも安心
アクセサリーの種類も多く使いやすい
USB-Cになり使い勝手が向上
専用のキーボードが無い
動画視聴には少しコンパクト
容量やセルラーなど選択肢が多い
Androidタブレットより価格が高い
しゅん

iPad miniは他のiPadよりもサイズがコンパクトで、片手で持てる点が魅力です。

新型iPad mini 6のTouch IDの位置

Touch IDも付いているのでセキュリティも安心ですし、使い勝手が良いです。

しゅん

iPhone 8の指紋認証よりも精度が高く、ほぼ失敗しない印象です。

サイズ【iPad mini 5よりもスリムで軽い】

他にも旧モデルのiPad mini 5よりもサイズが少しコンパクトになり、より持ち運びが手軽です。

しゅん

スピーカーの位置も改善されて、ステレオで聞けるようになった点も魅力です。

新型iPad mini 6は両側にスピーカーが配置されている

その反面、Androidタブレットより価格が高く、他のiPadのように専用のキーボードが無い点がデメリットと言えます。

しゅん

個人的には、様々なサイズのiPadを利用してきた経験から、iPad miniが一番使いやすいのでは?と思っています。

iPhone【操作性が良く画面もキレイで使いやすい】

【iPhone 13】スターライトはどんな色?【iPhone 8と比較しながら実機レビュー】

またiPhoneも利用しています。

しゅん

iPhone 3GSから利用し始めて、現在はiPhone 13を使っています。

2年から3年に1度買い替えていますが、Androidよりも使いやすい印象を持っています。

\\iPhoneの魅力や特徴//

メリットデメリット
画面が綺麗で操作性が良い
iPhoneを使っていれば困ることが少ない
アクセサリーの種類が豊富
Androidスマホよりもフリーズしない
本体の価格が高い
ウィジェットはAndroidが自由度が高い
SDカードなどを利用できない
Lightningコネクタ
しゅん

iPhone 8からiPhone 13に乗り換えましたが、画面サイズが大きく使いやすい点は何よりの魅力です。

iPhone 13とiPhone 8の画面サイズ比較

他にもカメラの性能も良く、非常に良い写真を撮影することが可能です。

しゅん

iPhone 13でもキレイな写真を撮影できるので、このブログの画像はほぼiPhone 13で撮っています。

サイズ【iPhone 8と比べると一回り大きくて厚みもある】

その反面、新品のiPhoneは10万円近い価格がネックです。

しゅん

ただしiPhoneのほうが使い勝手もよく、便利だな!と思います。

Apple Watch【あらゆる情報をチェック・確認できるのが大きな魅力】

Apple Watch Series8は待つべきか?【欲しいなら買って間違いないし】

また最近はApple Watchを購入して利用し始めました。

しゅん

購入したのは、Apple Watch Series8で、2022年の最新モデルです。

今回購入したアップルウオッチのスペック
シリーズApple Watch Series8
モデルGPS
サイズ41mm
ケースアルミニウム
カラーミッドナイト
バンドスポーツループ

\\Apple Watchの魅力や特徴//

メリットデメリット
睡眠や運動などのログを細かく取れる
画面が綺麗で41mmでも見やすい
アクセサリーの種類が豊富
アイデアをすぐに記録できる
本体の価格が高い
サイズやカラーなどの選択肢が多く迷う
iPhoneが無いと使いにくい
バッテリーの持ちが短い
しゅん

購入した理由は、自分の睡眠や運動した内容のログを取りたい!というのが一番の動機でした。

実際に購入してみると、睡眠の質や運動した距離、心拍数など、あらゆる情報を記録することができます。

41mmという小さめのモデルを選んだので、装着した時に主張が強すぎない点も好印象です。

Apple Watch Series 8を手首につけた様子
しゅん

その反面、iPhoneが無いと設定などの操作に少し手間があるとも感じます。

サイズ【41mmモデルでも画面の小ささは感じない】
しゅん

しかし使ってみると、非常に満足度が高い買い物だったと思います。

自分の健康や運動について、しっかり確認したいな!という方には、非常におすすめです。

アップル製品はどこで買う?安く買うおすすめの方法【結論⇒重視するポイントで変わる】

次に、アップル製品はどこで買う?安く買うおすすめの方法を解説していきます。

しゅん

Apple製品は、カスタマイズしたい!とか出来るだけ安く買いたい!などどのように買いたいか?によって大きく変わります。

例えば、価格面では他の通販や家電量販店には劣りますが、柔軟にカスタマイズしたいならApple公式で購入するのが一番です。

逆にとにかく安く買いたいなら、Amazonなどの通販サイトで購入するほうが確実に安いです。

Apple製品のおすすめ購入方法
  1. Apple公式サイト⇒カスタマイズしたい!公式の安心感が欲しい!と言う人におすすめ
  2. Amazon⇒とにかく安くおトクに購入したい!
  3. 家電量販店⇒実物を触りながら相談して買いたい!
しゅん

カスタマイズ等を考えなくて良い純正アクセサリー等は、Amazonの方がおトクに購入できます。

つまり、Apple製品は買い方によって、どこで買うべきか?が大きく変わると言えます。

Apple公式サイト【価格は高めだがカスタマイズが出来る】

Apple storeのイメージ
メリット
デメリット
  • 公式の安心感がある
  • 柔軟なカスタマイズが可能
  • コスパの良い整備済製品がある
  • 基本的に定価販売
  • 実店舗の数が少ない

Apple SotreやApple公式サイトのメリットは、公式であるという点です。

しゅん

安心感が高いですし、柔軟なカスタマイズに対応している点も魅力です。

その反面、基本的に定価販売なので、他の購入方法と比較してコスパが悪くなる点がデメリットと言えます。

もちろんコスパ重視なら、Appleが整備して品質が保証されている認定整備済製品の利用するのも1つの手です。

しゅん

価格よりもカスタマイズや安心感重視の方はApple StoreやApple公式サイトが一番向いているでしょう。

\\安心感やカスタマイズ重視の方におすすめ//

Amazon【カスタマイズ出来ないが価格が安くポイントも付く】

メリット
デメリット
  • 全体的に価格が安い(セールもある)
  • Amazonポイントも付く
  • カスタマイズが出来ない
  • iPhoneなど扱っていない製品がある

AmazonでApple製品を購入するメリットは、価格が安いという点です。

しゅん

Amazonポイントが付与されますし、セールで安くなることもあります。

Apple公式サイトや家電量販店に比べて、価格面では1歩も2歩も優れていて、Amazonアウトレットを上手に利用するとさらにおトクです。

もちろん、カスタマイズ出来なかったりiPhoneなど取り扱っていない製品もあります。

しかしトータルで考えた時に、コスパ重視の人はAmazonが一番良いでしょう。

しゅん

特に純正アクセサリーなどは狙い目ですよ!

\\コスパ重視の人におすすめ//

家電量販店【価格は中間でカスタマイズ出来ないが実物を見れる】

家電量販店のイメージ
メリット
デメリット
  • 実物を見ながら選べる
  • 多少の割引はある(ポイントも付く)
  • カスタマイズ不可(一部店舗では可能)
  • 店舗によって取り扱い製品が違う

家電量販店でApple製品を購入する一番のメリットは、実物を見ながら選べる点です。

しゅん

例えばApple Watchの40mmと44mmのどっちにするか?など、実物を見ないと判断ができない場合があります。

ネットでサイズ感を調べるとある程度は分かりますが、自分で試着しないと最終的な判断が出来ません。

その点で、家電量販店は実物を見て判断できる部分が一番の魅力と言えます。

またカスタマイズは出来ない場合が多いですが、多少の値引き価格で購入できますし、各家電量販店のポイントも付与されます。

しゅん

実物を見たい方やネットで高額なApple製品を買うのが不安な方は、一番安心できる買い方だと言えます。

【追記】Apple製品をとにかく安く買うなら中古の選択肢もアリ

次に、Apple製品をとにかく安く買うヒントも紹介しておきます。

しゅん

今回紹介した方法は新品のApple製品を購入する方法ですが、中古(整備品やアウトレット)も含めると、より安く買うことが出来ます。

特に数十万程度と高額なMacBook Proなどは、整備済品やアウトレットを利用すると非常におトクに購入できます。

そんな中古のApple製品の購入先としておすすめなのは下記の通りです。

中古のApple製品を安く買う方法
  1. Apple認定整備済み製品⇒Apple公式サイトの中古製品。整備されて保証もつくが、欲しいタイミングで買えない場合が多いのがデメリット
  2. Amazonアウトレット⇒Amazonのアウトレット販売サイト。倉庫内で箱が破損したり、返品された商品の中で状態が良い商品が並ぶ。iPhoneが出品されていないのがデメリット
  3. リコレ⇒ソフマップが運営する中古専門サイト。Apple製品に限らず様々な電化製品が販売されていて、商品の状態が分かりやすく表示されていて、結構安い。

安心感が高いのはApple認定整備済製品ですが、人気のモデルは瞬時に売り切れるので難易度が高いです。

しゅん

メモリ等がカスタマイズされたモデルも、たまに出品されます。

一方で穴場なのはAmazonアウトレットで、iPadや純正アクセサリーなどは結構狙い目です。

この2つはiPhoneが出品されないので、iPhoneが欲しい場合はソフマップの中古専門サイト「リコレ!」が良いでしょう。

関連記事

下記の記事では、中古のMacBookで十分なのか?やめたほうがいいのか?買う時の注意点を解説しています。

関連記事【危険】中古のMacBookで十分?やめたほうがいい?【買う時の注意点やおすすめのお店を徹底解説】

まとめ

この記事は、Apple信者の持ち物や安く買うおすすめの方法を解説してきました。

しゅん

気持ち悪いとか頭がおかしいとも言われるApple信者ですが、それだけ使い勝手もよく洗練されているなぁと感じます。

Apple信者の持ち物まとめ
  1. MacBook Pro⇒トラックパッドの操作感や不具合の少なさが魅力
  2. iPad mini⇒片手で持てるサイズ感がちょうどよい
  3. iPhone⇒操作性が良く画面もキレイで使いやすい

WindowsPCやAndroidスマホなどと比較すると、価格が高い点が一番のネックと言えます。

しゅん

しかし長く使えますし、操作性ではApple製品のほうが圧倒的に優れていると思います。

そんなApple製品は、どこで買うのが安くておすすめなのか?

結論として、Apple製品はカスタマイズしたい!とか出来るだけ安く買いたい!などどのように買いたいか?によって大きく変わります。

メリット&デメリットを比較すると下記のようになります。

Apple製品のおすすめ購入方法
  1. Apple公式サイト⇒カスタマイズしたい!公式の安心感が欲しい!と言う人におすすめ
  2. Amazon⇒とにかく安くおトクに購入したい!
  3. 家電量販店⇒実物を触りながら相談して買いたい!

それぞれ特徴が違うので、価格やカスタマイズ、実物を見たい!などによって選ぶと、満足感の高い買い物が出来るでしょう。

しゅん

また中古のApple製品も候補に入れると、より安いモデルを購入することが可能です。

中古のApple製品を安く買う方法
  1. Apple認定整備済み製品⇒Apple公式サイトの中古製品。整備されて保証もつくが、欲しいタイミングで買えない場合が多いのがデメリット
  2. Amazonアウトレット⇒Amazonのアウトレット販売サイト。倉庫内で箱が破損したり、返品された商品の中で状態が良い商品が並ぶ。iPhoneが出品されていないのがデメリット
  3. リコレ⇒ソフマップが運営する中古専門サイト。Apple製品に限らず様々な電化製品が販売されていて、商品の状態が分かりやすく表示されていて、結構安い。

中古のApple製品でもしっかりと整備されていているので、コスパ重視の方におすすめです。

しゅん

Apple製品は高額になるので、ぜひ自分に合った購入先を選んでみてくださいね!