おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。

おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

\ Amazonタイムセール祭り開催中 /詳細を見る

テレビが大きすぎて後悔する理由とは?【失敗しないための注意点もまとめて解説】

テレビが大きすぎて後悔する理由とは?【失敗しない選び方もまとめて解説】

この記事は、テレビが大きすぎて後悔する理由と、失敗しないための注意点をまとめて解説している記事です。

悩む人

新しいテレビを買おうと思うんだけど、サイズが大きすぎて後悔することってあるのかな?詳しく知りたいな!

と言う疑問に答えます。

テレビの買おうと思っている時に、画質や機能以外にテレビのサイズ選びは重要なポイントです。

しゅん

僕自身、テレビを買う時に画面サイズが大きすぎると後悔するのかな?逆に小さいと不満が出るかな?とかなり迷いました。

そこでこの記事では、テレビが大きすぎて後悔する理由を解説しながら、失敗しないための注意点をまとめて紹介します。

テレビが大きすぎて後悔する理由が知りたい人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

テレビが大きすぎて後悔する理由とは?【サイズや使い勝手の悪さが原因】

テレビが大きすぎて後悔する理由とは?【サイズや使い勝手の悪さが原因】

まず結論から。

しゅん

テレビが大きすぎて後悔する理由は、サイズが合わないとか使い勝手が悪さが原因になることが多いです。

と言うのもテレビが大きすぎる場合、下記のような理由で後悔する可能性があります。

テレビが大きすぎて後悔する理由
  1. 画面に酔う⇒乗り物酔いのように気分が悪くなる可能性がある
  2. 目が疲れる⇒画面全体の情報を追うのが大変
  3. 置き場所に困る⇒置き場所に制限が出る場合や移動が大変な場合も
  4. テレビの粗が気になる⇒2K放送の地上波の番組などは注意

シンプルに画面サイズに関しては、数日から1週間程度利用すると、自然に慣れることが多いです。

しかし根本的にテレビが合わないということであれば、下記のようなポイントで後悔する可能性があります。

順番に解説します。

画面に酔う【乗り物酔いのように気分が悪くなる可能性がある】

カバー画像

画面に酔う

【乗り物酔いのように気分が悪くなる可能性がある】

まず大きすぎるテレビは、画面に酔いやすい点で後悔する可能性があります。

しゅん

大画面で映画やドラマなどのコンテンツを楽しむと、没入感が得られるメリットがあります。

その反面、ドラマや映画の中で動きが大きいと、乗り物酔いのような感じで、気分が悪くなる場合があります。

特にテレビとの距離が近い場合や、画面との距離を変えられない場合は、注意が必要です。

しゅん

もちろん利用していれば慣れていく可能性が高いです。

しかし画面サイズが大きい場合、気分が悪くなる可能性がある点は考慮したほうが良いでしょう。

目や肩が疲れる【画面全体の情報を追うのが大変】

カバー画像

目や肩が疲れる

【画面全体の情報を追うのが大変】

さらにテレビが大きすぎると、目が疲れる可能性もあります。

しゅん

パソコンやスマホと同様に長時間見続けると、目が疲れる可能性が高いです。

特に近い距離で大画面のテレビを見ていると、目に対する刺激が強くて、健康被害を受ける可能性があります。

また、首を横に振らない字幕を全て見えない!目線を変える機会が多くて、役者の表情に集中できない!などが起こる場合もあります。

しゅん

大画面だと没入感が高くなりますが、首や肩こりなどのような状態になる場合に注意が必要です。

置き場所に困る【置き場所に制限が出る場合や移動が大変な場合も】

カバー画像

置き場所に困る

【置き場所に制限が出る場合や移動が大変な場合も】

また大きすぎるテレビは、置き場所に困る点で後悔する可能性があります。

しゅん

テレビ本体のサイズが大きいため置ける場所が限定されてしまいます。

自分がイメージしていた場所に設置した後、模様替えや配置を変えようと思っても、置ける場所が限られる場合があります。

また画面サイズが大きいと、移動するのも一人では難しい可能性も高くなります。

しゅん

他にも階段や廊下などを通らないトラブルなどの可能性もありますが、その辺りを考えた上で購入するなら問題ないでしょう。

しかし画面サイズが大きいということは、移動も大変と言う部分は注意が必要です。

テレビの粗が気になる【2K放送の地上波の番組などは注意】

カバー画像

テレビの粗が気になる

【2K放送の地上波の番組などは注意】

他にもテレビが大きすぎると、画質の粗が気になって後悔する場合があります。

しゅん

と言うのも地上波の番組などは2Kと呼ばれる画質で放送されています。

この2Kの放送を、大画面で高精細のテレビで視聴すると、粗が気になる場合があります。

大きい画面で見ると、細かい部分まで広げて見る形になるので、後悔してしまう場合があります。

しゅん

もちろんブルーレイの映画やドラマ、4K放送の番組などは、大画面で見てもキレイに見えるハズです。

しかし地上波のテレビ番組の視聴が多い方は、逆に細かい部分が気になる場合があるので注意しましょう。

関連記事

下記の記事では、人気があり満足度が高い動画配信サービスはどれなのか?映画やアニメ、コスパなど用途別のおすすめを紹介しています。

関連記事【人気】満足度が高い動画配信サービスはどれ?【映画やアニメ、コスパで選ぶおすすめを徹底解説】

テレビ選びで大きすぎて後悔!失敗しないための注意点

ではどうすれば失敗しないテレビが選べるのか?について解説していきます。

しゅん

ではテレビ選びで後悔!失敗しないための注意点をまとめると、下記のようになります。

テレビ選びで後悔!失敗しない方法
  1. メーカーや家電量販店推奨の画面サイズや視聴距離はあくまで目安
  2. 買い替え前のテレビとのサイズ差に注意が必要
  3. 家電量販店でのサイズ感と自宅に設置した時のサイズ感は違う点に注意する

順番に解説します。

メーカーや家電量販店推奨の画面サイズや視聴距離はあくまで目安

カバー画像

メーカーや家電量販店推奨の画面サイズや視聴距離はあくまで目安

まず最初にテレビ選びの基本から解説します。

しゅん

よく画面サイズの目安としては、4Kテレビなら画面の高さの約1.5倍、フルHDテレビなら「画面の高さの約3倍」と言われます。

実際、日本オーディオ協会が公表しているガイドラインには、下記のような記載があります。

一般的には画面の高さの 3 倍が適正視聴距離とされています。

ホームシアター映像 環境・調整 ガイドライン/日本オーディオ協会
しゅん

この基準を考慮して画面のサイズや高さをまとめると、下記のような視聴距離を導き出すことができます。

サイズ画面の高さ視聴距離
32V約39cm約1.2m
43V約50cm約1.5m
49V約57cm約1.7m
55V約65cm約1.9m
65V約75cm約2.2m
75V約87cm約2.6m

基本的にはこの考え方でテレビのサイズを決めるのが良いですが、あくまでも目安です。

しゅん

部屋の中でもソファやベッド、キッチンなど違う距離から見ることも多いハズです。

そのため色々な場所から見ることも考えた上でテレビのサイズを決めるのが良いでしょう。

買い替え前のテレビとのサイズ差に注意が必要

カバー画像

買い替え前のテレビとのサイズ差に注意が必要

また買い替え前のテレビとのサイズ差にも注意しましょう。

しゅん

今利用しているテレビとのサイズ差が大きすぎると違和感を感じることが多くなります。

今まで慣れていたテレビのサイズとの違いが大きすぎると、違和感を感じますし、ワンサイズ違うだけでも、画面サイズはかなり変わってきます。

テレビのサイズ対角線の長さ
32インチ81.3cm
40インチ101.6cm
50インチ127.0cm
55インチ139.7cm
60インチ152.4cm
65インチ165.1cm
しゅん

例えば、40インチのテレビから50インチのテレビに買い替えた場合、約25cmほどサイズが変わります。

このようにサイズは1つ違うだけでも、画面の大きさはかなり変わるので注意が必要です。

家電量販店でのサイズ感と自宅に設置した時のサイズ感は違う点に注意する

カバー画像

家電量販店でのサイズ感と自宅に設置した時のサイズ感は違う点に注意する

また家電量販店に置いてあるテレビと、自宅に設置した時のサイズ感もポイントです。

しゅん

家電量販店でテレビを見ると、画面が小さく感じる傾向が高いです。

と言うのも、家電量販店では様々なサイズのテレビが多数展示されています。

そのため小さいサイズはより小さく、大きいサイズでも小さく感じる可能性が高いです。

しゅん

家電量販店は空間が広いので、圧迫感を感じにくいんですよね。

そのため、家電量販店でのサイズ感で決めるのではなく、サイズを見て選ぶほうが良いでしょう。

関連記事

下記の記事では、2022年版の買ってはいけないテレビメーカーはどこなのか?おすすめのスマートテレビもまとめて解説しています。

関連記事【2022年版】買ってはいけないテレビメーカーはどこ?【おすすめのスマートテレビも徹底解説】

まとめ

テレビが大きすぎて後悔する理由について解説しました。

しゅん

テレビが大きすぎて後悔する理由は、サイズが合わないとか使い勝手が悪さが原因になることが多いです。

テレビが大きすぎて後悔する理由
  1. 画面に酔う⇒乗り物酔いのように気分が悪くなる可能性がある
  2. 目が疲れる⇒画面全体の情報を追うのが大変
  3. 置き場所に困る⇒置き場所に制限が出る場合や移動が大変な場合も
  4. テレビの粗が気になる⇒2K放送の地上波の番組などは注意

このように画面サイズが大きいために生じるデメリットがある点には注意しましょう。

もちろんシンプルに画面サイズに関しては、数日から1週間程度利用すると、自然に慣れることが多いです。

しゅん

しかも個人的には大きいテレビよりも小さいテレビの方が、より後悔する可能性が高いと思います。

しかしテレビが大きすぎると、逆に後悔することもある!という点には注意が必要です。

是非参考にしてみてくださいね!

テレビが大きすぎて後悔する理由とは?【失敗しない選び方もまとめて解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)