おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動している30代のメンズです。

普段使っているApple製品(MacBook Pro/iPad mini/iPhone)やおすすめのハイテク家電やガジェット、在宅勤務で使うインテリア家具や持っているとおしゃれな小物の選び方やレビューに加えて、Amazonのセールやサブスクの情報を紹介しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

\ 楽天スーパーセール開催中! /詳細を見る

【2022年版】買ってはいけないテレビメーカーはどこ?【おすすめのスマートテレビも徹底解説】

【2022年版】買ってはいけないテレビメーカーはどこ?【おすすめのスマートテレビも徹底解説】

この記事は、2022年版の買ってはいけないテレビメーカーを解説しながら、おすすめのスマートテレビを解説している記事です。

悩む人

スマートテレビが欲しいんだけど、買ってはいけないテレビメーカーとかあるの?

と言う疑問に答えます。

最近のテレビはネットに対応した便利なモデルが多数発売されていますが、どのメーカーを買えばいいのか?って難しいですよね!

しゅん

実際、テレビのメーカーによって細かい部分で特徴や出来ることが異なります。

そこでこの記事では、2022年版、買ってはいけないテレビメーカーを解説しながら、スマートテレビのおすすめや注意点を紹介しています。

買ってはいけないテレビメーカーに興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【2022年版】買ってはいけないテレビメーカーはどこ?【ハイセンスやtclなどの海外メーカー】

【OS比較】買ってはいけないテレビメーカーはどこ?【ハイセンスやtclなどの海外メーカー】

まず結論から。

しゅん

今まで使っていたテレビの使い勝手を考えるなら、ハイセンスやtcl、LGなど海外メーカー製は買ってはいけません。

と言うのも、日本メーカー製のテレビはリモコンの使い方などが、今までのテレビと同じように作られています。

しかし海外メーカー製のテレビは世界標準の仕様になっているので、使い勝手が日本メーカー製のテレビと違う部分があります。

しゅん

そのため今までのような使い勝手を求める人は、日本メーカー製のテレビを購入したほうが良いでしょう。

安心の日本製テレビメーカー注意が必要な海外テレビメーカー
ソニー
シャープ
東芝
パナソニック
ハイセンス
LG
tcl
その他激安テレビ

もちろん海外メーカー製のテレビも性能がよいモデルが多いです。

しゅん

絶対ではないので、しっかりと確認してみると良いでしょう。

\\人気のテレビが安く買える//

ーAmazonの売れ筋ランキングはこちらからー

【2022年版】買ってはいけないテレビの特徴とは?

では買ってはいけないテレビの特徴にはどんなものがあるのか?掘り下げていきます。

しゅん

具体的には、下記のようなテレビには注意が必要です。

買ってはいけないテレビの特徴
  1. 安すぎる⇒性能や機能に不安がある場合も
  2. 保証期間が短い⇒故障した時のサポートが不安
  3. サイズが合っていない⇒大きすぎるor小さすぎると見にくい
  4. 音が悪い⇒音が悪いと映画やドラマの魅力が半減
  5. 用途や機能が合っていない⇒使い方に合わないとストレスがたまる
  6. 機能が不足している⇒スマートテレビかどうか?も重要

順番に解説します。

安すぎる【性能や機能に不安がある場合も】

カバー画像

安すぎる

【性能や機能に不安がある場合も】

まず最初に注意すべきは、安すぎるテレビです。

しゅん

安すぎるテレビは、普通の価格のテレビに比べて、コストダウンのために削られた機能が多いです。

例えば色合いや画質などに、不満の口コミやレビューがあることが多いです。

もちろん安すぎるテレビが全てダメと言うわけではなく、中には掘り出し物のテレビもあるでしょう。

しゅん

しかし安すぎるテレビを購入する場合は、口コミやレビューの評価をしっかり確認したほうが良いでしょう。

保証期間が短い【故障した時のサポートが不安】

カバー画像

保証期間が短い

【故障した時のサポートが不安】

次に保証期間が短いテレビにも注意が必要です。

しゅん

テレビは購入後に数年間、あるいは故障するまで使い続けることが多いので、サポート体制には注意したほうが良いでしょう。

基本的にはテレビには1年間の保証が付きますし、メーカーによっては3年保証と言う場合もあります。

この他にも購入したお店で独自の追加保証をつけられる場合も多く、不安な方はこのようなサービスが充実したお店を選ぶと良いでしょう。

しゅん

一方で、中古のテレビやアウトレット品のテレビは、数ヶ月の保証しかつかない場合があります。

購入後のトラブルを考えると、保証についてもしっかり確認することが大切です。

サイズが合っていない【大きすぎるor小さすぎると見にくい】

カバー画像

サイズが合っていない

【大きすぎるor小さすぎると見にくい】

次にテレビのサイズにも注意が必要です。

しゅん

部屋に設置した時に大きすぎるとか、小さすぎると不満が出ることが多いです。

特に買い換える前のテレビとサイズが変わったり、テレビ台も一緒に買い換えると違和感を覚えることが多くなります。

また最近のテレビは縁(フレーム)の部分のが狭いので、古いテレビからの買い替えだと同じサイズでも小さく感じる場合もあります。

しゅん

個人的には、サイズが大きくなるよりも小さくなる方が、小さい!という不満を感じやすいと思います。

そのためテレビのサイズ選び、特にサイズダウンを考えている人は、注意しましょう。

関連記事

下記の記事では、テレビが大きすぎて後悔する4つの理由と、失敗しないための注意点をまとめています。

関連記事テレビが大きすぎて後悔するデメリットとは?【疲れる!失敗する理由や注意点もまとめて解説】

音が悪い【音が悪いと映画やドラマの魅力が半減】

カバー画像

音が悪い

【音が悪いと映画やドラマの魅力が半減】

他にもテレビの音質、スピーカーの性能には注意が必要です。

しゅん

音が悪いテレビだと、映画やドラマの魅力が半減してしまうことが多いです。

液晶テレビは薄くてサイズが小さい分だけ、スピーカーの性能がイマイチのモデルが多いです。

そのためテレビの音質にこだわりを持つ人は、Dolby Atmos対応のテレビを選ぶと良いでしょう。

しゅん

もちろんスピーカーの音質も考えてテレビを選ぶと価格が高くなる傾向があります。

そのためコスパを考えると、テレビの他にサウンドバーを利用するのも良いでしょう。

関連記事

下記の記事では、アレクサを搭載したサウンドバーのおすすめはどれなのか?まとめています。

関連記事【2022年版】アレクサ搭載サウンドバーのおすすめはどれ?【ヤマハ・ソニー・BOSEを比較する】

用途に合っていない【使い方に合わないとストレスがたまる】

カバー画像

用途に合っていない

【使い方に合わないとストレスがたまる】

また自分の使う用途に合っていないと、不満を持つことが多いです。

しゅん

使い方に合わないテレビだとストレスが溜まります。

例えば、裏番組を録画したいのにチューナーの数が足りない!とかWiFi接続が出来なくて、有線LANケーブルを使う必要がある!など、細かい部分の機能には注意しましょう。

テレビを買う時に注意すべポイント
  1. 倍速機能⇒残像が減るのでテレビを見ていても疲れない
  2. 解像度⇒映像を細部まで表示する4Kなどのテレビがキレイに見れる
  3. パネル⇒液晶パネルはコスパが良いが画質なら有機EL
  4. チューナーの数⇒裏番組を録画したい時は複数のチューナーが必須
  5. WiFi⇒VODやインターネットのを利用したい時にあると便利
  6. HDMI端子⇒レコーダーなど複数利用する場合は、注意が必要

このように細かい部分をしっかり確認すると、買って後悔することが少なくなります。

しゅん

自分の使い方に合わせて、しっかりとチェックしましょう。

機能が不足している【スマートテレビかどうか?も重要】

カバー画像

機能が不足している

【スマートテレビかどうか?も重要】

最後のポイントは、スマートテレビかどうか?チェックすることです。

しゅん

スマートテレビでは、テレビ番組の視聴以外に様々な用途で利用できます。

スマートテレビでできること
  1. 動画配信サービスを利用して映画やドラマを視聴できる
  2. パソコンやスマホのようにWebを閲覧することが出来る
  3. SNSと連携してTwitterやInstagramを利用できる

主なスマートテレビでは上記のようなことが可能になります。

しゅん

従来のテレビより出来ることの幅が広がり、より便利になりました。

テレビ自体がこれらの機能を内蔵していると、1つのリモコンで操作できるなどメリットも多いです。

もちろんスマートテレビとしての機能が多いほうが、価格が高くなるデメリットがあります。

しゅん

そのため手軽にスマートテレビの機能を利用するなら、Fire TV Stickを買うのも一つの手です。

安いモデルなら5,000円以下で購入する事も可能なので、コスパを求めるならこちらもおすすめです。

関連記事

下記の記事では、Fire TV Stickを買うならどれがいいのか?モデル比較や無料で見られるものもまとめて解説しています。

関連記事【Amazon】Fire TV Stickを買うならどれがいい?【モデル比較や無料で見れるものも徹底解説】

【2022年版】おすすめのスマートテレビメーカーはどれ?【OS比較やサクサク感や使い勝手】

次にテレビメーカーの特徴やOSについて比較していきます。

しゅん

それぞれのテレビで出来ることは似ていますが、サクサク感や使い勝手に違いがあります。

テレビの特徴やOSを比較
  1. LG⇒スマートテレビの老舗の安定感が魅力
  2. ハイセンス⇒サクサク動くOSが魅力
  3. パナソニック⇒日本に最適化したOSで軽快な操作が魅力
  4. ソニー⇒AndroidOS搭載で性能が高い点が魅力
  5. シャープ⇒AI(人工知能)を搭載した高性能が魅力

順番に解説していきます。

LG【スマートテレビの老舗の安定感が魅力】

『LG』のスマートテレビの特徴は価格の安さ

まず最初に紹介するのがLGです。

しゅん

LGは韓国のメーカーで、液晶パネルの生産で最大手のメーカーなので品質が高く、価格が安い点が魅力です。

LGのスマートテレビは『webOS』というOSが搭載されていて、メニューの選択や画面の切り替えなどはスムーズに動作します。

そのためサクサク動くスマートテレビが欲しい人におすすめです。

しゅん

You Tube・Amazon プライム・ビデオ・Netflix・DAZN等のアプリがあるので、使っていて困ることは無いでしょう。

\\コスパが良いLG製のスマートテレビ//

ー今だけ!限定セールはこちらからー

関連記事

下記の記事では、LGのテレビってどうなのか?壊れやすいとの評判もあるデメリットや注意点もまとめて解説しています。

関連記事【評判】LGのテレビってどう?【壊れやすい?デメリットや注意点もまとめて徹底解説】

ハイセンス【サクサク動くOSが魅力】

ハイセンス製スマートテレビは元東芝のエンジンを搭載
ハイセンスは元東芝のエンジンを搭載

次に紹介するのがハイセンスです。

しゅん

ハイセンス製のスマートテレビは元東芝製のエンジンを搭載していて、コスパが良いのに画質の良さが特徴です。

2018年に東芝映像ソリューションを傘下に収めて、共同開発しているエンジンのおかげで、高画質な映像の処理が可能になっています。

元々、ハイセンスは全世界で商品を販売しているのでコスパがよく、さらに画質が向上して人気が高まっています。

しゅん

スマートテレビ機能としては、独自のOSであるVIDAAを搭載しています。

VIDAAはかなりサクサク動く点が特徴で、スマートテレビの動作が遅い点にイライラした人でも快適に使えるハズです。

機種によってAmazonプライム・ビデオに対応していない点は注意が必要ですが、『Fire Tv Stick』を使えば問題ないでしょう。

しゅん

使い勝手では注意が必要ですが、コスパと画質の両方を求める人にハイセンス製のスマートテレビはおすすめです。

\\東芝レグザエンジン搭載//

ー今だけ!限定セールはこちらからー

関連記事

下記の記事では、ハイセンスのテレビは寿命が短くて壊れやすいのか?おすすめのテレビや注意点もまとめて解説しています。

関連記事【評判】ハイセンスのテレビは寿命が短くて壊れやすい?【おすすめや注意点もまとめて解説】

パナソニック【日本に最適化したOSで軽快な操作が魅力】

『パナソニック』のスマートテレビ【VIERA】は高画質・高精細

パナソニックのスマートテレビVIERAは、日本に最適化したOSが特徴です。

しゅん

海外製のテレビは世界標準だけど、日本の文化と違う部分があるんですよね。

そんなVIERAは、以前Firefox OSと呼ばれていたOSを搭載していて、メニューがシンプルで動作が比較的軽快なので、操作した時にイライラする事は少ないでしょう。

テレビはメーカーによって本来の自然の色よりも得意とする色を強調する傾向があります。

しゅん

しかしVIERAは色合いが美しいので、本来の色を引き出すのが得意です。

本来の自然な色を楽しみたい時にパナソニックのVIERAはおすすめです。

\\パナソニック製は高画質//

ー今だけ!限定セールはこちらからー

ソニー【AndroidOS搭載で性能が高い点が魅力】

『ソニー』のスマートテレビ【BRAVIA】はAndroidスマホのように使える

ソニーのスマートテレビBRAVIAは、Androidスマホのように使える点が特徴です。

しゅん

BRAVIAは『Android TV』と言うOSを採用しているため、比較的新機能への対応が早い点が魅力です。

その使い勝手の良さに加えて、グーグルアシスタント機能が搭載されていて音声操作も可能です。

スマホのような使い勝手の良さならソニーのBRAVIAがおすすめです。

\\ソニー製は高画質//

ー今だけ!限定セールはこちらからー

シャープ【AI(人工知能)を搭載した高性能が魅力】

『シャープ』のスマートテレビ【AQUOS】は人工知能(AI)搭載

シャープのスマートテレビAQUOSは、人工知能(AI)を搭載している点が特徴です。

しゅん

AQUOSはAndroid TVと言うOSを採用していて、人工知能(AI)に力を入れています。

特徴は放送やネット配信の視聴履歴をAIで解析し、利用者が見たいであろうコンテンツを提示するココロビジョンという機能です。

興味がありそうなテレビ番組が始まるときなどにはココロビジョンが教えてくれます。

しゅん

使い勝手がよく人工知能(AI)に興味があるならシャープのAQUOSがおすすめです。

\\シャープ製は高機能//

ー今だけ!限定セールはこちらからー

まとめ

2022年版、買ってはいけないテレビメーカーとおすすめのスマートテレビを紹介しました。

しゅん

今まで使っていたテレビの使い勝手を考えるなら、ハイセンスやtcl、LGなど海外メーカー製は買ってはいけません。

と言うのも、日本メーカー製のテレビは、リモコンの使い方などが今までのテレビと同じように作られています。

しかし海外メーカー製のテレビは世界標準の仕様になっているので、使い勝手が日本メーカー製のテレビと違う部分があります。

しゅん

そのため今までのような使い勝手を求める人は、日本メーカー製のテレビを購入したほうが良いでしょう。

安心の日本製テレビメーカー注意が必要な海外テレビメーカー
ソニー
シャープ
東芝
パナソニック
ハイセンス
LG
tcl
その他激安テレビ
しゅん

また実際にテレビを選ぶ時は、下記のポイントに注意しましょう。

買ってはいけないテレビの特徴
  1. 安すぎる⇒性能や機能に不安がある場合も
  2. 保証期間が短い⇒故障した時のサポートが不安
  3. サイズが合っていない⇒大きすぎるor小さすぎると見にくい
  4. 音が悪い⇒音が悪いと映画やドラマの魅力が半減
  5. 用途や機能が合っていない⇒使い方に合わないとストレスがたまる
  6. 機能が不足している⇒スマートテレビかどうか?も重要
しゅん

また今からテレビを買うならスマートテレビがおすすめです。

インターネットに接続することで、下記のような機能を利用することができます。

スマートテレビでできること
  1. 動画配信サービスを利用して映画やドラマを視聴できる
  2. パソコンやスマホのようにWebを閲覧することが出来る
  3. SNSと連携してTwitterやInstagramを利用できる

スマートテレビは、TV番組以外にもネット配信の番組や映画を見ることが可能で、機種によっては音声操作も人工知能(AI)もあり、便利に使えます。

今からテレビを購入するならスマート機能を搭載したテレビの方が使い勝手が良いです。

しゅん

ぜひ、自分の使い方に合わせて、テレビを選んでみてくださいね!

【2022年版】買ってはいけないテレビメーカーはどこ?【おすすめのスマートテレビも徹底解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)