『Audible(オーディブル)』で聴く読書

『スマートテレビ』のおすすめ10選【選び方とメーカー別の比較です】

『スマートテレビ』のおすすめ10選【選び方とメーカー別の比較です】

この記事では『スマートテレビ』のどれがおすすめか?

選び方と『LG・REGZA・VIERA・BRAVIA・AQUOS』のメーカー別におすすめ機種を紹介しています。

スマートテレビはどれがおすすめ??
選び方のポイントが知りたい!

と言う疑問に答えます。

テレビの中でもネット機能が強化されているスマートテレビは、どれを選べばいいか?難しいですよね!

そこでこの記事では『スマートテレビの選び方とメーカー別におすすめ機種』を紹介しています。

『スマートテレビに買い換えようかな?』と考えている方は、是非参考にしてみてください。

気になる所にジャンプ!

【2019年版】『スマートテレビ』おすすめの選び方

スマートテレビの選び方

  1. 画面サイズ】は部屋のサイズに合わせる
  2. 画素数】は高いほどきれいに見える
  3. 裏番組録画】は必須の機能
  4. 倍速駆動】はあっても良い機能
  5. 安く買うなら【3月~5月】と【9月~11月

【画面サイズ】は部屋のサイズに合わせる

テレビの購入で一番迷うのが『どれぐらいのサイズのテレビにするか?』ですよね!

サイズによって価格が大きく変わるし、使い勝手も大きく変わります。

そんな中でおすすめの選び方は『設置する部屋のサイズに合わせてテレビを選ぶ』です。

テレビのサイズは『テレビの高さ×3倍の距離』が基本的な選び方と言えます。

しかし個人差がありますし、場所や部屋の形によっても変わります。

そこで、部屋のサイズに合わせた大まかな目安は以下の通りで、この基準で検討すると選ぶやすくなります。

画面サイズの目安
6畳以下30インチ前後
12畳まで40インチ前後
12畳以上50インチ前後

【画素数】が多いほどきれいに見える

テレビは『単純に画素数が多い4Kや8Kテレビのほうがきれいに見える』特徴があります。

具体的には【HD】⇒【フルHD】⇒【4K】⇒【8K】の順番です。

しかし『高性能なテレビほど価格も高額になり、対応している番組も少ないデメリット』があります。

単純にTV番組を見るだけならフルHDの解像度でも十分ですし、画面サイズが小さいなら4K等は不要だと思います。

その点を考えると『フルHDでも大丈夫で、予算によって4Kテレビも検討する』のもベストです。

【録画機能】は裏番組録画が必須

テレビは外付けHDDを接続すると録画出来る機種が多いですが『裏番組録画が出来るか?』が重要なポイントです。

裏番組録画が出来ないと『録画中に他のTV番組を見ることが出来ない』デメリットがあります。

つまり『後で見たいから、録画して他のTV番組を見る』ということが出来ないのです。

そのため2チューナー以上を内蔵している機種を選ぶのがおすすめです。

またテレビ自体にHDDを内蔵している機種がありますが『HDDが壊れた時に交換が非常に面倒』なので、避けたほうが良いでしょう。

スポーツを見るなら【倍速駆動】がおすすめ

液晶テレビでスポーツなど動きの早い番組を多く見るなら『倍速駆動かどうか?』が重要なポイントです。

倍速駆動とは液晶テレビでは苦手の速い映像を滑らかに再生する機能のことです。

映像のブレが軽減されるので『スポーツ観戦やアクションゲームなどを楽しみたい!と考えている方にはおすすめの機能』です。

個人的には『倍速駆動のテレビのほうが見やすいので、あったほうが良い機能』だと思います。

安く買うには【3月~5月】と【9月~11月】がおすすめ

テレビそのものの価格が安くなっても『時期によって価格は大きく変動』します。

そのため『安く買える時期を狙って購入するのがおすすめ』です。

例えば、新製品が発売されたばかりと、入れ替えの時期では大きく値段が変わります。

そのためおトクにテレビを購入するなら『3月~5月or9月~11月』が狙い目です。

この時期はテレビの入れ替えの時期なので、新製品を購入するよりもかなり安く購入できます。

この他にも家電量販店の決算時期も狙い目と言えます。

とにかく安く購入したいなら『Amazon』がおすすめです。

Amazonは価格変動を簡単に確認できるので、購入時期を見つけやすいんですよね。

『Amazon』で安く買う方法はコチラ⇒

『Amazon』価格変動(推移)やセールを通知で知る方法【Keepaの使い方】

【2019年版】『スマートテレビ』のおすすめ①『LG』は【価格の安さ】でおすすめ

『LG』のスマートテレビの特徴は価格の安さ

LGは韓国のメーカーで『液晶パネルの生産で最大手のメーカーなので品質が高く、価格が安い点が魅力』です。

LGのスマートテレビは『webOS』というOSが搭載されていて『メニューの選択や画面の切り替えなどはスムーズに動作』します。

早くからスマートテレビに取り組んでいた強みと言えるでしょう。

You Tube・Amazon プライム・ビデオ・Netflix・DAZN】等のアプリがあるので、使っていて困ることは無いでしょう。

価格の安い『スマートテレビ』ならLGがおすすめです。

有機ELのLGスマートテレビなら『OLED55E9PJA

有機ELでLGのスマートテレビを選ぶなら『OLED55E9PJA』がおすすめです。

4Kチューナー】搭載で、サイズは【65V型・55V型】から選べます。

有機ELパネルのテレビなので、画質は非常に高画質ですし『Dolby Atmos(R)』に対応しているので、サウンドも高性能です。

価格帯が高めでサイズも大きいですが、とにかくきれいなスマートテレビが欲しいならおすすめです。

4K対応のLGスマートテレビなら『50UM7300EJA』

4K対応でLGのスマートテレビを選ぶなら『50UM7300EJA』がおすすめです。

サイズは【43V型・50V型・55V型・65V型】から選べます。

有機ELディスプレイのスマートテレビに比べて、安い価格で変える点が特徴的です。

IPSパネル】を採用しているので高発色・広視野角で、高画質を堪能できます。

また黒をはっきりとHDR対応なので明暗のコントラストがはっきりします。

4Kチューナー】内蔵で、裏番組録画も可能なスマートテレビです。

【2019年版】『スマートテレビ』のおすすめ②『東芝』の【REGZA】はテレビ録画が得意でおすすめ

『東芝』のスマートテレビ【REGZA】はテレビ録画重視

東芝のスマートテレビ【REGZA】は『テレビ録画機能が充実していて、音声操作に対応している点が特徴』です。

REGZAは『昔ながらの組み込みOS』と言うOSを採用しているので、安定した操作性が魅力です。

特徴は、多チャンネルの番組を自動的に全録する【タイムシフトマシン】機能です。

自動的に多数の番組を録画して後から見れるので、テレビをよく見る方におすすめです。

この他にも『スマートスピーカーによる音声操作に対応している機種もあり、リモコン不要で操作が可能』です。

個人的に【REGZA】を利用していますが、設定が細かく出来たり使い勝手が非常に良いと思います。

スマートスピーカーの解説はコチラ⇒

『Amazon Echo』とは?【出来ることやメリット・デメリットを解説】 『Amazon Echo』とは?【出来ることやメリット・デメリットを解説】

有機ELで東芝(REGZA)のスマートテレビなら『X930』シリーズ

有機ELで東芝(REGZA)のスマートテレビを選ぶなら『X930』シリーズがおすすめです。

サイズは【65V型・55V型】から選べます。

BS/CS 4Kチューナー】をダブルで内蔵しているので、すぐに新4K衛星放送を楽しめます。

立体感や解像度が優れている点が特徴で【出力50W】のアンプ搭載で音質も良いです。

別にチューナーを購入しなくても、すぐに新4K衛星放送を楽しめる点が魅力です。

4K対応で東芝(REGZA)のスマートテレビなら『Z720X』シリーズ

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥123,679 (2019/11/22 00:46:59時点 Amazon調べ-詳細)

4K対応で東芝(REGZA)のスマートテレビを選ぶなら『Z720X』シリーズがおすすめです。

サイズは【55V型・49V型】から選べます。

東芝(REGZA)で特徴的な『タイムシフトマシンで最大6チャンネルを約80時間録画可能』です。

録画の設定が不要なので、後から見たい時でも自由に見ることが可能です。

テレビ番組をよく見る方におすすめのスマートテレビです。

【2019年版】『スマートテレビ』のおすすめ③ 『パナソニック』の【VIERA】は高画質・高精細でおすすめ

『パナソニック』のスマートテレビ【VIERA】は高画質・高精細

パナソニックのスマートテレビ【VIERA】は『とにかく映像の美しさが特徴』です。

VIERAは『以前はFirefox OS』と呼ばれていたOSを搭載していて、メニューがシンプルで動作が比較的軽快なので、操作した時にイライラする事は少ないでしょう。

テレビはメーカーによって本来の自然の色よりも得意とする色を強調する傾向があります。

しかしVIERAは『色合いが美しいので、本来の色を引き出すのが得意』です。

本来の自然な色を楽しみたい時にパナソニックのVIERAはおすすめです。

有機ELでパナソニック(VIERA)のスマートテレビなら『GZ2000』シリーズ

有機ELでパナソニック(VIERA)のスマートテレビを選ぶなら『GZ2000』シリーズがおすすめです。

サイズは【65V型・55V型】から選べます。

VIERAで魅力の高画質は明暗の階調・色彩を忠実に再現する【ヘキサクロマドライブ プラス】が威力を発揮します。

有機ELパネルらしい美しい映像を楽しめます。

この他にも専用の無料アプリ【Panasonic Media Access】を使うと『スマホやタブレットでも録画番組を視聴可能』です。

とにかく高画質の映像を楽しみたい方におすすめです。

4K対応でパナソニック(VIERA)のスマートテレビなら『FX500』シリーズ

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥65,800 (2019/11/22 00:46:59時点 Amazon調べ-詳細)

4K対応でパナソニック(VIERA)のスマートテレビを選ぶなら『FX500』シリーズがおすすめです。

サイズは【49V型・43V型】から選べます。

画像解析が進化した高画質処理技術【ヘキサクロマドライブ】によって、ノイズを抑えてくっきりとした映像を楽しめます。

フレームの幅が狭い【フレームレスデザイン】なので、縁が気にならずに映像に没頭できます。

4K対応の液晶テレビできれいな画像を楽しみたい方におすすめです。

【2019年版】『スマートテレビ』のおすすめ④『ソニー』の【BRAVIA】はAndroid搭載でおすすめ

『ソニー』のスマートテレビ【BRAVIA】はAndroidスマホのように使える

ソニーのスマートテレビ【BRAVIA】は『Androidスマホのように使える点が特徴』です。

BRAVIAは『Android TV』と言うOSを採用しているため、比較的新機能への対応が早く、使い方もスマホに似ています。

その使い勝手の良さに加えて『グーグルアシスタント機能が搭載されていて音声操作も可能』です。

スマホのような使い勝手の良さならソニーのBRAVIAがおすすめです。

有機ELでソニー(BRAVIA)のスマートテレビなら『A8G』シリーズ

有機ELでソニー(BRAVIA)のスマートテレビを選ぶなら『A8G』シリーズがおすすめです。

サイズは【65V型・55V型】から選べます。

高画質プロセッサー【X1 Ultimate】とパネル制御技術【ピクセル コントラスト ブースター】が美しい映像を引き出します。

また【Android TV】機能で自由に動画・音楽・ゲーム・ショッピングが楽しめます。

テレビだけではない付加価値を求める人におすすめです。

4K対応でソニー(BRAVIA)のスマートテレビなら『X8500F』シリーズ

4K対応でソニー(BRAVIA)のスマートテレビを選ぶなら『X8500F』シリーズがおすすめです。

サイズは【85V型・75V型・65V型・55V型・49V型・43V型】から選べます。

液晶テレビ特有の『眼の前に広がっているような映像を楽しむことが可能』です。

ソニー独自の技術で、横から見ても美しい映像を見られるのもメリット。

もちろん『Android TV』機能でアプリを自由に追加できます。

4K対応の液晶テレビを探している人におすすめです。

【2019年版】『スマートテレビ』のおすすめ⑤『シャープ』の【AQUOS】は人工知能(AI)搭載でおすすめ

『シャープ』のスマートテレビ【AQUOS】は人工知能(AI)搭載

シャープのスマートテレビ【AQUOS】は『人工知能(AI)を搭載している点が特徴』です。

AQUOSは『Android TV』と言うOSを採用していて人工知能(AI)に力を入れています。

特徴は『放送やネット配信の視聴履歴をAIで解析し、利用者が見たいであろうコンテンツを提示する【ココロビジョン】という機能』です。

興味がありそうなテレビ番組が始まるときなどには【ココロビジョン】が教えてくれます。

使い勝手がよく人工知能(AI)に興味があるならシャープのAQUOSがおすすめです。

有機ELでシャープ(AQUOS)のスマートテレビなら『AW1』シリーズ

有機ELでシャープ(AQUOS)のスマートテレビを選ぶなら『AX1』シリーズがおすすめです。

サイズは【60V型】です。

新エンジン【AQUOS 8K Smart Engine PRO】搭載で高画質に映像を楽しめます。

人工知能(AI)が気になる番組や生活情報を教えてくれます。

この他にも【グーグルアシスタント】で音声検索も可能。

テレビ以上に使い勝手があるテレビを探している人におすすめです。

4K対応でシャープ(AQUOS)のスマートテレビなら『AN1』シリーズ

4K対応でシャープ(AQUOS)のスマートテレビを選ぶなら『AN1』シリーズがおすすめです。

サイズは【60V型・50V型】から選べます。

AQUOS 4K Smart Engine PRO】搭載で、質感豊かに表現してくれます。

オーディオメーカー『ONKYO』とのコラボレーションしているので、高音質の音を楽しめます。

人工知能(AI)も搭載していて、魅力は十分です。

値段も手頃で4Kテレビを探している人におすすめです。

【2019年版】『スマートテレビ』の売れ筋・人気ランキング

今回紹介したスマートテレビ以外にも、非常に多くの種類が販売されています。

そこで、今のスマートテレビの売れ筋を確認するのもおすすめです。

 

【2019年版】『スマートテレビ』を安く買うなら【ひかりTVショッピング】がおすすめ




『スマートテレビ』を買うなら【ひかりTVショッピング】がおすすめです。

Amazonは使っている人も多く、価格も安いので人気があります。

しかし【ひかりTVショッピング】はd払いで【dポイント】の還元セールなどが多く、ポイントがめっちゃ貯まります。

何度も利用していますが、NTT系列の安心感があり、配送も速いです。

特に週末はポイント還元セールや価格が安くなるので狙い目です。

一度確認するのがおすすめです。

公式サイトはこちら⇒【ひかりTVショッピング】

【2019年版】『スマートテレビ』のおすすめ機種のまとめ

メーカー別のおすすめ

  1. 価格の安さで選ぶなら【LG
  2. テレビ録画重視なら【REGZA
  3. 画質がきれいなパナソニック【VIERA
  4. 音声操作が可能なソニー【BRAVIA
  5. AI(人工知能)搭載のシャープ【AQUOS

『スマートテレビ』をメーカー別に5つ紹介しました。

テレビの機能はかなり成熟しているので、大手のメーカー製ならそれほど大きな違いはありません。

しかしこれから購入するなら【スマートテレビ】を購入しましょう。

TV番組以外にもネット配信の番組や映画を見ることが可能で、機種によっては音声操作も人工知能(AI)もあり、便利に使えます。

自分の使い方に合わせて、テレビを選んでみてくださいね!

以上『スマートテレビ』のおすすめを紹介しました。

【テレビ録画用】外付けHDDおすすめ④選【選び方と人気機種を紹介】 【テレビ録画用】外付けHDDおすすめ④選【選び方と人気機種を紹介】 『モバレコAir』の評判・口コミ【特徴・詳細・速度・料金を詳しくレビュー】 【2019年版】『Amazon』のセール活用法【割引や開催時期のまとめ】 【2019年版】『Amazon』のセール活用法【割引や開催時期のまとめ】 【Alexa搭載】サウンドバーのおすすめ④選【音質・価格で比較しました】 【Alexa搭載】サウンドバーのおすすめ④選【音質・価格で比較しました】
created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥123,679 (2019/11/22 00:46:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥65,800 (2019/11/22 00:46:59時点 Amazon調べ-詳細)