吸盤にも様々な種類があり、上手に選ばないとすぐに落ちてしまったり、くっつかない可能性があります。

 

そこでこの記事では、使いやすいおすすめの吸盤を紹介していきます。

※ 吸盤が落ちてしまう時の対処法は「【解決】吸盤を落ちなくする方法【おすすめ対策や付け方を徹底解説】」で紹介しています。

吸盤の選び方

吸盤を選ぶ時のポイントは2つあります。

  1. ぶら下げる重さ
  2. 使う場所

まずぶら下げるものの重さで使う吸盤が変わります。

 

軽いものなら、シンプルな吸盤でも大丈夫です。

 

しかしある程度の重さをぶら下げる時は、強力な吸盤を使用しましょう。

 

その方が落ちてイライラしませんし、他の物をぶら下げる時でも使えます。

 

吸盤には必ず、耐荷重量というぶら下げられる重さが書いてあります。

 

耐荷重量を参考にして吸盤を選ぶのがおすすめです。

 

また吸盤によって使用できる場所と、使用できない場所があるので、その部分も確認するのが大切です。

 

これらの内容を踏まえた上で、おすすめの吸盤を4つ紹介していきます。

 

 

おすすめ吸盤ベスト④

シンプルで使い勝手が良い吸盤

created by Rinker
レック(Lec)
¥174 (2018/08/18 09:24:08時点 Amazon調べ-詳細)

昔ながらのシンプルな吸盤です。

 

耐荷重は1kgなので、あまり重たいものは落ちてしまいます。

 

しかし補助版が付属しているので、補助版を使用すれば多少は改善するかも知れません。

 

値段は安いですが、少なくとも100均の吸盤よりは信頼できます。

 

軽いものをぶら下げるなら、おすすめです。

レバー式でしっかりくっつく吸盤

created by Rinker
レック(Lec)
¥554 (2018/08/18 09:24:09時点 Amazon調べ-詳細)

貼り付ける時に、フックを上から下にするとくっつくタイプのレバー式の吸盤です。

 

この吸盤は、2kgまでぶら下げることが出来ます。

 

先ほど紹介したタイプの吸盤よりも密着度が高いので、落ちたり、ずり下がったりする事が少なくなります。

 

2kg程度までの重さなら手軽ですし、おすすめです。

プッシュ式で簡単操作な吸盤

created by Rinker
レック(Lec)
¥248 (2018/08/18 09:24:09時点 Amazon調べ-詳細)

強力タイプの吸盤です。

 

吸盤の正面についているボタンを押すだけで貼り付けられるプッシュ式の吸盤です。

 

重さが6kgまで使用することが出来ますし、ボタンの赤い線が見えてきたら押すと、落ちずに長持ちします。

 

押し込むだけの簡単操作で長持ちするので、強力な吸盤タイプの中でもおすすめです。

スライド式で密着度が高い吸盤

重さ10kgまでぶら下げることが可能な、非常に強力なタイプの強力な吸盤です。

 

スライドさせるとくっつくスライド式の吸盤です。

 

スライド式は横に回すだけなので、女性や高齢者の方でも取り付けやすいタイプの吸盤です。

 

また補助版も付属しているので、使用するとさらに安心して使えます。

 

重たいものをぶら下げたいなら、一番おすすめの吸盤です。

 

 

吸盤以外にジェルパットもおすすめ

吸盤がつかない所に貼る方法

 

>>>【おすすめ】吸盤がつかない所に簡単に貼る方法【ジェルパッドの紹介】

 

壁がポコポコしていると、吸盤が上手く貼り付かない場合があります。

 

そんな時はジェルパットを使用するのがおすすめです。

 

ジェルパットは壁のポコポコしている部分に入り込むので、吸盤よりも落ちる可能性が低くなります。

 

そんなジェルパットについて詳しく紹介しているので、吸盤が落ちてしまう場合は、ぜひ試してみて下さい。

まとめ : 吸盤は用途に合わせて購入しよう

吸盤にも様々なタイプがあります。

  • シンプルタイプの吸盤
  • レバー式の吸盤
  • プッシュ式の吸盤
  • スライド式の吸盤

また、ぶら下げる重さと、使う場所によって選ぶと、落ちたりずり下がりを防止することが出来ます。

 

吸盤は壁を傷つけないので、賃貸などでも自由に使うことが出来ます。

 

吸盤を使うと、収納や整理が進むので、上手に活用したいですね!

 

以上、落ちない吸盤ベスト④を紹介しました。

 

 

 

 

 

▼こちらも見てみましょう▼

 

次の記事【解決】吸盤を落ちなくする方法【おすすめ対策や付け方を徹底解説】

 

次の記事【解決】吸盤を落ちなくする方法【おすすめ対策や付け方を徹底解説】

 

まとめ【まとめ】部屋を整える方法【収納・整理術のコツを徹底解説】

 

【節約術】振込手数料を無料にする方法
note logo

振替手数料が高い・・・

 

 

自分の口座の間で移したいだけなのに・・

ATMを往復して移動するのが面倒・・

 

 

そんな振込手数料を0円にする方法

紹介しています。

 

 

* 公開記念 キャンペーン実施中です♪