壁面を有効活用する『吸盤』の選び方【貼るだけで整理が可能です】

この記事は壁面を有効活用する『吸盤』の【選び方】を紹介している記事です。

吸盤の選び方はあるの?
使い勝手が良い吸盤が知りたい!

という疑問に答えます。

賃貸やアパートで収納スペースが少ない時は、壁面を有効活用して、整理するのが効果的です。

今回は貼るだけで整理が可能な『吸盤』の選び方を紹介します。

壁面を上手に活用したい!』と考えている方は、是非参考にしてみて下さい。

『収納・整理術』を知りたいなら、この記事がおすすめ

壁面を有効活用する『吸盤』の選び方

『吸盤』の選び方

  • 吊るす重さ】を確認する
  • 使う場所の表面】を確認する

【吊るす重さ】を確認する

吸盤にはそれぞれ【吊るす重さ】の限界があります。

そのため吊るしたいモノの【重さ】に合わせて吸盤を選びましょう。

吸盤には【耐荷重量】と言う『ぶら下げられる重さ』がパッケージに書いてあります。

その重さをしっかりと確認してから、利用するようにしましょう。

【吸盤を使いたい場所】を確認する

吸盤は簡単に活用できるので、整理には非常に役立ちますが『表面が凸凹している壁』は苦手です。

そのため壁と吸盤との間に隙間が出来る場合は、吸盤以外を選んだほうが良いでしょう。

しかし賃貸やアパートで壁面に傷をつけたくない場合は【ジェルパット】を試すのがおすすめです。

吸盤よりも吸着力が強いので、吸盤が落下する場所でも利用できる可能性があります。

関連記事

詳しくは『吸盤が取れる場所で使うなら万能ジェルパット『ココピタ』がおすすめ』で詳しく解説しています。

壁面を有効活用するおすすめの『吸盤』を紹介

おすすめの吸盤

  1. シンプル】で使い勝手が良い吸盤
  2. レバー式】でしっかりくっつく吸盤
  3. プッシュ式】で簡単操作な吸盤
  4. スライド式】で密着度が高い吸盤

【シンプル】で使い勝手が良い吸盤

created by Rinker
レック(Lec)
¥174 (2019/08/22 08:55:33時点 Amazon調べ-詳細)

昔ながらのシンプルな吸盤です。

耐荷重は1kgなので、重たいものは落ちてしまいます。

しかし補助版が付属しているので、補助版を使用すれば多少は改善するかも知れません。

値段は安いですが、少なくとも100均の吸盤よりは信頼できます。

軽いものをぶら下げるなら、おすすめです。

【レバー式】でしっかりくっつく吸盤

created by Rinker
レック(Lec)
¥554 (2019/08/22 08:55:33時点 Amazon調べ-詳細)

貼り付ける時に、フックを上から下にするとくっつくタイプのレバー式の吸盤です。

この吸盤は、2kgまでぶら下げることが出来ます。

先ほど紹介したタイプの吸盤よりも密着度が高いので、落ちたり、ずり下がったりする事が少なくなります。

2kg程度までの重さなら手軽ですし、おすすめです。

【プッシュ式】で簡単操作な吸盤

created by Rinker
レック(Lec)
¥243 (2019/08/22 08:55:34時点 Amazon調べ-詳細)

強力タイプの吸盤です。

吸盤の正面についているボタンを押すだけで貼り付けられるプッシュ式の吸盤です。

重さが6kgまで使用することが出来ますし、ボタンの赤い線が見えてきたら押すと、落ちずに長持ちします。

押し込むだけの簡単操作で長持ちするので、強力な吸盤タイプの中でもおすすめです。

【スライド式】で密着度が高い吸盤

重さ10kgまでぶら下げることが可能な、非常に強力なタイプの強力な吸盤です。

スライドさせるとくっつくスライド式の吸盤です。

スライド式は横に回すだけなので、女性や高齢者の方でも取り付けやすいタイプの吸盤です。

また補助版も付属しているので、使用するとさらに安心して使えます。

重たいものをぶら下げたい時におすすめの吸盤です。

壁面を有効活用するには『突っ張り棒』もおすすめ

吸盤よりも強力で、収納力が高いのが【突っ張り棒】です。

利用する場所によっては『吸盤』よりも使い勝手が良いかも知れません。

しかも、最近は『サイズも収納力も非常にバリエーションが方法』になっています。

収納力を増やしたい場合は【突っ張り棒】もおすすめです。

壁面を有効活用するには『吸盤』を活用するのがおすすめ

『吸盤』は非常に使い勝手もよく、値段も安い点が特徴です。

しかし『吊り下げる重さや利用する場所』をしっかり確認しないと、落下する可能性があります。

その点を理解した上で吸盤を利用すると、すっきりと整理することが可能です。

個人的には【プッシュ式】の吸盤が一番使い勝手が良いと思います。

吸盤を使うと、収納や整理が進むので、上手に活用したいですね!

以上、吸盤の選び方を紹介しました。

『収納・整理術』を知りたいなら、この記事がおすすめ

 

人気記事【2019年最新版】『格安SIM』の選び方【おすすめの大手6社を比較】

人気記事セールの活用やおトクに買い物したいなら『Amazon Prime』がおすすめ