MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

Audible(オーディブル)とは?無料体験が可能なおすすめの使い方

この記事はAmazonの聴く読書サービス『Audible (オーディブル)』を解説している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

Audibleって、声で読書できるって評判だけど、実際のところはどうなの?

という疑問に答えます。

Audible (オーディブル)』とは、月々定額で利用できる聴く読書サービスとして非常に人気があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

活字を読まなくて良いので手軽ですし、理解度も上がる印象もあります。

目も疲れませんし、音声はプロのナレーターや俳優、あるいは著者自信がスタジオでレコーディングしているので、非常に聴きやすく作られています。

と言うことで、この記事ではAudible(オーディブル)について詳しく解説していきます。

\\耳で聞く読書サービス//

30日間無料でお試しが出来ます。

目次(タップで移動できます)

Audible(オーディブル)とは?【無料体験出来ます】

Audible(オーディブル)とは、ベストセラーの作品や文学、ビジネス書、ライトノベル、落語、洋書など、色々なジャンルのオーディオブックを利用できるサービスのことです。

しゅんのアイコン画像しゅん

プロのナレーターの声で収録されているので、非常に聞きやすく作られています。

またAmazon版のAudibleと公式版のAudibleの2種類が存在しますが、基本的には同じサービスです。

申し込む場所が違うだけで、料金もサービス内容も変わりません。

しゅんのアイコン画像しゅん

登録する時はAmazonのアカウントを利用することになるので、どちらで登録しても同じです。

AudibleはAmazonの関連会社なので、結局同じサービスなんですよね。

また会員プランは毎月1,500円で利用できて、会員プランは30日間無料体験が可能です。

\\耳で聞く読書サービス//

30日間無料でお試しが出来ます。

Audible (オーディブル)のおすすめの使い方【たった③Stepで楽しめます】

それではAudibleのおすすめの使い方を確認していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

下記のようにたった③Stepで利用可能ですよ!

STEP
無料会員を登録する
Audibleの使い方

Audibleは30日間無料でお試しが可能です。

こちらの公式サイトから申込みをしましょう。

STEP
アプリを入手する
『Audible (オーディブル)』は英語や海外の音声も聴ける

スマホ/タブレットやPC用のアプリがあるので、利用したい端末にアプリをインストールしましょう。

STEP
読みたいオーディオブックを探す

アプリにログインしたら、好みのオーディオブックを選ぶだけで楽しむことが出来ます。

解約・休会方法も簡単で安心です。

『Audible (オーディブル)』を解約・退会する方法


Audible (オーディブル)』は簡単に解約・休会が可能です。

ホームページにアクセスしてログインして、アカウントサービス会員タイプ退会手続きと進みます。

それから退会理由を選択⇒退会を選択するだけなので、複雑な操作は不要です。

しゅんのアイコン画像しゅん

『Amazon』の他のサービスも同じですが、解約・退会が手軽な点が信頼感がありますよね!

詳しくは『Audible (オーディブル)』公式ページで確認出来ます。

\\耳で聞く読書サービス//

30日間無料でお試しが出来ます。

Audible(オーディブル)のメリット&デメリット

次にAudibleのメリット&デメリットを解説していきます。

Audibleのメリット
  • 場所を選ばず聞ける
  • プロのナレーターや俳優の声で聞ける
  • 英語や海外の音声も聴ける

一方で、デメリットに感じる部分もあります。

Audibleのデメリット
  • コインを使う点が部分がわかりにくい
  • 返品できるが無限に返品できない

メリット① 場所を選ばず聞ける

『Audible (オーディブル)』は聴く読書なので場所を選ばず使える

Audible (オーディブル)』は耳で聴く読書なので、いつでもどこでも利用することが可能です。

PCを利用しながらでもスマホからでも利用可能ですし、スマートスピーカーのAmazon Echoからでも利用できます。

合計で9台の端末から利用可能なので、とにかく読書量を増やすことが可能です。

関連記事Amazon Echoのおすすめはどれ?【全機種を徹底比較してみる】

メリット② プロのナレーターや俳優の声で聞ける

『Audible (オーディブル)』はプロのナレーターや俳優の声で聞ける

Audible (オーディブル)』は非常に高音質に作られています。

声はナレーターや俳優が行っている場合が多く、プロの声なので聞きやすく作られている点が特徴です。

さらに『早く聴きたい時やゆっくり聴きたい時』など、自由に再生速度を変更出来るのは嬉しいポイントです。

メリット③ 英語や海外の音声も聴ける

Audible (オーディブル)』は、アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ドイツ・フランス・イタリアなど各国の音声を聞くことが可能です。

これらの国のアカウントを作成すると、アプリの国の選択を変えるだけで、それらの国のサービスを使うことが可能です。

つまり『Audible (オーディブル)』は『外国語の勉強や日本語訳がされていない本』でも楽しむことが出来るんです。

デメリット① コインを使う点が部分がわかりにくい

Audibleはコインを利用する点がわかりにくい点がデメリットです。

しゅんのアイコン画像しゅん

会員登録すると、毎月1コインが貰えて1コインで好きなオーディオブックと交換できます。

また会員はオーディオブックが30%引きで買える特典があります。

ただ、正直分かりにくい点は多いサービスだと感じます。

しゅんのアイコン画像しゅん

もう少しシンプルなサービス内容にしてくれると分かりやすいんですけどね!

デメリット② 返品できるが無限に返品できない

もう一つ分かりにくポイントが返品です。

しゅんのアイコン画像しゅん

途中で返品しても、最後まで聞いてから返品することも可能でコインが戻ってきます。

このため聞いては返品を無限に繰り返しできそうですが、何度か返品すると返品不可になります。

個人的な実感とネット上の情報を総合的に考えると、3回~9回程度で返品不可になるようです。

しゅんのアイコン画像しゅん

返品不可になっても、カスタマーセンターに連絡すると再度返品できますが、面倒ですよね。

このシステム上の分かりにくさが、Audibleのデメリットに感じます。

\\耳で聞く読書サービス//

30日間無料でお試しが出来ます。

まとめ

Audible (オーディブル)』のサービス詳細とおすすめの使い方、メリット&デメリットを解説しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

耳で聞くオーディオブックなので、電車の中や移動中に本が聴けるので、読書量が増える点です。

プロのナレーターや俳優の声で聞ける点も嬉しいポイントだと言えます。

アプリも使い勝手がよく、再生速度も自由に変えられるので使い勝手が良いです。

30日間の無料体験が可能なので、まず試してみるのはどうですか?

\\耳で聞く読書サービス//

30日間無料でお試しが出来ます。

目次(タップで移動できます)
閉じる