MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロの口コミ・レビュー【大満足です】

2020 6/05
IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロの口コミ・レビュー【大満足です】

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロについてレビューしている記事です。

IIJmioのeSIMに興味がある人のアイコン画像IIJmioのeSIMに興味がある人

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロのレビューが知りたい。eSIMならIIJMIOが良いって聞いたけど、、、果たして本当なのか? メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたいな。

という悩みに答えます。

eSIMは物理的なSIMが不要で、契約してすぐに利用できる点がメリットです。

しゅんのアイコン画像しゅん

その手軽さを試してみたくて、iPad mini 5で使ってみました。

と言うことで、この記事ではIIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロの仕組みやメリット・デメリットと、プランの詳細を解説してきます。

eSIMに興味がある人は参考にしてみてください。

目次

使い勝手がよくIIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロはマジでおすすめ

結論として、非常に満足しています。

しゅんのアイコン画像しゅん

申込みから利用開始までオンラインで完結しますし、カメラでQRコードを読み込むだけで利用できます。

申し込みもオンラインで全て完結しますし、eSIMの設定も思った以上に簡単でした。

データ容量が1GB単位で購入する形で使いすぎる心配も無いですし、僕には合っているサービスだと思っています。

eSIMに対応している端末を持っている人なら、非常に使い勝手が良いハズです。

\\SIMカードなしですぐに使える//

IIJmioの月額180円から始められる、お手軽データ通信専用SIMサービス

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロのメリット

次に使って分かったメリットを具体的にレビューしていきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

以下の3つのポイントが特にメリットだと感じます。

メリット
  • eSimなので物理的なSIMが不要で利用できる
  • 毎月必ず必要な月額料金は180円だけ
  • データ容量が1GBで300円からで安い

メリット① eSimなので物理的なSIMが不要で利用できる

eSimなので物理的なSIMが不要で利用できる
出典 : IIJMIO

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロは物理的なSIMが不要なeSimです。

しゅんのアイコン画像しゅん

ネット上で契約するだけですぐに利用できる点が魅力です。

物理的なSIMの場合は契約してSIMカードの到着を待ったり、スマホやタブレットに入れる作業が必要なので、その手間がないのが大きな魅力と言えます。

また現在使っているSIMと併用することが可能で、音声通話などは大手キャリアを利用して、データ容量が足りなくなった時だけ切り替えて使えます。

つまり使いたいにパッと使える点が非常に魅力と言えます。

メリット② 毎月必ず必要な月額料金は180円だけ

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロは、毎月必ず必要な月額料金は180円だけです。

しゅんのアイコン画像しゅん

僕のように毎月大容量を使う訳でも無いし、必要な時に使えればOKという方には非常におトクです。

iPad mini 5を出先で利用するためにeSimを利用していますが、その月によってデータ消費量が全く変わります。

そのため毎月◯GBまで利用できます!というプランとは相性が悪いので、自分で裁量的にデータ容量を決められるプランが魅力です。

しゅんのアイコン画像しゅん

全く使わない月は、180円だけに抑えられるのでデータ消費量に幅がある方には大きなメリットです。

メリット② データ容量が1GB300円からで安い

データ容量が1GB300円からで安い
出典 : IIJMIO

別途必要になるデータ容量も1GBで300円から購入できます。

しゅんのアイコン画像しゅん

最初の1GBだけ300円で、その後は1GB単位で450円で購入できます。

大手キャリアで追加すると1GB当たり1,000円ほどの料金が必要になります。

キャリアオプション名追加料金
NTTドコモ 追加オプション (1GB)1,000円
AUデータチャージ(1GB)1,000円
ソフトバンクチャージ(1GB)1,000円

このように、大手キャリアでデータ容量を追加するよりも圧倒的にオトクです。

しゅんのアイコン画像しゅん

このデータ容量の安さが大きなメリットです。

\\SIMカードなしですぐに使える//

IIJmioの月額180円から始められる、お手軽データ通信専用SIMサービス

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロのデメリット

一方でデメリットを感じる部分もあり、詳しくレビューします。

しゅんのアイコン画像しゅん

以下の3つのポイントがデメリットと感じます。

デメリット
  • 追加するデータ容量が多いと、料金が高くなる
  • データ容量の繰り越しが出来ない
  • データ専用SIMなのでSMSは利用できない

デメリット① 追加するデータ容量が多いと、料金が高くなる

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロは、追加するデータ容量が多くなると、料金が高くなります。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのため毎月、データ消費量が多い方は素直に大容量のプランやデータ無制限のプランを選んだほうが良いでしょう。

追加する容量が多くなると、大容量のプランと契約する方が安くなります。

元々、毎月多くのデータを利用する方は、素直に大容量のプランやデータ容量無制限のプランを利用したほうが良いでしょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

しかし、毎月それほどデータ容量を消費しない方には、節約にもなりおすすめです。

デメリット② データ容量の繰り越しが出来ない

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロは、データ容量の繰り越しが出来ません。

しゅんのアイコン画像しゅん

どれだけデータ容量が余っていても繰り越しが出来ないので注意が必要です。

特に月末近くにデータ容量を新たに購入すると、使い切れない可能性があります。

そのためデータ容量の管理に注意が必要です。

デメリット③ データ専用SIMなのでSMSは利用できない

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロは、データ専用のSIMなのでSMSは利用できません。

SMSが利用できると、アプリやサービスの2段階認証のコードを受け取ることが可能です。

そのためSMSを利用したい人は注意が必要です。

しゅんのアイコン画像しゅん

ただしiPadで利用する場合、元々SMSは利用できないので、あまり関係ないかも知れません。

\\SIMカードなしですぐに使える//

IIJmioの月額180円から始められる、お手軽データ通信専用SIMサービス

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロと他社比較

次に他社のデータ専用SIMとの比較をしていきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

僕自身がeSIMを選ぶ時に比較したので、その時の経験を元に解説します。

他社比較
  1. IIJMIO eSIMプラン(ベータ版)⇒eSIMで容量が多い方が良い人
  2. UQモバイル データプラン⇒物理SIMで無制限に使いたい人

基本的には、この違いを理解しておくと良いかと思います。

関連記事iPad mini 5におすすめの格安SIMは2択【知っておきたい注意点も解説】

IIJMIO eSIMプラン(ベータ版)

eSIMで月額料金にデータ容量が含まれているプランを使いたい人は、IIJMIO eSIMプラン(ベータ版)がおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

月額1,520円にデータ容量が6GB含まれているプランです。

データ容量がセットになっているので、データプラン ゼロのように毎月データ容量を購入する手間が省けます。

また、6GBを消費するならデータプラン ゼロよりも安く利用可能です。

プラン6GBに必要な料金
データプラン ゼロ2,730円
eSIMプラン(ベータ版)1,520円
しゅんのアイコン画像しゅん

僕自身は6GBも不要かな?と思ったのでデータプラン ゼロにしましたが、6GB程度使うならeSIMプラン(ベータ版)も良いかと。

\\SIMカードなしですぐに使える//

データ容量6GBがセットになったおトクなプラン

UQモバイル データプラン

eSIMではなく物理的なSIMカードですが、データ容量を無制限に使いたいならUQモバイルのデータ無制限プランがおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

月額1,980円でデータ容量が無制限のプランです。

データ容量を気にせずに使いたい人に向いているプランで、UQモバイルなので回線速度も速いです。

また月額980円でデータ容量が3GBのプランもあります。

プラン名月額料金データ容量最低利用期間
データ高速プラン980円月間3GBなし
データ無制限プラン1,980円無制限なし
しゅんのアイコン画像しゅん

僕はデータ容量が無制限のプランは必要なかったので。選びませんでしたが容量を気にせず使いたい人におすすめです。

\\大容量プランが安い//

1,980円のプランならデータ容量無制限に利用できます。

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロのプラン内容の詳細

しゅんのアイコン画像しゅん

改めてIIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロのプラン内容の詳細を解説していきます。

下記の2つのポイントが基本的な仕組みです。

基本的な仕組み

基本的な仕組み
  • 基本料金+使う分だけデータ容量を購入する
  • データ容量は1GB単位で購入できる

このように毎月必ず必要な月額180円に加えて、データ容量を1GB単位で別途購入していく仕組みになっています。

データ容量がセットになっているプランに比べて、毎月利用するデータ消費量にばらつきがある方や、使いすぎたくない人におすすめと言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

iPad miniで利用していますが、テザリングよりも価格が安いので、使う分だけ利用しています。

POINT
月額料金は毎月180円で、データ容量の購入が別途必要

毎月必ず必要な料金は180円のみです。

この価格の中にはデータ容量が含まれていないので、1GB単位でデータ容量の購入が必要になります。

POINT
データ容量は1GB単位で購入できる

データ容量は1GB単位で購入できて、最初の1GBは300円です。

2GB以降は1GB単位で450円の料金が必要です。

POINT
毎月利用できるデータ容量の上限は10GBまで。

毎月利用できるデータ容量の上限は10GBまでです。

データ容量の繰り越しが出来ないので、当月末までに消費する必要があります。

POINT
SIMカードはデータ通信専用SIMです。

回線はドコモ回線で、LTE/3G網に対応したデータ通信専用SIM。

最大1枚まで利用可能になっています。

このようにIIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロは、月額料金+別途でデータ容量を購入するという仕組みになっています。

しゅんのアイコン画像しゅん

毎月のデータ消費量が少ない方や、データ消費量にばらつきがある方におすすめと言えます。

関連記事iPad mini 5におすすめの格安SIMは2択【知っておきたい注意点も解説】

料金プラン

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロの月額料金プランの詳細は下記の通りです。

プラン月額料金
月額料金180円
追加データ容量 1GB300円
追加データ容量 2GBから10GB450円
プロファイル再発行手数料0円

対応機種

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロに対応しているスマートフォンやタブレット/ノートPCは下記の通りです。

スマートフォンタブレット/ノートPC
iPhone 11 ※4iPad(第7世代)※1 ※3
iPhone 11 Pro ※4iPad mini(第5世代)※1 ※3
iPhone 11 Pro MAX ※4iPad Air(第3世代)※1 ※3
iPhone XS ※111インチiPad Pro(第2世代)※1 ※3
iPhone XS Max ※111インチiPad Pro ※1 ※3
iPhone XR ※112.9インチiPad Pro(第4世代)※1 ※3
Google Pixel 412.9インチiPad Pro(第3世代)※1 ※3
Google Pixel 4 XLSurface Pro LTE Advanced ※2
Surface Pro X
ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE ※5
ASUS TransBook Mini T103HAF-GR079LTE ※5

\\SIMカードなしですぐに使える//

IIJmioの月額180円から始められる、お手軽データ通信専用SIMサービス

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロのよくある質問

改めてIIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロについて、様々な質問や疑問があるかも知れません。

しゅんのアイコン画像しゅん

そこでよくある質問をまとめました。

よくある質問
  1. スタートパックがあるって聞いたんだけど?
  2. SIMカードの追加はできるの?
  3. eSIMプラン(ベータ版)との違いは?
  4. 機種変更したらどうなるの?

スタートパックがあるって聞いたんだけど?

スタートパックがあるって聞いたんだけど?

ビックカメラやヨドバシで購入できるスタートパックが存在して、3,280円(税込)で販売されいます。

オンラインでも初期費用として同様の手数料が発生するので、価格自体は店頭もオンラインもほぼ同額です。

しかし、キャッシュレス決済などのキャンペーンが適用できると少し安くなる時があります。

SIMカードの追加はできるの?

SIMカードの追加はできるの?

利用できるeSimは1枚だけなので、追加することは出来ません。

違うスマホやタブレットで利用する場合は、プロファイルを再発行する必要があります。

eSIMプラン(ベータ版)との違いは?

eSIMプラン(ベータ版)との違いは?

eSIMプラン(ベータ版)は月額1,520円に6GBのデータ容量がセットになっているプランです。

仮に6GB程度を利用する場合、データプラン ゼロの場合はデータ容量の購入で2,730円が必要になります。

そのため毎月6GB利用するなら、月額1,520円で利用できるeSIMプラン(ベータ版)の方が、お得になります。

データプラン ゼロ
  • 月額180円
  • データ容量を別途購入する必要がある
  • データ容量の追加料金は安め
ベータ版
  • 月額1,520円で6GB利用できる
  • 毎月6GB利用するなら安い
  • データ容量の追加料金は高め

機種変更したらどうなるの?

機種変更したらどうなるの?

アクティベーションコードの再発行が必要になります。

その場合は、SIMプロファイル発行手数料として200円(税抜)が別途発生します。

\\SIMカードなしですぐに使える//

IIJmioの月額180円から始められる、お手軽データ通信専用SIMサービス

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロの申込み手順

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロの申込み手順を解説します。

STEP
公式サイトから申込み
公式サイトの申込み画面
公式サイトの申し込み画面

公式サイトにアクセスしてから『eSIMのお申し込みはこちら』をクリックするだけです。

IIJMIOの公式サイトはこちら

必要なモノは支払い用のクレジットカードと、キャリア以外のメールアドレスです。

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロの申し込みに必要なもの
クレジットカードとキャリア以外のメールアドレスが必要

データ容量の繰り越しは出来ないので、月末に契約する時は注意しましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

僕は月末に申し込んで失敗しました(涙)

流れに沿って住所等を入力するだけなので、簡単に申し込めると思います。

STEP
eSIMを端末に設定する

申し込みが完了すると、IIJMIOから数件のメールが到着します。

しゅんのアイコン画像しゅん

その中にeSIM設定用のアクティベーションコードが記載されているメールがあるので確認しましょう。

IIJMIOから到着するメール

アクティベーションコードのリンクが貼られているので、クリックしましょう。

利用したい端末以外からQRコードを表示するようにしましょう。

利用したい端末からQRコードを読み込む

利用したい端末(僕はiPad mini 5)からQRコードを読み込みます。

iPad系の場合は設定モバイルデータ通信プランの追加とタップしていきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

すると勝手にカメラが機能してスキャンが可能になるので、QRコードを読み込めば完了です。

非常に簡単に使えるようになるので、特に問題は無いかと思います。

\\SIMカードなしですぐに使える//

IIJmioの月額180円から始められる、お手軽データ通信専用SIMサービス

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロの総合評価

IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロの仕組みやプランを紹介してきました。

しゅんのアイコン画像しゅん

ここからは僕自身が感じる総合評価をまとめていきます。

僕自身が感じるポイントは以下の2点です。

総合評価
  1. eSIMに対応した端末で利用するなら手軽に使える
  2. データ消費量が少ない人は安く利用できる

eSIMに対応した端末で利用するなら手軽に使える

しゅんのアイコン画像しゅん

まず対応している端末で利用するなら、非常に手軽です。

iPadで利用するには、対応する端末のWi-Fi+Cellularモデルが必要になります。

オンラインで申し込みをしてすぐに利用開始になり、物理的なSIMカードの郵送を待つ必要もありません。

QRコードを読み込んで利用可能なので、本当に手軽だなって思います。

最低利用期間は1ヶ月なので、試してみて不満だったら解約できますし、料金の負担も少ないです。

しゅんのアイコン画像しゅん

Wi-Fi+Cellularモデルを持っているけど、結局SIMの契約してないんだよね・・・という方が試してみると良いと思います。

データ消費量が少ない人は安く利用できる

しゅんのアイコン画像しゅん

僕のように毎月のデータ消費量が少ない人にも役立ちます。

自宅ではWi-Fiを利用していて、外出した時にちょっと使うだけという方は安く運用できます。

データ容量が多いプランだと毎月1,000円以上の負担が必要ですが、IIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロなら1,000円以下での運用も十分に可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

毎月1GBとか2GB程度の利用なら非常に安いです。

もちろん毎月ガッツリ使う方なら、大容量のプランやデータ無制限のプランが適しています。

しかしデータ容量の消費量が少ない方には非常に役立つハズです。

しゅんのアイコン画像しゅん

僕自身、6GBとか無制限とか使わないのに契約しても・・・と悩んだ時期に見つけたのがIIJmioのeSIMサービス データプラン ゼロでした。

毎月1GBだけ利用するなら530円で利用できるので、出先でちょっとだけ利用ニーズに答えてくれるサービスだと思います。

毎月多くのデータ消費量がある方は、素直にデータ大容量や無制限のプランを選んだ方が良いでしょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

最低利用期間は1ヶ月なので、試してみて嫌ならすぐに解約も出来ますし。

しかし毎月ちょっとだけ利用するなら、価値があると思いませんか??

\\SIMカードなしですぐに使える//

IIJmioの月額180円から始められる、お手軽データ通信専用SIMサービス

人気記事【2020年最新版】iPad miniの購入ガイド【失敗しない選び方のまとめ】

人気記事iPad mini 5におすすめの格安SIMは2択【eSIMが安くて快適です】

目次
閉じる