MENU
プロフィール背景画像
しゅん
レビューするブロガー
暮らしや生活の便利グッズ・おすすめ最新家電のレビューブログです。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone・NAS)
・ 電化製品(スマート家電・Wi-Fiルーター)
・ ネット関係(SIM・ホームルーター・サブスクリプション・Amazon)
・ 収納・掃除グッズ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。
【Amazon】ブラックフライデー&サイバーマンデー攻略法はこちらから

【中古iPhone】おすすめのショップはどこ?【メリットや注意点】

この記事は中古iPhoneのおすすめショップを紹介している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

新品のiPhoneは価格が高くて手が出ないから、中古のiPhoneを検討しているんだけどどうなのかな?おすすめのショップや注意点なんかが知りたいな!

という疑問に答えます。

iPhoneは10万円近いモデルも有り、簡単には手が出ないですよね!

しゅんのアイコン画像しゅん

新型のiPhone SEなら5万円前後で購入できるとは言っても、それでも高額です。

そこでiPhoneが欲しいけど、なかなか手が出ない!という方におすすめなのが中古のiPhoneです。

価格が安くて品質が高い端末も多いので、iPhoneの購入を考えている人の有力な候補になるでしょう。

と言うことで、この記事では中古iPhoneのおすすめショップや、購入時の注意点などを詳しく解説してきます。

中古のiPhoneに興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

中古iPhoneのメリットは安くておトクなところです。

まず結論から

しゅんのアイコン画像しゅん

iPhoneが高額で手が出ない場合は、中古のiPhoneが安くてオトクです。

最近のiPhoneは新品で購入すると10万円近い金額になることもあり、携帯電話会社で分割購入しても毎月の負担は大きいです。

しかし中古のiPhoneだと、新品で購入するよりも2割から最大5割程度安く購入することが可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

もちろん新品で買うのがベストだと思っても、半分程度の価格で買えるなら検討しても良いと思いませんか?

つまり、中古のiPhoneは上手に利用すれば、十分に利用価値が高いと言えます。

中古iPhoneの参考価格とは?

では、中古iPhoneは新品どれぐらい安く買えるのか?目安となる参考価格を紹介していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

もちろん状態によって価格が変わるので、あくまで参考程度に考えて下さい。

中古iPhoneの参考価格

モデルアップルストア価格中古の参考価格
iPhone 7(32GB)終売14,800円~
iPhone 8(64GB)終売19,800円~
iPhone XS終売55,800円~
iPhone XR(64GB)64,800円(税別)45,000円~
iPhone 11(64GB)74,800円(税別)60,000円~
iPhone 11 Pro(64GB)106,800円(税別)89,800円~
iPhone 11 Pro Max(256GB)135,800円(税別)94,800円~

このように、最新型のiPhoneの場合は中古でも金額が高めですが、型落ちのiPhoneの場合はかなり安く購入することが可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

新型のiPhoneを長く使うのも良いですが、少し古いiPhoneを細かく買い替える使い方も出来そうですね!

中古iPhoneが買えるところ

次に、中古のiPhoneはどこで購入できるのか?解説していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

大きく分けると、下記のような2つの購入方法があります。

中古iPhoneの購入先
  1. メリカリやヤフオク⇒個人売買のオークションサイトで購入可能だが、iPhoneの状態などが分かりにくく信頼性や安心感が低いので、あまりおすすめは出来ない
  2. 中古専門ショップ⇒中古専門のショップは、商品状態などが分かりやすく、トラブル時も対応してもらえるなど、安心感が高くおすすめ

メリカリなどは、お宝iPhoneが安い価格で購入できる場合がありますが、正直安心感は低いのでおすすめできません。

しゅんのアイコン画像しゅん

トラブル時など、けっこう大変だと思います。

その点で中古専門ショップは商品状態をランク分けしていたり、返品保証があるなど安心感が高いです。

つまり中古のiPhoneを買うなら、専門ショップで購入するのがおすすめです。

【中古iPhone】おすすめのショップはどこ?③つの会社を比較

それでは中古iPhoneを購入するのにおすすめのショップを解説していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

使い勝手が良いショップは下記の③つがおすすめです。

おすすめショップ
  1. ゲオオンラインストア⇒大手中古販売店の安心感が高く、品質にも定評がある。
  2. イオシス ⇒老舗のサイト。品質も良く他社よりも価格が安い印象がある優良サイト
  3. リコレ⇒ソフマップ系の中古専門サイト。HPも見やすくて中古iPhone買うならイチオシのサイト

順番に解説します。

おすすめ① ゲオオンラインストア

ゲオオンラインストアは、大手の中古販売店で安心感が高いサイトです。

しゅんのアイコン画像しゅん

年に数回開催されるゲオスーパーセールでは、中古のiPhoneもさらにおトクに買える点が特徴です。

商品はネット専用在庫と実店舗で販売している端末の2種類があります。

そのため実店舗で販売されているiPhoneは、タイミングによっては在庫切れになってしまう所が残念なポイントと言えます。

しかししっかりとチェックされているので品質には定評がありますし、5つの商品ランクに分けられていて、非常に分かりやすいです。

商品ランクの一覧

商品状態状態
新品未開封品で、通電や動作確認していない商品
状態S(未使用品)開封済みの未使用品で、通電と動作確認済み
状態A(非常に良い)使用感の少ない美品で、動作や機能に問題がない
状態B(良い)使用するには問題がないが、キズや汚れが見られる
状態C(可)動作に問題はないが、全体的にキズや汚れが多い
しゅんのアイコン画像しゅん

状態がA以上の商品を選ぶと、キズ等もほぼ無く安心して使えるでしょう。

大手の中古販売サイトですし、一度チェックしてみるのがおすすめです。

\ ゲオスーパーセールでさらにおトク /

おすすめ② イオシス

イオシス は、老舗の中古販売サイトです。

しゅんのアイコン画像しゅん

他社の中古販売サイトよりも価格が安い印象があり、コスパの良いiPhoneを探している人におすすめです。

もちろん全てのiPhoneは動作確認済みなので、品質は心配しなくても良いでしょう。

またショップのサイトも非常に見やすくて、商品状態や在庫数なども見やすい点も魅力です。

しゅんのアイコン画像しゅん

Amazonのアカウントで購入できる点も手軽ですし、商品ランクも分かりやすいです。

商品ランクの一覧

商品状態状態
新品未開封品で、通電や動作確認していない商品
状態S(未使用品)開封済みの未使用品で、通電と動作確認済み
状態A(非常に良い)使用感の少ない美品で、動作や機能に問題がない
状態B(良い)使用するには問題がないが、キズや汚れが見られる
状態C(可)動作に問題はないが、全体的にキズや汚れが多い
しゅんのアイコン画像しゅん

イオシスも状態A以上を選ぶと、きれいな状態のiPhoneが使えるでしょう。

価格重視で中古iPhoneを探している人におすすめです。

\ コスパが良いiPhoneがいっぱい /

おすすめ③ リコレ

リコレ!ソフマップの中古通販サイト

個人的に一番オススメなのが、ソフマップ系の中古専門サイトのリコレです。

しゅんのアイコン画像しゅん

HP等が非常に見やすくて、商品状態も写真付きで表示しているので使い勝手が良いんですよね。

中古iPhoneを初めて買う時って結構不安だと思うので、分かりやすいHPで安心感があるのは大きな魅力だと思います。

また他社よりも細かい商品ランクも特徴的です。

商品ランクの一覧

商品状態状態
ランクS(未使用品)使用されていない未使用品
ランクA(美品)細かなキズや汚れがあるが、状態の良い商品
ランクB(良品)キズや汚れなどはあるが、状態の良い商品
ランクC(並品)動作・機能には問題の無い商品
ランクD(難あり)使用は可能な商品
ランクE(ジャンク)起動や作動をしない、または作動確認のできない商品
しゅんのアイコン画像しゅん

リコレもランクA以上を選ぶと、きれいなiPhoneが購入できます。

返品保証などもしっかりしていますし、安心して中古iPhoneを買いたい人におすすめです。

\ iPhone買うならイチオシ /

中古iPhoneの注意点【気をつけないと結構大変】

次に中古iPhoneを購入する前に気をつけたい注意点を解説します。

しゅんのアイコン画像しゅん

新品ではなく、あくまで中古なので注意する必要があります。

中古iPhoneの注意点
  1. 端末にキズや凹みがある場合がある
  2. バッテリーが劣化している場合がある
  3. Appleの保証が受けれない可能性が高い
  4. 赤ロム(利用制限がかかる)場合がある
  5. アクティベーションロックがかかっている場合がある

順番に解説します。

注意点① 端末にキズや凹みがある場合がある

中古のiPhoneは、端末にキズや凹みがある場合があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのため中古iPhoneを販売しているショップでは、商品ランクを表示して、その状態が分かるよにしています。

商品状態が良いiPhoneほど価格が高く、キズなどが多いiPhoneほど価格が安くなります。

そのため自分がどの状態のiPhoneが欲しいか?を考える必要があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

例えば新型iPhoneが発売されるまで少しの間利用するなら、商品ランクが低いiPhoneでも良いと考えることも出来ます。

一方で長く利用することを考えると、商品ランクが高いiPhoneの方が良いでしょう。

このように、キズや凹みとiPhoneの価格を考えつつ中古のiPhoneを選ぶ点に注意が必要です。

注意点② バッテリーが劣化している場合がある

次の注意点はバッテリーが劣化している場合がある点です。

しゅんのアイコン画像しゅん

使用期間が長いiPhoneほどバッテリーが劣化している可能性が高くなります。

バッテリーが劣化していると、充電が切れるまでの時間が短くなり、充電回数も増えてしまうデメリットがあります。

もちろん、iPhoneの場合はバッテリーをすることは可能です。

Apple公式でのバッテリー交換費用

型番保証対象保証対象外
iPhone X
iPhone XS・iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max
iPhone 11
0円7,400 円
iPhone SE (第 2 世代)
iPhone SE
iPhone 6・iPhone 6 Plus
iPhone 6s・iPhone 6s Plus
iPhone 7・iPhone 7 Plus
iPhone 8・iPhone 8 Plus
およびその他すべての対象モデル
0円5,400円

このようにApple公式でのバッテリー交換は可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

しかし、正直お金や労力をかけてバッテリー交換をするのは手間ですよね?

そのため使用感の少ない中古iPhoneを選んだほうが、安心できる可能性が高いです。

例えばソフマップ系の中古専門サイトのリコレでは、バッテリーの最大容量等をHPで確認することが可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

バッテリーの状態が不安な方は、このようなサイトを利用するのがおすすめです。

注意点③ Appleの保証が受けれない可能性が高い

次は、購入後にAppleの保証が受けられない可能性が高い点です。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのためショップでは、独自の保証をつけている場合が多いです。

そのためメルカリ等のオークションで購入するのは不安が残ります。

万が一の保証を考えると、独自の保証がしっかりしている所から購入するようにしましょう。

注意点④ 赤ロム(利用制限がかかる)場合がある

中古のiPhoneは赤ロムと呼ばれる端末が販売されていることがあります。

赤ロムとは、前の利用者が端末の分割代金の支払いが完了せず、利用制限が掛けられた端末のこと

利用制限が掛けられているか?は中古ショップの場合は、HPに明記されていることが多いです。

しゅんのアイコン画像しゅん

もしくは各キャリアの利用制限確認から製造番号(IMEI)を入力することで確認できます。

キャリア確認先
ドコモネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
auネットワーク利用制限携帯電話機照会
ソフトバンクネットワーク利用制限携帯電話機の確認

赤ロムだと利用制限が掛かる場合があるので、しっかりと確認出来た端末を利用するとその心配がなくなります。

しゅんのアイコン画像しゅん

この点でもオークションより中古ショップの方が安心感が高いと思います。

注意点⑤ アクティベーションロックがかかっている場合がある

最後にアクティベーションロックが掛かっている場合です。

アクティベーションロックとは、iPhoneをロックしたり盗難防止用のシステムで、元々使っていた利用者のAppleIDやパスワードが無いと解除できない

アクティベーションロックが掛かっていると、元の利用者のIDやパスワードがわからないと解除できず、iPhoneが使えません。

しゅんのアイコン画像しゅん

ただ、中古ショップの場合は、しっかりと確認されています。

そのため中古ショップで購入する場合は、心配する必要はほぼありません。

しかしオークションなどで購入する場合は、まれにアクティベーションロックが掛かった状態で販売されているので注意しましょう。

iPhoneを安く利用するにはトータルコストで考えよう【スマホの月額料金も大切です】

最後にiPhoneを安く利用するためにはトータルコストで考えるとよりおトクに利用できます。

しゅんのアイコン画像しゅん

トータルコストとはスマホの月額料金+端末代のことです。

中古のiPhoneを購入しても、毎月の月額料金が高いとトータルで高くなってしまいます。

そのため月額料金も低く抑えることが、iPhoneを安く利用するコツだと言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

月額料金を安く抑えるには、格安SIMを利用するのが手軽でおすすめです。

以前に比べて格安SIMの利用者も増えていますし、使い勝手が向上しています。

格安SIMは月額料金が2,000円以下で利用することも可能なので、iPhoneを安く運用するには非常に適しています。

そのため、とにかくスマホを安くしたい人は、格安SIMも検討するのがおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

格安SIMに関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事【2020年保存版】格安SIMおすすめは?【料金・サービスを4社徹底比較】

結論&まとめ

中古iPhoneのメリットやおすすめショップ、注意点を紹介しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

中古iPhoneは、新品のiPhoneより安く買える点が一番のメリットです。

モデルアップルストア価格中古の参考価格
iPhone 7(32GB)終売14,800円~
iPhone 8(64GB)終売19,800円~
iPhone XS終売55,800円~
iPhone XR(64GB)64,800円(税別)45,000円~
iPhone 11(64GB)74,800円(税別)60,000円~
iPhone 11 Pro(64GB)106,800円(税別)89,800円~
iPhone 11 Pro Max(256GB)135,800円(税別)94,800円~
しゅんのアイコン画像しゅん

中古iPhoneの購入先としては、下記の2つが主流です。

中古iPhoneの購入先
  1. メリカリやヤフオク⇒個人売買のオークションサイトで購入可能だが、iPhoneの状態などが分かりにくく信頼性や安心感が低いので、あまりおすすめは出来ない
  2. 中古専門ショップ⇒中古専門のショップは、商品状態などが分かりやすく、トラブル時も対応してもらえるなど、安心感が高くおすすめ

安心感や使い勝手を考えると専門サイトで良くて、イチオシはリコレ、コスパを求めるならイオシスもおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

中古iPhoneを利用すると、端末代を大きく節約することが可能です。

もちろん、キズやバッテリーなど注意すべきポイントはあります。

中古iPhoneの注意点
  1. 端末にキズや凹みがある場合がある
  2. バッテリーが劣化している場合がある
  3. Appleの保証が受けれない可能性が高い
  4. 赤ロム(利用制限がかかる)場合がある
  5. アクティベーションロックがかかっている場合がある

しかし、おトクにコスパよく利用できるので、上手に利用するのがおすすめです。

是非参考にしてみて下さいね!

おすすめショップ
  1. ゲオオンラインストア⇒大手中古販売店の安心感が高く、品質にも定評がある。
  2. イオシス ⇒老舗のサイト。品質も良く他社よりも価格が安い印象がある優良サイト
  3. リコレ⇒ソフマップ系の中古専門サイト。HPも見やすくて中古iPhone買うならイチオシのサイト
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次(タップで移動できます)
閉じる