『iPhone』を安く買う方法【値下げのタイミングと安くなる機種の紹介】

『iPhone』を安く買う方法【値下げのタイミングと安くなる機種の紹介】

この記事では『iPhone』を安く買う方法について紹介しています。

iPhoneを安く買う方法が知りたい!
iPhoneって安くなる時期はあるの?

という疑問に答えます。

まず最初に『iPhone』が安くなる【値下げのタイミング】を解説します。

その後に【注意点】を詳しく解説し、最後に【スマホの月額料金を安くする方法】をまとめました。

『iPhone】を安く買いたいと思っている人は是非参考にしてみてください。

注意
ドコモやAU、ソフトバンク等のキャリアで買い換える場合で解説しています。

『iPhone』を安く買うには【値下げのタイミング】と【安くなる機種】の見極めが大切

『iPhone』を安く買うためには【タイミング】と【安くなる機種】の見極め重要になります。

Apple製品は『高額なのに安売りしないため、タイミングを見極めることが大切』です。

そのため『スマホが壊れたり、不調だから買い換えよう!』という買い方では、損をする可能性があるのです。

つまり『iPhone』を安く買うためには、ある程度準備をするべきでしょう。

関連記事 ☆買い替えのタイミングは「『家電』を買い替えるおすすめのタイミング【壊れる前がおトクです】」が参考になります。

『iPhone』が安くなる③つの値下げのタイミング

手順1
年が明けた1月前後

年明けのタイミングが新しいiPhoneが値下げされる最初のタイミング

手順2
決算期の3月前後

機種変更の価格が値下げされるタイミング

手順3
新機種が発売される9月

旧製品になる機種が大きく値下げされるタイミング

『iPhone』は年が変わった1月前後に安くなる可能性が高い

『iPhone』が安くなるタイミングの1つ目は『年が変わった1月前後』です。

実際『iPhone 8(64GB/NTTドコモ)』の新規契約は、2018年1月に【88,776円】から【31,104円】に値下げされました。

新機種として発売された時の定価から【5万円以上】の値下げです。

つまり『新規契約で最新機種を購入する時なら、年が変わった1月』がおすすめです。

『iPhone』は決算期の3月前後に安くなる可能性が高い

『iPhone』が安くなるタイミングの2つ目は『決算期の3月前後』です。

このタイミングでは『機種変更の場合でも値下がりが期待できる』ようになります。

実際『iPhone 8(64GB/NTTドコモ)』の機種変更が【88,776円】から【57,672円】に値下がりしています。

新規契約よりも値下がりが遅くて小さい機種変更でも値下がりするようになりました。

つまり『機種変更するなら、決算期の3月前後』がおすすめです。

『iPhone』は新機種が発売される9月前後に安くなる

『iPhone』が安くなるタイミングの3つ目は『新機種が発売される9月前後』です。

基本的に毎年9月10日前後に新機種が発表されて、9月20日前後に発売されます。

このタイミングが『値引き幅が一番大きくなるタイミング』です。

実際『iPhone 8(64GB/NTTドコモ)』のMNP乗り換えの場合は【10,368円】で購入できます。

iPhone8 MNP一括価格

『iPhone』が新品なのに1万円程度で購入可能なのはすごく安く感じませんか?

機種変更の場合でも実質【19,440円】で購入できます。

iPhone8 機種変更の価格

機種変更でも【2万円以内】で購入できます。

つまり『iPhoneが一番安く買えるタイミングは9月前後』だと言えます。

『iPhone』を安く買うなら値下がり幅が大きい機種がおすすめ

『iPhone』は毎年『2つの機種が発売される』のが基本的な流れです。

例えば『iPhone XSとiPhone XR』や『iPhone XとiPhone8』のような感じです。

この他にもサイズ違いなども発売されますが、基本的には2機種が発売されます。

この中で安くなりやすいので『iPhone XRやiPhone 8』など、比べるとグレードが下の機種です。

これらの機種は『上位機種に比べて、値段が安くて値引き幅も大きくなる』傾向があります。

つまり『上位機種にこだわりが無いなら、下位の機種を購入すると安く購入できる』と言えます。

『iPhone』を安く買う時の注意点

iPhoneを買う時の注意点
  • 【9月】に乗り換えるなら早めがおすすめ
  • 【2世代以上前の機種】はおすすめできない

9月に乗り換えるなら早めに決めるのがおすすめ

新機種が発売された後に買い換えるなら『早めに決めるのポイント』です。

なぜなら新しいiPhoneが発表された後に1つ前のモデルは売り切れになることが多いです。

新しい『iPhone』じゃなくても良い気がする
安く買えるなら1つ前の『iPhone』にしよう♪

など、新しいiPhoneに魅力を感じない人は、安く購入しようと考えます。

さらにモデル自体の販売が終了する場合もあるので、決めるなら早めがおすすめです。

2世代以上前の機種は購入しないこと

『iPhone』を安く買うためでも『2世代以上前の機種の購入』はおすすめ出来ません。

なぜなら古いモデルほど『アプリの起動が遅くなるorカメラ等の性能が古い』点があります。

また基本的に4年が経過すると、アップデートが打ち切られるため最新のiOSを使えないデメリットもあります。

『iPhone』を頻繁に買い換えずに長く使う人は2世代以上前の古い機種の購入はしない方が良いでしょう。

2019年現在で言うと【iPhone 8】より古い機種です。

スマホの月額料金を安くしたい人へ

格安スマホ ランキング

>>>格安スマホの選び方とおすすめの会社⑦選【ランキング形式で比較】

iPhoneを安く買えるのは嬉しいけど、月額料金も安くしたい!

そんな方は、格安スマホに乗り換えると【月々2,000円程度】からの月額料金になります。

格安スマホ会社を6社比較しながら、紹介しているので参考にしてみましょう。

『格安スマホ』おすすめの会社ランキング【大手8社の特徴や違いを比較します】 『格安スマホ』おすすめの会社ランキング【大手8社の特徴や違いを比較します】

『iPhone』を安く買うには【値下げのタイミング】と【安くなる機種】の見極めが大切

『iPhone』を安く買うには【値下げのタイミング】と【安くなる機種】の見極めが大切です。

値下がりのタイミングは必ず決まっているわけではなく、売れ行きなどによって変わることがあります。

また【新規契約】や【機種変更】でも金額が変わります。

その辺りが複雑なので、どうにかして欲しいとは思います。

しかし基本的に『一番安くなるのは新機種が発売された後の1つ前の機種』です。

ぜひ参考にしつつ、おトクにiPhoneを購入してみてくださいね!

以上『iPhone』を安く買う方法を紹介しました。