MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

iPhoneが安くなる値下げ時期やタイミングはいつ?【お得な買い方まとめ】

この記事は、iPhoneが安くなる値下げ時期やタイミングについて紹介しています。

悩む人のアイコン画像悩む人

新しいiphoneが欲しいけど、金額が高くて困ってるんだ!安くなる時期やタイミングっていつなのかな?

という悩みに答えます。

2019年の10月以降、スマホ端末の割引が制限されたので、iphoneを安く買うのも難易度が高くなりました。

しゅんのアイコン画像しゅん

実際、1円とか激安価格での販売は見なくなりましたよね!

そのため以前より、安く買うのは正直難しいです。

しかし。安くなる時期やタイミングを見極めると、まだまだ安く買うことは可能なんです。

そこでこの記事では、2020年最新版のiPhoneが安くなる値下げ時期やタイミング、お得な買い方をまとめました。

iPhoneの購入を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【2020年版】iPhoneが安くなる値下げ時期やタイミングはいつ?

まず結論から。

しゅんのアイコン画像しゅん

iPhoneを安く買うには、値下げ時期を狙うのがおすすめです。

iPhoneの値下げ時期
  1. 9月⇒新機種が発売されるため
  2. 1月⇒Appleの初売り
  3. 3月〜4月⇒新学期スタート

同じiPhoneでも価格が下がるので、安く購入することが可能です。

もちろん、利用しているiPhoneの契約期間と買い替えのタイミングが合わないと、違約金が必要になる場合があります。

しかし、元々の価格が高いiPhoneなので、ぜひこの値下げ時期を狙うようにしましょう。

関連記事スマホ通信料金を安く見直しする節約術【今すぐ使える裏ワザ⑤選】

9月:新型iphoneが発売されると、型落ちiphoneは値下げ

iPhoneは毎年9月に新機種が発表されます。

そのタイミングに合わせて、型落ちとなる機種が値下げされる場合が多いです。

新型のデザインや機能を見て、違いが少ないし、旧型でもいいかな?という方におすすめのタイミングです。

しゅんのアイコン画像しゅん

注意点は新型iphoneが発売されると、型落ちiphoneの販売が終了する場合があることです。

販売自体が終了すると、購入することが不可能になるので注意が必要です。

その点を考えた上で、iPhoneを購入するには非常に良いタイミングと言えます。

1月:Apple初売りでのiphone購入が狙い目

年が明けた1月もiPhoneが値下げされるタイミングです。

しゅんのアイコン画像しゅん

2018年までは、大手キャリアで販売されているiphoneが安くなる時期として有名でした。

乗り換えの防止策として、各キャリアでキャンペーンが繰り広げられていたためです。

しかし2020年以降は、このタイミングでの値下げは無い可能性があります。

このタイミングで購入するなら1月2日に開催されるApple初売りでSIMフリー版のiPhoneを購入するのがおすすめの方法です。

Appleの初売りでは、MacやiPadなど機種に応じてApple Storeギフトカードが送られます。

この他のApple製品にも利用可能なギフトカードなので、オトク度が高くなります。

しゅんのアイコン画像しゅん

僕自身は、Apple初売りを利用してMacBook Pro(2018)やiPad mini(第5世代)を購入しています。

3月~4月:新学期スタート時期が狙い目

そもそも、スマホと契約する人が多いのは3月から4月のタイミングです。

しゅんのアイコン画像しゅん

この時期は大手キャリアの決算時期にも当たるので、多くのキャンペーンが実施される傾向にあります。

各キャリア共に乗り換え防止と、売上アップのためにキャンペーンが多く実施されます。

2020年からどのようなキャンペーンが開催されるか?の詳細は不明ですが、何らかのキャンペーンが行われる可能性があります。

そのため、この時期を狙ってiphoneを購入するのも良い方法でしょう。

【2020年版】iPhoneの安くてお得な買い方とは?【トータルコストで考えよう】

次にiPhoneを安くてお得な買い方を解説します。

しゅんのアイコン画像しゅん

iPhoneは値引き自体が制限されたので、スマホの料金も含めた合計金額で考える必要があります。

と言うのも、2019年10月に改正された電気通信事業法によって、2019年10月以降、端末割引の上限は2万円までと制限されてしまいました。

そのため、今までのように端末の大幅な値引きは期待できません。

しゅんのアイコン画像しゅん

そこで端末を安く買うよりも毎月のスマホ代金も含めたトータルの金額を安くすることを考えましょう。

具体的な安くてお得な買い方は下記の通りです。

安くお得な買い方
  1. 料金プランを見直してトータルコストを下げる
  2. セット割を活用してトータルコストを下げる
  3. 端末返却プログラムを活用する
  4. 格安SIM+SIMフリーiphoneを利用する

順番に解説します。

その① 料金プランを見直してトータルコストを下げる

しゅんのアイコン画像しゅん

一番手軽な方法は、料金プランを見直して月々の負担を減らすことで、iphoneのトータルコストを下げる方法です。

特に、大手キャリアの料金プランは非常に複雑・難解で、正確に把握している人は少ないです。

しかも今回の端末割引の上限が2万円に制限されると同時に、新しい料金プランも発表されています。

新しいプランに乗り換えるだけでトータルコストを減らせる場合があるので、まずプランの見直しをしてみましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

月々の負担を減らした上で、iphoneを購入する資金を捻出する方法が一番手軽です。

関連記事スマホ通信料金を安く見直しする節約術【今すぐ使える裏ワザ⑤選】

その② セット割を活用してトータルコストを下げる

しゅんのアイコン画像しゅん

2つ目の方法は、セット割を利用してトータルコストを下げる方法です。

セット割とは、インターネット回線とスマホを同じ会社で契約することで、毎月割引が受けられる割引プランのことです。

毎月最大で3,000円程度の割引になる場合もあり、新しいiPhoneを購入する時に負担を減らすことが可能です。

しかも家族で同じ会社と契約しているとそれぞれ割引が受けられるので、さらに割引額が増えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

トータルコストを下げる方法として、非常に効果的な方法です。

関連記事スマホ代が高い!安くしたい時の節約術とは?【セット割を活用しよう】

その③ 端末返却プログラムを活用する

しゅんのアイコン画像しゅん

iphoneが自分の所有物にならないので、嫌だと感じる人も多いですが、端末返却プログラムを利用するとiphoneを安く変えます。

端末返却プログラムは、端末を分割で購入してから2年後などに、iPhoneを返却すると、残りの残金を免除してくれるプログラムです。

機種によって金額が異なりますが、トータルで3万円〜5万円を節約することが可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

一番面倒が少なくて、手軽な方法と言えます。

特に、2年程度で新しいiPhoneに乗り換えたい方におすすめの方法と言えます。

ただし返却するので自分の所有にはならないこと、縛りが厳しくなるので、良し悪しはある方法です。

2年間で乗り換えないと割引にはならないので、手間をかけずにiPhoneを安く利用したい方には、良い方法でしょう。

その④ 格安SIM+SIMフリーiphoneを活用する

しゅんのアイコン画像しゅん

iphoneを安く買う方法として一番おすすめなのが、格安SIM+SIMフリーiphoneを利用することです。

格安SIMを利用すると、毎月の料金を大幅に安くすることが出来ます。

具体的には格安SIMの月額料金の平均は2,000円前後なので、年間24,000円で運用できます。

仮に定価が74,800円のiPhone11の64GBを購入して、格安SIMを2,000円で2年間利用したと計算します。

合計すると2年間で128,784円となり、月々5,366円です。

この金額なら、大手キャリアと同程度か安い価格で最新のiphoneが利用可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

最初にiphoneを購入する時の金額は大きいですが、トータルコストで考えると、安く利用できます。

関連記事【最新版】格安SIMのお得な会社は③択です【最速・最強はどこがいい?】

結論&まとめ

iPhoneが安くなる値下げ時期やタイミングについて紹介しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

iPhoneが安くなる値下げの時期やタイミングは下記の通りです。

iPhoneの値下げ時期
  1. 9月⇒新機種が発売されるため
  2. 1月⇒Appleの初売り
  3. 3月〜4月⇒新学期スタート

基本的には、上記の時期を狙って購入するのがおすすめです。

ただし、2019年10月に改正された電気通信事業法によって、端末割引の上限は2万円までと制限されてしまいました。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのため現状では月額料金も含めたトータルコストで考えるのが、最善策です。

安くお得な買い方
  1. 料金プランを見直してトータルコストを下げる
  2. セット割を活用してトータルコストを下げる
  3. 端末返却プログラムを活用する
  4. 格安SIM+SIMフリーiphoneを利用する

最新のiphoneを購入したい場合はSIMフリー版のiphoneを購入して、格安SIMで運営すると安く運営できます。

手軽な方法でiPhoneを利用したい場合は、大手キャリアの端末返却プログラムの利用が良いでしょう。

残念ながら、今までよりもiPhoneを安く買う難易度が大幅に上がりました。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのためトータルコストを考えて『iPhone』を選んでみてくださいね!

目次(タップで移動できます)
閉じる