MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

Amazon Echoのおすすめはどれ?【全機種を徹底比較してみる】

この記事はAmazon Echoのおすすめはどれなのか?全機種を比較している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

Amazon Echoって色々な種類があるけどどれを選べば良いの?おすすめの機種が知りたい!

という疑問に答えます。

Amazon Echoはスマートスピーカーの中で非常に人気が高いですが、種類が多くてどれを選べばいいか?難しいですよね!

しゅんのアイコン画像しゅん

実際2020年現在、発売中の機種には下記があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

これだけあると、どれを選ばいいか?分からないですよね!

そこでこの記事では、Amazon Echoの全機種を比較しつつおすすめはどれなのか?解説してきたいと思います。

Amazon Echoに興味がある人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

Amazon Echoのおすすめはどれ?

まず結論から。

しゅんのアイコン画像しゅん

Amazon Echoを買うなら、下記の3つの中から選ぶのがおすすめです。

Amazon Echoのおすすめ
  1. 価格が安くてコスパ優先⇒『Echo Dot(第3世代)
  2. 価格が高くても音質優先⇒『Echo(第3世代)
  3. 液晶付きモデルが欲しい⇒『Echo Show 8

順番に解説します。

おすすめ① 価格が安くてコスパ優先ならEcho Dot(第3世代)

価格が安くてコスパが良いAmazon Echoが欲しいなら『Echo Dot(第3世代)』がおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

何よりも価格が安くて、セール等を活用すると2,000円台で変えることも珍しくない点が魅力です。

人気があり値段も手頃なのは『Echo Dot(第3世代)』です。

サイズがコンパクトで置き場所が困らないですし、他のAmazon Echoと比較して削られた機能が無い点も魅力です。

しゅんのアイコン画像しゅん

さらに旧モデルの第2世代に比べて音質が向上して、パワフルに音楽を楽しむことが可能になりました。

音質に関してはスピーカーのサイズが小さい分だけ、上位機種に劣ります。

しかし価格が安いので、初めてのAmazon Echoにおすすめです。

商品名Echo Dot(第3世代)
カラーサンドストーン/ヘザーグレー/チャコール/プラム
通常価格(定価)5,980円
画面無し
スピーカー1.6インチ
サイズ49mm×99mm×99mm
重量300g

おすすめ② 価格が高くても音質優先ならEcho(第3世代)

音質優先でおすすめのAmazon Echoは『Echo(第3世代)』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

『Echo Dot(第3世代)』に比べて、サイズが大きい分だけ高性能なスピーカーを搭載しています。

具体的にはDolby対応プレミアムスピーカー搭載で、クリアでダイナミックな低音を楽しむことが出来ます。

このため映画や音楽を聞く用途で利用するなら非常におすすめできます。

しゅんのアイコン画像しゅん

僕はEchoの第2世代を使ってますが、非常に音質はキレイですよ!

商品名Echo(第3世代)
カラーサンドストーン/チャコール/トワイライトブルー/ヘザーグレー
通常価格(定価)11,980円
画面無し
スピーカー3.0インチネオジウムウーファー
0.8インチツイーター
サイズ148mm×99mm×99mm
重量780g

また2018年10月30日に『Echo Sub』と言うサブウーファーが発売されました。

Echoシリーズ専用のウーファーで、さらに低音を強化したい人に向いています。

しゅんのアイコン画像しゅん

組み合わせて使うと、2.1chの音響システムを構築出来ます。

おすすめ③ 液晶モニタ付きモデルが欲しいならEcho Show 8

液晶モニタが付いているAmazon Echoのおすすめは『Echo Show 8』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

スクリーン付きのAmazon Echoの中で一番バランスが取れています。

大きすぎず、小さすぎない液晶のサイズで、非常に使い勝手が良いです。

10インチの液晶スクリーン付きの『Echo Show』は見やすいですが、価格が2万円以上になります。

しゅんのアイコン画像しゅん

その点でセールを活用すると1万円以下で購入できる『Echo Show 8』は魅力が大きいです。

高品質なスピーカー搭載で音質も良いですし、液晶スクリーン付きのAmazon Echoの中で1番おすすめです。

商品名Echo Show 8
カラーチャコール/サンドストーン
通常価格(定価)14,980円
画面8インチスクリーン
スピーカー2.0インチ 10Wスピーカー x 2/パッシブ低音ラジエーター
サイズ200x136x99mm
重量1,037g

Amazon Echoの全機種を徹底比較してみる

次に上記で説明した以外のAmazon Echoについて全機種を比較していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

価格や音質、機能で比較しました。

Amazon Echo 比較
  1. 様々な部屋でアレクサを使いたいなら『Echo Flex
  2. LEDディスプレイが必要なら『Echo Dot with clock
  3. スマートホーム対応なら『Echo Plus(第2世代)
  4. 小型のスクリーン付きなら『Echo Show 5
  5. 大型のスクリーン付きなら『Echo Show
  6. 超高音質で音楽を楽しむなら『Echo Studio
  7. アレクサのみでOKなら『Echo Input

またAmazon EchoシリーズはAmazonのセールで頻繁に安くなる特徴があります。

このタイミングで買うのがおすすめです。

関連記事【Amazon】2020年開催の大規模セールはいつ?一覧と注意点のまとめ

その① 様々な部屋でアレクサを使いたいなら『Echo Flex

商品名Echo Flex
カラーホワイト
通常価格(定価)2,980円
機能コンセントに直接接続するタイプ
画面無し
スピーカー0.6インチ
サイズ72mm×67mm×52mm
重量150g
しゅんのアイコン画像しゅん

コンセントに差し込んで、様々な部屋でアレクサを使いたいなら『Echo Flex』がおすすめです。

天気やニュースの情報を得たりスマート家電を操作する時に役立ちます。

本体の下にUSBポートがあり、別売りのナイトライトやモーションセンサーで、機能を追加することも可能です。

価格が2,980円と非常に安いので、全ての部屋でアレクサを使いたい場合に便利です。

その② LEDディスプレイが必要なら『Echo Dot with clock』

商品名Echo Dot with clock
カラーサンドストーン/ヘザーグレー/チャコール/プラム
通常価格(定価)6,980円
機能時計や外気温やタイマー表示が可能
画面LEDディスプレイ
スピーカー1.6インチ
サイズ49mm×99mm×99mm
重量300g
しゅんのアイコン画像しゅん

『Echo Dot with clock』は『Echo DotにLEDディスプレイを搭載した機種』です。

LEDディスプレイを搭載しているおかげで、時刻や外気温、タイマーの表示が可能になった点が特徴です。

液晶画面は必要ないけど、時間や外気温の表示が欲しいという方におすすめの機種です。

その③ スマートホーム対応なら『Echo Plus(第2世代)』

商品名Echo Plus(第2世代)
カラーサンドストーン/ヘザーグレー/チャコール
通常価格(定価)17,980円
機能室温センサーとスマートホームハブを搭載
画面無し
スピーカー3.0インチネオジウムウーファー
0.8インチツイーター
サイズ148mm×99mm×99mm
重量780g
しゅんのアイコン画像しゅん

『Echo Plus(第2世代)』はEchoの機能に加えて、スマートホームハブが内蔵されている機種です。

スマートホームハブが内蔵で、対応するスマート家電の簡単セットアップが可能です。

この機能が無いと、ハブやブリッジ等と呼ばれる製品が必要になる場合があります。

スマートホーム化に興味があるなら、この機種を選ぶと余計な出費が少なくなります。

その④ 小型のスクリーン付きなら『Echo Show 5』

商品名Echo Show 5
カラーサンドストーン/チャコール
通常価格(定価)9,980円
機能小型のスクリーン付き
画面5.5インチスクリーン
スピーカー1.65インチ 4W スピーカー
サイズ86mm×148mm×73mm
重量410g
しゅんのアイコン画像しゅん

『Echo Show 5』は、5.5インチの小型スクリーンが付いている機種です。

特徴はスマホぐらいの大きさのスクリーンが付いていることです。

スケジュールの管理や、動画を楽しんだり、家族とテレビ電話で会話することが可能です。

スクリーン付きの機種なら、この機種が価格が安く性能とのバランスが取れています。

その⑤ 大型のスクリーン付きなら『Echo Show』

商品名Echo Show
カラーサンドストーン/チャコール
通常価格(定価)27,980円
機能大型のスクリーンと高音質のスピーカー
画面10インチスクリーン
スピーカー2インチ 10W スピーカー x 2
パッシブラジエーター
Dolby デュアル スピーカー付き
サイズ174mm×246mm×107mm
重量1,755g
しゅんのアイコン画像しゅん

『Echo Show』は、10インチの大型スクリーンと高音質のスピーカーがセットの機種です。

特徴は視認性の良い大型スクリーンとDolby対応の高音質なスピーカーがセットになっていることです。

まさに全部入りと言う感じで大型の画面で、高音質の音声を聞きたい方におすすめです。

その⑥ 超高音質で音楽を楽しむなら『Echo Studio

商品名Echo Studio
カラーヘザーグレー
通常価格(定価)24,980円
機能超高音質スピーカー搭載
画面無し
スピーカー5.25インチウーファー
2.0インチミッドレンジスピーカー
1.0インチツイーター
サイズ206mm×175mm×175mm
重量3,500g
しゅんのアイコン画像しゅん

『Echo Studio』は、シリーズの中で最上位モデルです。

特徴は5つのスピーカー搭載で、没入感のある立体的な音を再現している点です。

3Dマスタリングされた3Dミュージックを再生可能で、高音質の音楽を楽しみたい方におすすめです。

その⑦ アレクサのみでOKなら『Echo Input

商品名Echo Input
カラーヘザーグレー
通常価格(定価)2,980円
機能手持ちのスピーカーでAlexaが使える
画面無し
スピーカー無し
サイズ14mm×80mm×80mm
重量78g
しゅんのアイコン画像しゅん

『Echo Input』は、手持ちのスピーカーをAlexa端末として使えるように出来る機種です。

すでにスピーカーシステム等を持っている方には、好みの音質を楽しめる点がでしょう。

価格も安いので、既ににスピーカーをスマートスピーカーにしたい方におすすめです。

まとめ

Amazon Echoのおすすめの機種はどれなのか?音質や機能で全機種を比較しました。

スマートスピーカーの中で非常に人気が高く、種類も豊富なので選びやすい点が特徴です。

Amazon Echo一覧
  1. 様々な部屋でアレクサを使いたい⇒『Echo Flex
  2. 価格が安くてコスパ優先⇒『Echo Dot(第3世代)
  3. LEDディスプレイが必要⇒『Echo Dot with clock
  4. 価格が高くても音質優先⇒『Echo(第3世代)
  5. スマートホーム対応⇒『Echo Plus(第2世代)
  6. 小型のスクリーン付き⇒『Echo Show 5
  7. 液晶付きモデルが欲しい⇒『Echo Show 8
  8. 大型のスクリーン付き⇒『Echo Show
  9. 超高音質で音楽を楽しむ⇒『Echo Studio
  10. アレクサのみでOK⇒『Echo Input

それぞれ特徴も価格も大きく違うので、自分の使い方に合わせて選ぶのがおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

またAmazonのセールで頻繁に値引きされる特徴があります。

このタイミングを狙って購入を検討すると、安く買うことが出来るでしょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

以上、Amazon Echo』のおすすめはどれなのか?全機種を比較しました。

目次(タップで移動できます)
閉じる