おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動している30代のメンズです。

普段使っているApple製品(MacBook Pro/iPad mini/iPhone)やおすすめのハイテク家電やガジェット、在宅勤務で使うインテリア家具や持っているとおしゃれな小物の選び方やレビューに加えて、Amazonのセールやサブスクの情報を紹介しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

\ ポイント最大10倍! /詳細を見る

【2023年版】アレクサ搭載サウンドバーのおすすめはどれ?【コスパや音質、機能の違いを徹底比較】

【2023年版】アレクサ搭載サウンドバーのおすすめはどれ?【コスパや音質、機能の違いを徹底比較】

この記事は2023年版、アレクサ搭載のサウンドバーのおすすめはどれなのか?紹介している記事です。

悩む人

サウンドバーが欲しいんだけど、アレクサを搭載してるモデルってどうなのかな?おすすめのサウンドバーがあるなら知りたいな!

と言う疑問に答えます。

サウンドバーには色々な種類があり、どれを選べばいいのか?難しいですよね!

しゅん

その中でAlexaを搭載したモデルは、Amazon Echoのような音声操作が出来る点が魅力です。

そこでこの記事ではアレクサを搭載しているサウンドバーのおすすめとして、ヤマハ・ソニー・BOSEのを比較していきます。

アレクサ搭載サウンドバーのおすすめが知りたい!という方は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【2023年版】アレクサ搭載サウンドバーのおすすめはどれ?【Polk Audio REACTがイチオシ】

まず結論から。

しゅん

2023年にアレクサ搭載サウンドバーを買うなら、Polk Audio REACTがイチオシです。

Polk Audio REACTの特徴
  1. 創業は1972年で49年以上続く老舗のスピーカー専業ブランド
  2. デノンやマランツと同じグループの会社
  3. 本体が約2.9kgでサブウーファーが無いので、設置しやすい
  4. 人の声を聞きやすくするVoice Adjust機能がある
  5. アレクサ搭載でAmazon Musicなどの音楽サブスクを利用可能
しゅん

3万円以内で購入できるサウンドバーの中では、かなりの高音質だと感じます。

スピーカーの質が良い点が一番ですが、Voice Adjust機能やアレクサ搭載など、機能面でも性能が高いです。

しゅん

本体のサイズもコンパクトで、必要とされる機能は全て搭載していますし、シンプルなデザインも使い勝手が良いです。

2023年にサウンドバーを買うならPolk Audio REACTがイチオシかな?と思います。

【2023年版】アレクサ搭載サウンドバーの選び方【ポイントは④つ】

という事で、2023年にアレクサ搭載のサウンドバーを買うなら、Polk Audio REACTがおすすめです。

しゅん

しかし、より自分にあったサウンドバーを選びたい!という方に向けて、選び方を解説していきます。

アレクサ搭載サウンドバーの選び方
  1. 音質⇒スピーカーの数や出力
  2. サイズ⇒設置場所やサブウーファーの有無
  3. 機能⇒ドルビー対応やARC対応
  4. 拡張性⇒HDML入力やBluetooth対応

上記のようにスピーカーの数や出力が大きいほうが、単純に良い音が鳴ります。

しゅん

しかし設置場所によっては、サブウーファーがあると邪魔になるなどデメリットも出てきてしまいます。

高性能なサウンドバーほど価格が高くなるので、その分のバランスはしっかりと見極めましょう。

アレクサの機能に関しては、各社で大きな違いはありません。

しゅん

音声の聞き取りなどのマイクの性能に関しては、多少違いがありますが、それほど大きく気にする必要は無いでしょう。

つまり、ある程度予算を決めてその範囲内で決めると、自分にあったサウンドバーが見つかるでしょう。

関連記事

下記の記事では、サウンドバーを買って後悔する?必要ない?と悩む人に選び方のポイントを徹底解説しています。

関連記事【しょぼい】サウンドバーって買って後悔する?必要ない?【失敗しない選び方を徹底解説】

【2023年版】アレクサ搭載サウンドバーのおすすめ出来る候補はどれ?【ヤマハ・SONOS・BOSE】

次におすすめのサウンドバーを紹介していきます。

しゅん

Polk Audio REACT以外におすすめ出来るサウンドバーは下記の通りです。

おすすめのアレクサ搭載サウンドバー
  1. ヤマハ製 YAS-209⇒コスパが良いモデル
  2. SONOS製 Beam⇒拡張性が高いモデル
  3. BOSE製 SOUNDBAR 600⇒高音質なモデル

順番に解説します。

ヤマハ製サウンドバーYAS-209【コスパが良く安いモデル】

ヤマハ製のYAS-109はコスパが良い
ヤマハ製YAS-109はコスパが良い

まずコスパがよく入手しやすいのは、ヤマハ製YAS-209です。

しゅん

旧モデルのYAS-109がグレードアップしたコスパの良いサウンドバーです。

価格は安いコスパ重視のサウンドバーですが、音質で定評があるヤマハ製なので音質に不安はありません。

またYAS-109はウーファーが一体型でしたが、YAS-209はウーファーが別になったので、より高音質で楽しむことが出来ます。

しゅん

手軽にアレクサ搭載のサウンドバーを試してみたい人におすすめのモデルです。

SONOS製サウンドバー Beam【コンパクトで拡張性が高い】

SONOS製のBeamはコンパクトで拡張性が高い
SONOS製のサウンドバー Beam

SONOS製のアレクサ搭載サウンドバー『Beam』は、コンパクトで音質がよく、拡張性が高い点がメリットです。

しゅん

SONOSは音質に定評のある米国のオーディオメーカーで、ネットワークオーディオの分野でNo.1のブランドです。

SONOSの特徴は、製品同士が相互に通信しながら自律的に機能する、メッシュ型ネットワークで動作する点です。

音質の高さには定評がありますし、ネットワークに興味がある型には柔軟な使い方が出来るのでおすすめです。

関連記事

下記の記事では、高音質で拡張性も良いアレクサ搭載のスマートスピーカーであるSONOS ONEの評価レビューをまとめています。

関連記事【評判】SONOS One(Gen2)を評価レビュー【高音質!アレクサ対応で拡張性も良いスマートスピーカー】

BOSE製サウンドバー SOUNDBAR 600【高音質で自動音場補正を搭載】

BOSE製のSOUNDBAR 600は高音質で自動音場補正を搭載

BOSE製のSOUNDBAR 600は、高音質と他のBOSE製品を組み合わせて利用できる点が特徴です。

しゅん

ADAPTiQ自動音場補正で、壁の素材など部屋の特性に合わせてサウンドを最適化し、最良の音響空間を実現してくれます。

オプションを追加すると、より高音質なスピーカーシステムに変更することが可能な点が魅力です。

高額なスピーカーシステムを一度に購入するのは大変ですが、少しずつ機能を強化できる点は大きなメリットです。

しゅん

デザインはおしゃれでテレビに馴染みますし、おすすめです。

【2023年版】アレクサ搭載サウンドバーのおすすめを徹底比較【コスパや音質、機能の違い】

最後にアレクサ搭載サウンドバーを比較していきます。

しゅん

コスパや音質、機能で比較していきます。

\\アレクサ搭載サウンドバーを比較//

スクロールできます
Polk Audio REACTYAS-209BeamSOUNDBAR 600
メーカーPolk AudioヤマハSONOSBOSSE
コスパ2万円前後3万円前後6万円前後8万円前後
スピーカー6つの内蔵スピーカー7つの内蔵スピーカー5つの内蔵スピーカー5つの内蔵スピーカー
音質Dolby AUDIODolby AUDIO
DTS Virtual:X
Dolby AtmosDolby Atmos
音声操作Alexa Built-inAlexa Built-inAlexa Built-in
Apple AirPlay 2
Alexa Built-in
Googleアシスタント
Apple AirPlay
Chromecast Built-in
WiFiIEEE 802.11a/b/g/n/ACIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
購入する購入する購入する購入する
各製品の比較
しゅん

やはり価格でいうと、Polk Audio REACTが一番コスパが良いです。

一方で音質面では、立体音響となるDolby Atmosに対応したSONOS BeamかBOSEのSOUNDBAR 600が良いでしょう。

他にも音声操作に関しては、全てのサウンドバーがAlexa Built-inに対応していますが、BOSOのSOUNDBAR 600は様々なサービスに対応しているメリットがあります。

しゅん

このように比較すると大きな違いがあるので、コスパや音質などで自分にあったモデルを選ぶと良いでしょう。

まとめ

2023年版、アレクサ搭載サウンドバーのおすすめはどれなのか?を解説しました。

しゅん

一番のおすすめはPolk Audio REACTです。

Polk Audio REACTの特徴
  1. 創業は1972年で49年以上続く老舗のスピーカー専業ブランド
  2. デノンやマランツと同じグループの会社
  3. 本体が約2.9kgでサブウーファーが無いので、設置しやすい
  4. 人の声を聞きやすくするVoice Adjust機能がある
  5. アレクサ搭載でAmazon Musicなどの音楽サブスクを利用可能

価格が安く、音質にも定評があるブランドなので安心して使えるでしょう。

しゅん

一方で、Dolby Atmosなどの立体音響を楽しみたい場合は、SONOS BeamやBOSEのSOUNDBAR 600がおすすめです。

アレクサを搭載していると、音声操作が可能ですしAmazon Echoのように利用することも出来ます。

それぞれ特徴があるので、使い方に合わせて選んでみてくださいね!

\\アレクサ搭載サウンドバーを比較//

スクロールできます
Polk Audio REACTYAS-209BeamSOUNDBAR 600
メーカーPolk AudioヤマハSONOSBOSSE
コスパ2万円前後3万円前後6万円前後8万円前後
スピーカー6つの内蔵スピーカー7つの内蔵スピーカー5つの内蔵スピーカー5つの内蔵スピーカー
音質Dolby AUDIODolby AUDIO
DTS Virtual:X
Dolby AtmosDolby Atmos
音声操作Alexa Built-inAlexa Built-inAlexa Built-in
Apple AirPlay 2
Alexa Built-in
Googleアシスタント
Apple AirPlay
Chromecast Built-in
WiFiIEEE 802.11a/b/g/n/ACIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
購入する購入する購入する購入する
各製品の比較
【2023年版】アレクサ搭載サウンドバーのおすすめはどれ?【コスパや音質、機能の違いを徹底比較】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)