おすすめ記事

エレコム2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)を評価レビュー【PD対応でコンパクト!コスパも良い充電器】

本記事にはPRが含まれます
エレコム2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)を評価レビュー【PD対応でコンパクト!コスパも良い充電器】

独自に調査やテスト、レビューを行いおすすめの良いものを紹介しています。
詳しくは記事作成ポリシーをご覧ください。

この記事はエレコム充電器(EC-AC22WH)について、実際に使ってわかった特徴や注意点をまとめた記事です。

悩む人

最近、様々なメーカーから充電器が発売されていて、どのメーカーを選べばいいのか?悩むんだよね、エレコム充電器のレビューが知りたいな!

と言う疑問に答えます。

エレコム株式会社は1986年に設立した会社で、デジタル製品の開発や製造、販売を行う老舗の日本のメーカーです。

しゅん

昔からデジタル製品の開発や製造を行なっているため知名度も高く、安心して使える点が人気のメーカーです。

そこでこの記事では、エレコムの充電器(EC-AC22WH)はどうなのか?実際に利用してわかった特徴や注意点をまとめて解説していきます。

エレコム充電器の評判が気になる人、必見です。

しゅんのプロフィール画像

しゅん(この記事を書いた監修者)

レビュー歴10年以上。好きが高じてサイトでApple製品やハイテク家電をさまざま紹介。
生活を豊かにする製品をお得に買う方法を紹介中!

詳しいプロフィールはこちらから


目次(タップで移動できます)

エレコム2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)の特徴と評価【PD対応でコンパクト!コスパも良い充電器】

エレコム2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)を評価する【PD対応でコンパクト!コスパも良い充電器】

まず結論から。

しゅん

エレコム2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)はPD対応でコンパクト!コスパも良い充電器だと感じます。

エレコム充電器
(EC-AC22WH)の特徴
  • USB-CポートとUSB-Aポートの2つのポート搭載
  • USB Power Delivery(パワーデリバリー)に対応し、高速充電が可能。
  • 最大出力は20Wで、スマートフォンやタブレットなどを短時間で充電可能
  • 手のひらサイズで持ち運びやすいコンパクトデザイン
  • 2つのポートがあるため、2台のデバイスを同時に充電可能。
  • 接続された機器を自動で検知し、最適電流で充電する”おまかせ充電”機能を搭載
しゅん

エレコム充電器(EC-AC22WH)は、汎用性が高く使い勝手が良い点が特徴です。

他社のスマホ充電器と比較して、すごくコンパクト!というわけではありませんが、十分に持ち運び出来るサイズです。

エレコム 20W充電器とDIGIFORCE 20Wスマホ充電器とAnker 323 Charger (33W)のサイズ比較
エレコム 20W充電器とDIGIFORCE 20Wスマホ充電器とAnker 323 Charger (33W)のサイズ比較
しゅん

また価格面について、Amazonでは1,600円ほどの価格で販売されていて、コスパ面では非常に良いです。

つまりエレコムの充電器(EC-AC22WHは、PD対応で高速充電が可能、コンパクトで持ち運びやすい、そしてコスパも良く非常におすすめのできます。

エレコム充電器(EC-AC22WH)の仕様詳細
仕様
製品名EC-AC22WH
メーカーエレコム
ポート数USB-Cポート×1、USB-Aポート×1
最大出力最大20W
外形寸法幅約40mm×厚み約29mm×高さ約33mm
重量約48g
使用可能地域日本
保証期間1年間
関連記事

下記の記事では、iPhoneを急速充電するデメリットにはどんなものがあるのか?失敗しない選び方やおすすめのスマホ充電器を紹介しています。

関連記事iPhone充電器の代わりになるものは?【急速充電するデメリットや選び方、おすすめのスマホ充電器を徹底解説】

エレコム2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)をレビュー【デザインや充電能力、使い勝手の特徴】

エレコム2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)をレビューする【デザインや充電能力、使い勝手の特徴】

それでは順番にエレコムの2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)詳しくレビューしていきます。

しゅん

実際に使って感じたデザインや充電能力、使い勝手の特徴は下記の通りです。

エレコム2ポート搭載20W充電器
(EC-AC22WH)をレビュー
  1. デザイン⇒プラグを折り畳み可能で思った以上にコンパクト
  2. 充電能力⇒USB-CとUSB-Aの2つのポートを搭載して最大20Wで充電可能
  3. 使い勝手⇒デバイスを自動検知し、最適電流で充電できる“おまかせ充電”に対応
  4. 不満点・デメリット⇒2ポート使用時にPDで充電できない

順番に紹介します。

デザイン【プラグを折り畳み可能で思った以上にコンパクト】

デザイン【プラグを折り畳み可能で思った以上にコンパクト】

まず最初にデザインからレビューしていきます。

しゅん

コンセントに差し込むプラグの部分を折り畳むと、思った以上にコンパクトなサイズ感です。

手のひらにすっぽりと隠れるほどの小ささなので、持ち運びの時に邪魔になることは無いでしょう。

また本体カラーはホワイトのみですが、白を基調としていて清潔感があり、インテリアやスマホなどのデバイスとの相性が良さそうです。

しゅん

本体のデザインはスタンダードな2ポート搭載の充電器で、角が丸くなっているで、可愛らしい印象もあります。

このように「EC-AC22WH」は、どんな人でもどんな場所でも使いやすいデザインが魅力と言えます。

充電能力【USB-CとUSB-Aの2つのポートを搭載して最大20Wで充電可能】

充電能力【USB-CとUSB-Aの2つのポートを搭載して最大20Wで充電可能】

次に充電能力についてレビューしていきます。

しゅん

「EC-AC22WH」はUSB-CとUSB-Aの2つのポートを搭載して最大20Wで充電可能です。

USB-Cポートは最大20Wの出力で、Power Deliveryに対応し、最適な電力で充電が可能です。

USB-Aポートも12Wの最大出力があるので、しっかりと充電することが可能です。

しゅん

USBケーブルの差し込み口の作りがしっかりしていて、ケーブル同士が干渉しない点もメリットだと思います。

最大20Wの充電器として、スマホやタブレットを充電するにはちょうど良い充電能力だと思います。

使い勝手【デバイスを自動検知し、最適電流で充電できる“おまかせ充電”に対応】

使い勝手【デバイスを自動検知し、最適電流で充電できる“おまかせ充電”に対応】

次に使い勝手についてレビューしていきます。

しゅん

デバイスを自動検知し、最適電流で充電できる“おまかせ充電”に対応しています。

この機能は、接続された機器を自動検知し、最適な電流で充電するので、機器の種類や充電規格を気にせず、安心して充電ができる点がメリットです。

また電源プラグの部分は(PSE:電気用品安全法)の要求事項を満たしているので、安全性も高いです。

しゅん

他にもUSBの仕様に準拠し、製品が正しく稼働することを検証するためのUSB-IFのテストと同等のテストを独自で実施し、性能を確認しています。

このように「EC-AC22WH」は、使い勝手の良い機能だけでなく、安全性の部分でも安心感が高いです。

不満点・デメリット【2ポート使用時にPDで充電できない】

最後に実際に使って分かった不満点やデメリットを紹介していきます。

しゅん

2ポートを同時に利用した時に、PD充電できないなどの制限がある点です。

\\充電時の出力//

出力
USB-Cポート20W
USB-Aポート12W
2ポート利用時最大15W
(PD出力不可)
しゅん

2つのポートを利用すると、出力が変わる点は他のメーカーの充電器でも同じです。

また他社の充電器でも2ポート利用時にPD出力ができない場合もあります。

そのため複数のデバイスを充電する場合は、もう少し出力の高い充電器を利用した方が良いでしょう。

しゅん

全体的に完成度が高く高機能な充電器ですが、複数ポートを利用するときは注意が必要です。

関連記事

下記の記事では、iPhoneを急速充電するデメリットや失敗しない選び方、おすすめのスマホ充電器を紹介しています。

関連記事iPhone充電器の代わりになるものは?【急速充電するデメリットや選び方、おすすめのスマホ充電器を徹底解説】

エレコム2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)を購入する前に知っておきたい注意点【Q&A】

最後にCIO充電器を購入する前に知っておきたい注意点を解説していきます。

しゅん

簡潔にQ&A形式で紹介します。

エレコムの充電器は壊れやすい?

個人的には壊れやすいメーカーというイメージは無いです。

またエレコムのHPによると、1ヶ月以内の不具合は初期不良、その後は製品保証の範囲内で対応してくれます。

CIOの充電器は熱い?発熱する?

エレコムの充電器も他社の充電器と同様に、使用中に発熱することがあります。

ただし個人的に使ってみて、エレコムの充電器だけ特別に発熱する印象はありません。

エレコムの充電器は海外でも使える?

メーカーの製品詳細によると、使用可能地域は”日本”との記載があります。

海外でも電圧などの状況で利用可能な場合がありますが、自己責任になります。

まとめ

2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)
総合評価
( 4 )
メリット
  • プラグ部分の折りたたみが可能で使い勝手が良い
  • 20Wの出力でスマホやタブレットの充電に最適
デメリット
  • 2ポートを同時に利用すると最大出力が変わる

エレコム2ポート搭載20W充電器(EC-AC22WH)の評価レビューをまとめました。

しゅん

USB-AとUSB-Cの2つのポートを搭載していて、20Wの出力があるのでスマホやタブレット、スマートウォッチなどの充電に最適です。

エレコム充電器
(EC-AC22WH)の特徴
  • USB-CポートとUSB-Aポートの2つのポート搭載
  • USB Power Delivery(パワーデリバリー)に対応し、高速充電が可能。
  • 最大出力は20Wで、スマートフォンやタブレットなどを短時間で充電可能
  • 手のひらサイズで持ち運びやすいコンパクトデザイン
  • 2つのポートがあるため、2台のデバイスを同時に充電可能。
  • 接続された機器を自動で検知し、最適電流で充電する”おまかせ充電”機能を搭載
しゅん

サイズもコンパクトで、外出時に持ち運ぶ時でも便利に使えます。

実際に使ってみると、下記のような印象を持ちました。

エレコム2ポート搭載20W充電器
(EC-AC22WH)をレビュー
  1. デザイン⇒プラグを折り畳み可能で思った以上にコンパクト
  2. 充電能力⇒USB-CとUSB-Aの2つのポートを搭載して最大20Wで充電可能
  3. 使い勝手⇒デバイスを自動検知し、最適電流で充電できる“おまかせ充電”に対応
  4. 不満点・デメリット⇒2ポート使用時にPDで充電できない
しゅん

全体的に高機能で使い勝手が良く、老舗メーカーエレコム製なので、安心して使えます。

保証などもしっかりしているので、使いやすい充電器だと思いますよ!

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ記事【悲報】みんなiPhoneで気持ち悪い?【どれを買うべきなのか?おすすめの選び方を徹底解説】

目次(タップで移動できます)