MENU
プロフィール背景画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

【2020年】スマート電球のおすすめ⑤選【E17は選択肢が少なめ】

この記事はスマート電球のおすすめを紹介している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

最近スマート電球って聞くんだけど、どんな機能や特徴があるの?おすすめのスマート電球があれば知りたいな!

という疑問に答えます。

そもそもスマート電球とは、スマホアプリや音声操作を利用して、スイッチのON/OFFや調光、調色ができる電球のことです。

スマート電球で出来ること
  1. スマホや音声操作が可能な電球
  2. スイッチのON/OFFが出来る
  3. 調光や調色が可能
しゅんのアイコン画像しゅん

物理的なスイッチを押さなくても利用できますし、複数の電球を一括で管理できるので便利ですよ!

この他にも、音楽を流せたり特別な機能がついているスマート電球もあります。

そこでこの記事では、スマート電球のおすすめを5つ紹介しつつ、実際にスマート電球を利用した経験から選び方の注意点を解説していきます。

目次(タップで移動できます)

【2020年版】スマート電球のおすすめ⑤選

まず最初に2020年におすすめのスマート電球を5つ紹介します。

おすすめのスマート電球
  1. 高機能でe17もある⇒Philips Hue(ヒュー)
  2. 明るい電球(100W)⇒ロハス
  3. スピーカー内蔵で音が出る⇒ソニー
  4. 価格が安い⇒+Style (プラススタイル)
  5. 安心感やコスパなら⇒アイリスオーヤマ

順番に解説していきます。

おすすめ① 高機能でE17口金もある『Philips Hue』

高機能なスマート電球なら『Philips Hue』がおすすめ
一番人気のスマート電球

まず最初に紹介するスマート電球は『Philips Hue』です。

スマート電球といえば『Philips Hue』と言えるぐらい有名で、様々な種類のスマート電球を発売しています。

しゅんのアイコン画像しゅん

『Philips Hue』について、こちらのYou Tubeが参考になります。

E26口金に加えて、スマート電球では種類が少ないE17口金に対応した電球やモーションセンサーやスイッチなど種類が豊富です。

またアプリが使いやすく作らてていて、視覚的に分かりやすく、初心者の方でも使いやすい点が魅力です。

種類が多くて、どれを用意すればよいのか分からない!という方に向けてスターターセットが用意されているので、最初はこれを買うのがおすすめです。

大手メーカー製の安心感と製品の充実度、アプリの使いやすさを考えると、まず検討したいスマート電球です。

おすすめ② 明るいスマート電球(100W)なら『ロハス』

明るいスマート電球(100W)なら『ロハス』がおすすめ
100Wの明るいスマート電球

100Wほどの明るいスマート電球を探しているなら『ロハス』のスマート電球がおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

100Wの明るいスマート電球の中でコスパが良い点が特徴です。

明るさや色を自由に変更できますし、Amazon Echoから音声操作も可能です。

暗めのLED電球が多い中で、明るい(100W程度)のスマート電球を探している人におすすめです。

おすすめ③ スピーカー内蔵ならソニーの『LSPX-103E26』

スピーカー内蔵ならソニーの『LSPX-103E26』がおすすめ
スピーカー内蔵のスマート電球

スピーカー内蔵のスマート電球ならソニー製の『LSPX-103E26』がおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

スピーカー内蔵で、音楽も楽しめます。

ソニー製の安心感があり、2台用意するとステレオで音楽を楽しむことが出来ます。

付属のリモコンや専用アプリから操作できますし、音楽を楽しむスマート電球が欲しい人におすすめです。

おすすめ④ 安いスマート電球なら『+Style (プラススタイル)』

安いスマート電球なら『+Style (プラススタイル)』がおすすめ

安いスマート電球を探しているなら『+Style (プラススタイル)』がおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

他社のスマート電球より価格が安く、E26とD17口金の種類があります。

価格が安いのでスマート電球を試してみたい人におすすめですし、個数が必要な人にもコスパが良いです。

スマートスピーカー対応や、調光や調色など基本的な機能は抑えています。

安くてコスパが良いスマート電球を探している人に、おすすめです。

おすすめ⑤ 安心感やコスパの良さ『アイリスオーヤマ』

安心感やコスパなら『アイリスオーヤマ』がおすすめ
安心感とコスパが良いスマート電球

安心感やコスパならアイリスオーヤマ製のスマート電球がおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

大手メーカーのアイリスオーヤマのスマート電球なので、安心感があり価格も安めです。

基本機能は他のスマート電球と比べて特に違う部分はありません。

しかしコスパがよく、シンプルな調光タイプなら2,000円以下で変える点が魅力です。

聞いたことがあるメーカー製でコスパを考えると、アイリスオーヤマ製のスマート電球がおすすめです。

スマート電球の選び方【e17は選択肢が少なめ】

2020年におすすめのスマート電球を紹介しました。

次に、僕自身がスマート電球を選ぶ時に注意したポイントを紹介していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

より自分に合ったスマート電球を選ぶために下記のポイントに注意しましょう。

選び方のポイント
  1. 電球のサイズ(口金やソケットサイズ)に注意する
  2. 出来るだけメーカーは統一する

選び方① 電球のサイズ(口金やソケットサイズ)に注意する

まず、電球のサイズ(口金やソケットサイズ)に注意しましょう。

大抵の照明の電球サイズはE26という口金が多いですが、E17というソケットサイズのものがあります。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのため利用したい電球のサイズはしっかり確認しましょう。

実際、僕の照明のソケットサイズはE17と言う一回り小さいサイズだったので、選択肢は多くありませんでした。

変換ソケットを利用するとE26口金の電球もE17口金で利用することができます。

しゅんのアイコン画像しゅん

変換ソケットは安く入手できますが、電球を購入する前にしっかりサイズを確認しましょう。

選び方② 出来るだけメーカーは統一する

次にスマート電球のメーカーは出来るだけ統一しましょう。

スマート電球のメーカーが違うと、アプリが別々になるなど、手間が増えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

設定が複雑になると、全くスマートさがなくなってしまいます。

手軽にスマートに利用するためにも、メーカーは統一して利用するのがおすすめです。

まとめ

2020年最新版のスマート電球のおすすめを5つと、選び時の注意点をまとめました。

しゅんのアイコン画像しゅん

スマート電球のを利用すると、照明をつけたり、消したりが非常に楽になります。

様々なメーカーがスマート電球を販売している中で、おすすめは下記の通りです。

おすすめのスマート電球
  1. 高機能でe17もある⇒Philips Hue(ヒュー)
  2. 明るい電球(100W)⇒ロハス
  3. スピーカー内蔵で音が出る⇒ソニー
  4. 価格が安い⇒+Style (プラススタイル)
  5. 安心感やコスパなら⇒アイリスオーヤマ

またスマート電球を選ぶ時は、電球のサイズとメーカーを出来るだけ統一することに注意しましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

個人的には性能も種類も多い『Philips Hue(ヒュー)』がおすすめです。

ぜひ自分に合ったスマート電球を選んでみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次(タップで移動できます)
閉じる