おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。

おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

【2022年版】最強の無線LAN子機はどれ?【WiFi 6対応やゲーミングにおすすめのモデルを解説】

【2022年版】最強の無線LAN子機はどれ?【WiFi 6対応やゲーミングにおすすめのモデルを解説】

この記事は、2022年版最強の無線LAN子機はどれなのか?WiFi 6対応やゲーミングにおすすめのモデルを紹介している記事です。

悩む人

最強の無線LAN子機が欲しいんだけど、どれがおすすめなのかな?失敗しない選び方もあるなら詳しく知りたいな!

と言う疑問に答えます。

無線LAN子機には様々な種類があり、どれが最強か分からないですよね!

しゅん

実際、無線LAN子機は選び方が難しい電子機器の1つです。

そこでこの記事では、無線LAN子機の中で最強おすすめをUSB接続タイプとデスクトップ内蔵モデルの2つに分けて紹介します。

無線LAN子機が欲しい人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【2022年版】最強の無線LAN子機はどれ?【WiFi 6対応やゲーミングにおすすめのモデルを解説】

まず結論から。

しゅん

2021年に買うべき最強おすすめの無線LAN子機は下記の通りです。

最強の無線LAN子機
  1. エレコム WDC-867DU3S⇒コンパクトで高コスパモデル
  2. I-O DATA WN-AC1300UA⇒USB接続タイプでノートPCにおすすめ
  3. バッファロー WI-U3-1200AX2/N⇒アンテナ内蔵でコンパクトなWiFi 6対応モデル
  4. ASUS PCE-AX58BT⇒デスクトップ内蔵タイプでデスクトップのゲーミングにおすすめ
  5. TP-Link Archer TX3000E⇒wifi 6対応で超高速!ゲーミングにイチオシモデル

順番に解説します。

おすすめ① エレコム WDC-867DU3S【コンパクトで高コスパモデル】

エレコム製無線LAN子機 『WDC-867DU3S』

最初に紹介するのが、エレコム製の『WDC-867DU3S』です。

しゅん

アンテナ内蔵タイプで最大通信速度が867Mbps/300Mbpsと、現状で最高レベルです。

サイズがコンパクトでノートPCに接続しても邪魔になりませんし、ビームフォーミングにも対応しています。

IEEE802.11acには対応していますが、最新規格のwifi 6には対応していないのは残念なポイントです。

しゅん

価格も安く、手軽に無線LAN子機を利用したい場合は、最初に検討したいおすすめモデルです。

おすすめ② I-O DATA WN-AC1300UA【USB接続タイプでノートPCにおすすめ】

 IODATA製の無線LAN子機『WN-AC1300UA』【USB接続タイプ】

ノートパソコンのUSBでなら、I-O DATA製の『WN-AC1300UA』が最強です。

しゅん

USB接続タイプで最速の1,300Mbpsに対応しています。

USB接続タイプなのでノートPCでもデスクトップPCでも利用できます。

外付けアンテナが4本あるので電波状況も非常に良く、MU-MIMO技術とビームフォーミングにも対応と高機能です。

しゅん

アンテナが4本あるので置き場所によっては邪魔になりそうですが、USB接続タイプとして最強と言えます。

おすすめ③ バッファロー WI-U3-1200AX2/N 【アンテナ内蔵でコンパクトなWiFi 6対応モデル】

バッファロー WI-U3-1200AX2/N 【アンテナ内蔵でコンパクトなWiFi 6対応モデル】

次に紹介するのがバッファロー製の『WI-U3-1200AX2/N』です。

しゅん

アンテナを内蔵しているコンパクトなモデルで、最新規格のWi-Fi 6に対応しています。

2.4GHzと5GHzのどちらの周波数帯でもWi-Fi 6が利用できる点が特徴です。

OFDMAとMU-MIMOに対応しているので、WiFiルーター親機で利用している端末が多くても、効率的な通信が可能です。

しゅん

卓上用のUSB延長ケーブル(1m)が付属するので、デスクトップPCでも利用しやす点が特徴です。

おすすめ④ ASUS PCE-AX58BT【デスクトップ内蔵タイプでデスクトップのゲーミングにおすすめ】

ASUS製の無線LAN子機『PCE-AX58BT』【デスクトップ内蔵タイプ】

デスクトップPCで内蔵設置が可能なモデルなら、ASUS製の『PCE-AX58BT』が最強です。

しゅん

2つのアンテナを搭載していて、Wi-Fi6やBluetooth5.0に対応しています。

最新のWiFi規格であるWiFi6に対応しているので、効率的で速いスピードでの通信が可能です。

またBluetoothも最新規格のBluetooth5.0なので、従来のBluetooth 4.0よりも2倍の転送速度、4倍の通信範囲が可能な点が魅力です。

しゅん

速度が早くて、これでダメだったら他の候補が無い!と言えるぐらいの性能を有している、デスクトップ内蔵タイプとして最強の無線LAN子機と言えます。

おすすめ⑤ TP-Link Archer TX3000E【wifi 6対応で超高速!ゲーミングにイチオシモデル】

TP-Link製無線LAN子機『Archer TX3000e』

最後に紹介するのがTP-Link製無線LAN子機『Archer TX3000E』です。

しゅん

PCI Expressに搭載するタイプの無線LAN子機で、はWi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応している点が特徴です。

最新規格のwifi 6に対応している上に、2402Mbps(5GHz)+574Mbps(2.4GHz)の高速スピードを出すことが可能です。

外付けアンテナ付きで電波状況の改善も手軽ですし、ゲーミングにイチオシのモデルと言えます。

しゅん

Bluetooth5.0も搭載していて、デスクトップ用で非常に性能が高い無線LAN子機です。

【2021年版】無線LAN子機の失敗しない選び方【ポイントは④つ】

2021年におすすめの無線LAN子機を紹介しました。

しゅん

しかしもっと安いモデルが良いとか、他の無線LAN子機と比較したい!と感じるかもしれません。

そこで、自分に合った無線LAN子機の選び方をまとめました。

無線LAN子機の選び方
  1. 最大通信速度に注意する
  2. Wi-Fiの規格に注意する
  3. 周波数帯に注意する
  4. アンテナの有無に注意する

順番に解説します。

その① 最大通信速度に注意する【ゲーミング用途なら最重要】

しゅん

無線LAN子機を選ぶ時、最初に注目すべきは最大通信速度です。

この速度が速ければ速いほど、通信スピードが早くなります。

2020年に発売されているモデル(USBタイプ)では、5GHz帯(11ac)だと867Mbpsで、2.4GHz帯だと300Mbpsの仕様のモデルが多いです。

しゅん

この数値が高いほど高速スピードを出すことが理論上は可能です。

そのためスピード重視の方は最大通信速度に注意しましょう。

その② Wi-Fiの規格に注意する

しゅん

次に注目すべきはWi-Fiの規格です

wifiの規格には様々ありますが、現状で主流の規格は下記の通りです。

主流のwifi規格
規格通信速度メリットデメリット
IEEE802.11b11Mbps障害物に強い速度が遅い
IEEE802.11g54Mbps障害物に強い干渉を受けやすい
IEEE802.11a54Mbps速度が早い障害物に弱い
IEEE802.11n300Mbps速度が早い干渉を受けやすい
IEEE802.11ac6.9Gbps有線と同等の速度古い端末は対応していない
IEEE802.11ax(wifi 6)9.6Gbps有線と同等の速度古い端末は対応していない

Wi-Fiには様々な規格があり、規格によって通信速度が異なます。

しゅん

現状で一番早い速度が出るのは、11ax(wifi 6)と言う規格です。

速いスピードで使うことが可能ですし、今後どんどん対応する機種が増えていくでしょう。

また11acは多くの機種が対応しているので、この規格に対応していると多少古い機種でも高速通信が可能になります。

その③ 周波数帯に注意する

しゅん

さらに注意すべきは周波数帯です。

スクロールできます
周波数帯メリットデメリット
2.4GHz帯障害物に強いスピードはほどほど
5GHz帯スピードが早い障害物に弱い

無線LANの周波数帯には2.4GHz帯と5.0GHz帯の2つの種類があり、2.4GHz帯の方が壁などの遮蔽物に強く、5.0GHz帯はより速度が早くなります。

使う環境によってどちらの周波数帯を使えるか?が大きく変わります。

しゅん

そのため快適に利用するには、両方が使えるデュアルバンド対応の無線LAN子機を選びましょう。

その④ アンテナの有無に注意する

しゅん

最後に注意すべきは、アンテナの有無です。

アンテナが付いていると、向きを変えると電波状況がよくなる場合があります。

その反面サイズが大きくなるので、持ち運びをしたりノートPCだと邪魔になるかも知れません。

しゅん

持ち運びの使い勝手を重視するか?少しでも電波状況を良くすることを重視するのか?で選ぶのがおすすめです。

まとめ

最強おすすめの無線LAN子機はどれなのか?解説しました。

しゅん

現状で最強の無線LAN子機は下記の通りです。

最強の無線LAN子機
  1. エレコム WDC-867DU3S⇒コンパクトで高コスパモデル
  2. I-O DATA WN-AC1300UA⇒USB接続タイプでノートPCにおすすめ
  3. バッファロー WI-U3-1200AX2/N⇒アンテナ内蔵でコンパクトなWiFi 6対応モデル
  4. ASUS PCE-AX58BT⇒デスクトップ内蔵タイプでデスクトップのゲーミングにおすすめ
  5. TP-Link Archer TX3000E⇒wifi 6対応で超高速!ゲーミングにイチオシモデル

この中で特におすすめなのがノートPCはUSBタイプの『WI-U3-1200AX2/N』ですし、デスクトップPCで内蔵可能なら『TP-Link Archer TX3000E』がおすすめです。

しゅん

ハイスペックな無線LAN子機なのでデスクトップでゲーミングや投資を行う人におすすめです。

また自分にあった無線LAN子機を選ぶときは、下記のポイントに注意しましょう。

無線LAN子機の選び方
  1. 最大通信速度に注意する
  2. Wi-Fiの規格に注意する
  3. 周波数帯に注意する
  4. アンテナの有無に注意する

基本的に、今回紹介した無線LAN子機を選べば間違いは無いと思います。

しゅん

ただ親機の性能によっても大きく変わるので、その点には注意が必要です。

是非参考にしてみてくださいね!

まとめ記事【2022年版】最強おすすめのWifiルーターはどれ?【自宅の広さ別に最適なモデルの選び方や注意点も解説】

【2022年版】最強の無線LAN子機はどれ?【WiFi 6対応やゲーミングにおすすめのモデルを解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
戻る
目次(タップで移動できます)
閉じる