『Audible(オーディブル)』で聴く読書

『最強の無線LAN子機』のおすすめを紹介【USB型と内蔵型の選び方】

『最強の無線LAN子機』のおすすめを紹介【USB型と内蔵型の選び方】

この記事は『最強の無線LAN子機』のおすすめを紹介している記事です。

最強の無線LAN子機ってある?
おすすめの無線LAN子機が知りたい!

と言う疑問に答えます。

そもそも無線LAN子機とは『Wi-Fiを搭載していないパソコンや、Wi-Fi機能が壊れたパソコンでもWi-Fiを使えるようにする機器』のことです。

実際、デスクトップPCの置き場所を変えたら、有線ケーブルを配線するのが難しくなりました。

そこで無線LAN子機を利用したのですが、その経験を元に『最強の無線LAN子機の選び方とおすすめの無線LAN子機(USB型と内蔵型)』を紹介します。

無線LAN子機に興味がある方は、是非参考にしてみてください。

『無線LAN子機』は【速度重視】で選ぶのがおすすめ

まず、結論から。

無線LAN子機は【速度重視】で選ぶのがおすすめです。

具体的に言うと【867Mbps/300Mbps】とパッケージやネット通販のサイトに書かれている無線LAN子機を選びましょう。

これが現在、購入できる機器の中で【最強(最速)】の無線LAN子機です。

もちろんパソコンに詳しい方や上級者の方向けにさらに速い機器もあり、当記事でも紹介しています。

しかし難易度が高く専門的になるので、一般的とは言えないかも知れません。

また、これより性能が劣る機器に比べて、価格は【1,000円】ほどしか違いがありません。

そのため【867Mbps/300Mbps】という文字が書かれている無線LAN子機を選ぶのがおすすめです。

『最強の無線LAN子機』選び方のポイント

『無線LAN子機』選びのポイント

  1. 最大通信速度】に注意する
  2. Wi-Fiの規格】に注意する
  3. 周波数帯】に注意する
  4. アンテナ】の有無に注意する

【最大通信速度】に注意する

無線LAN子機を選ぶ時、最初に注目すべきは【最大通信速度】です。

この速度が速ければ速いほど、通信スピードが早くなります。

2019年に発売されているモデル(USBタイプ)では、5GHz帯(11ac)だと【867Mbps】で、2.4GHz帯だと【300Mbps】の仕様が最速モデルです。

もちろん無線LAN親機の性能によって変わりますが【867Mbps/300Mbps】という数字の無線LAN子機を選ぶのがおすすめです。

【Wi-Fiの規格】に注意する

規格通信速度メリットデメリット
IEEE802.11b11Mbps障害物に強い速度が遅い
IEEE802.11g54Mbps障害物に強い干渉を受けやすい
IEEE802.11a54Mbps速度が早い障害物に弱い
IEEE802.11n300Mbps速度が早い干渉を受けやすい
IEEE802.11ac6.9Gbps有線と同等の速度障害物に弱い

次に注目すべきは【Wi-Fiの規格】です。

Wi-Fiには様々な規格があり、規格によって通信速度が異なり、現状で一番早い速度が出るのは【11ac】と言う規格です。

速いスピードで使うことが可能ですし【11ac】の規格に対応していれば、基本的にそれ以外の規格にも対応しています。

無線LAN子機を選ぶ時は【11ac】という表示に注意して選びましょう。

【周波数帯】に注意する

2.4GHz障害物に強い
電子レンジ・無線キーボード・マウス・Bluetoothなどと干渉しやすい
5GHz障害物に弱い
同一の周波数帯を使用する機器がないため、電波干渉が少ない

さらに注意すべきは【周波数帯】です。

無線LANの周波数帯には【2.4GHz帯】と【5.0GHz帯】の2つの種類があります。

2.4GHz帯】の方が壁などの遮蔽物に強く【5.0GHz帯】はより速度が早くなります。

使う環境によってどちらの【周波数帯】を使えるか?が大きく変わります。

そのため両方が使える【デュアルバンド対応】の無線LAN子機を選びましょう。

特に電波状況に悩みたくない方は必須です。

【アンテナ】の有無に注意する

最後に注意すべきは【アンテナ】の有無です。

アンテナが付いていると、向きを変えると電波状況がよくなる場合があります。

その反面サイズが大きくなるので、持ち運びをしたりノートPCだと邪魔になるかも知れません。

アンテナがあっても無くても、極端な差は感じられないと言うのが正直な所です。

そのため『持ち運びの使い勝手を重視するか?少しでも電波状況を良くすることを重視するのか?』で選ぶのがおすすめです。

【USBタイプ】『最強の無線LAN子機』のおすすめ

【USBタイプ】のおすすめ

  1. 最大通信速度が【867Mbps/300Mbps
  2. Wi-Fiの規格が【11ac
  3. 周波数帯が【2.4GHz帯/5.0GHz帯

上記のポイントで選んだ時におすすめする最強の無線LAN子機を3つ紹介します。

USBで接続するタイプなので、差し込むだけで使える点が魅力です。

基本的にはこの中から選ぶのが良いでしょう。

エレコム製 無線LAN子機『WDC-867DU3S』

最初に紹介するのがエレコム製の『WDC-867DU3S』です。

アンテナ内蔵タイプで最大通信速度が【867Mbps/300Mbps】と、現状で最高レベルです。

とにかくサイズが小さいですし【867Mbps/300Mbps】の通信速度や最適な電波を送る【ビームフォーミング】に対応しています。

価格も安く、最初に検討するのがおすすめの無線LAN子機です。

バッファロー製 無線LAN子機『WI-U3-866DS』

created by Rinker
バッファロー
¥3,253 (2019/11/22 09:43:52時点 Amazon調べ-詳細)

次に紹介するのがバッファロー製の『WI-U3-866DS』です。

サイズがエレコム製の『WDC-867DU3S』よりも大きくなりますが、機能はほぼ同じです。

僕の持論になりますが、バッファロー製の無線LAN親機を使っているなら、同じバッファロー製の子機の方が不具合は少ない気がします。

バッファロー製の無線LAN親機を使っている人におすすめです。

TP-Link製 無線LAN子機『Archer T4U』

最後に紹介するのがTP-Link製の『Archer T4U』です。

アンテナが有るタイプの無線LAN子機です。

速度も早く、価格が安い点が魅力です。

ただTP-Linkという会社が中国の会社で、気になる方にとって、判断が分かれるでしょう。

その点を考えた上で、選ぶのがおすすめです。

【内蔵タイプ】『最強の無線LAN子機』のおすすめ

【内蔵タイプ】のおすすめ

  1. 最大通信速度が【867Mbps/300Mbps
  2. Wi-Fiの規格が【11ac
  3. 周波数帯が【2.4GHz帯/5.0GHz帯

次に紹介するのが、パソコンの中に搭載するタプの無線LAN子機です。

正直パソコンに詳しくないと難しいですし、既製品のパソコンだと、搭載する場所が空いてない場合が多いです。

ノートPCではそもそも無理ですし。

難易度が高いですが、自作PCを使っている人や、速度が大切なゲーム等をする方にはUSBタイプよりもおすすめです。

ASUS製 無線LAN子機『PCE-AC68

created by Rinker
ASUSTek
¥9,990 (2019/11/22 09:43:53時点 Amazon調べ-詳細)

PCI Expressに搭載するタイプの無線LAN子機『PCE-AC68』は、5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応しています。

最大で【1,300Mbps】に対応する速度が魅力です。

また接続先の無線LAN親機の位置を検出して、狙い撃つように電波を飛ばす『Ai Radar機能』も搭載しています。

内蔵型として非常に良い性能を持っています。

ASUS製 無線LAN子機『PCE-AX58BT

PCI Expressに搭載するタイプの無線LAN子機『PCE-AX58BT』はWi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応しています。

無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac/axに対応していて、最大通信速度が最大で【2402Mbps】と非常に高速です。

Bluetooth5.0も搭載していて、デスクトップ用で最強の無線LAN子機と言えるでしょう。

『無線LAN子機』の売れ筋・人気ランキング

今回紹介した無線LAN子機以外にも、非常に多くの種類が販売されています。

そこで、今の無線LAN子機の売れ筋を確認するのもおすすめです。

 

『無線LAN子機』を快適に使うには親機も大切です。

自宅で無線LAN子機を使う場合は、親機の性能も大切です。

最大通信速度】が遅い親機だと、無線LAN子機の能力が高くても性能を発揮できません。

また【Wi-Fiの規格】や【周波数帯】も一度確認するのがおすすめで、仮に古い親機を使っているならこの機会に乗り換えを検討しましょう。

利用する台数が多くても速度が落ちなかったり、電波が上手く入らない部屋でも使える可能性があります。

『無線LANルーター』の選び方はコチラ⇒

『無線LANルーター』のおすすめ⑨選【選び方と間取り別に比較】 『無線LANルーター』のおすすめ⑨選【選び方と間取り別に比較】

【速度重視】で『無線LAN子機』 を選ぶのがおすすめ

『最強の無線LAN子機』のおすすめと選び方を紹介しました。

外見で良し悪しが比較できず、スペックを比べないと違いがわからない点がちょっとむずかしいです。

そのため【通信速度】をポイントに、おすすめを紹介しました。

基本的に、今回紹介した無線LAN子機を選べば間違いは無いと思います。

ただ親機の性能によっても大きく変わるので、その点には注意が必要です。

是非参考にしてみてくださいね!

以上、『最強の無線LAN子機』の選び方とUSB型と内蔵型のおすすめを紹介しました。

created by Rinker
バッファロー
¥3,253 (2019/11/22 09:43:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ASUSTek
¥9,990 (2019/11/22 09:43:53時点 Amazon調べ-詳細)
『無線LANルーター』のおすすめ⑨選【選び方と間取り別に比較】 『無線LANルーター』のおすすめ⑨選【選び方と間取り別に比較】 Amazon Echoのおすすめはどれ?【⑨種類の違いを比較しました】 Amazon Echoのおすすめはどれ?【⑨種類の違いを比較しました】 『モバレコAir』の評判・口コミ【特徴・詳細・速度・料金を詳しくレビュー】 『Airターミナル4』レビュー【モバレコAirやSoftBank Air専用の端末】 【2019年版】格安SIMおすすめランキング【メリット・デメリット解説】 【2019年版】格安SIMおすすめランキング【メリット・デメリット解説】 【2019年版】『Amazon』のセール活用法【割引や開催時期のまとめ】 【2019年版】『Amazon』のセール活用法【割引や開催時期のまとめ】