MENU
2021年大注目ランキング

【NAS】バッファローの特徴はどこ?【使い勝手が良く価格が安い】

【NAS】バッファローの特徴はどこ?【使い勝手が良く価格が安い】

この記事は、バッファロー製NASの特徴やおすすめ機種をまとめた記事です。

悩む人

バッファロー製のNASが欲しいなって思っているんだけど、どんな機種があるのかな?おすすめが知りたいな!

という疑問に答えます。

NASには様々なメーカーがあり、どれを選べばいいか?難しいですよね!

しゅん

実際、メーカーによって違いが大きいので、しっかりと選ぶ必要があります。

そこでこの記事では、バッファロー製のNASの特徴やおすすめについて解説していきます。

バッファローのNASに興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【NAS】バッファローの特徴はどこ?【使い勝手が良く価格の安い】

まず結論から。

しゅん

バッファロー製のNASは、国内メーカー製の使い勝手の良さと価格の安さが特徴です。

国内メーカー製のNASなので、サポートの安心感が高いです。

しかもHDDが内蔵されているモデルが基本なので、別途HDDを購入する必要もありません。

しゅん

つまりバッファローのNASは、初心者の方や手軽に使えるNASが欲しい人におすすめです。

関連記事【NASの基礎知識】できることやメリットとは?【便利すぎて快適です】

【NAS】バッファローのおすすめ④選【コスパやテレビ録画向き】

それでは順番にバッファロー製NASのおすすめを4つ紹介します。

しゅん

コスパやテレビ録画向きなどジャンル別に紹介します。

バッファロー製NASのおすすめ
  1. LS210DGシリーズ⇒コスパ重視で初心者向き
  2. LS510DGシリーズ⇒速さと安定性重視の人向き
  3. LS520DGシリーズ⇒データ保護重視の人向き
  4. LS411DXシリーズ⇒テレビ録画や視聴向き

順番に解説します。

関連記事【NAS】失敗しない選び方とは?【迷った時のポイントを解説】

おすすめ① LS210DGシリーズ【コスパ重視で初心者向き】

コスパ重視なら『LS210DGシリーズ』

コスパ重視でバッファロー製のNASを選ぶなら『LS210DGシリーズ』がおすすめです。

HDDの容量は1TB・2TB・3TB・4TBから選べます。

しゅん

特に容量が3TBの『LS210D0301G』はバランスが良いモデルです。

2万円以下で買える価格の安さが特徴で、NASとしての基本性能はしっかり抑えています。

スマホやPCの容量が足りなくなりがちな方におすすめのNASと言えます。

しゅん

初めてのNASにおすすめのモデルです。

おすすめ② LS510DGシリーズ【速さと安定性重視の人向き】

速さと安定性重視なら『LS510DGシリーズ』

先程紹介した『LS210DGシリーズ』よりもCPUの性能が高く、読み書きのスピードや安定性がアップしているのが『LS510DGシリーズ』です。

HDDの容量は1TB・2TB・3TB・4TBから選べます。

しゅん

価格の差が3,000円ほどなので、より快適に利用したい人は『LS510DGシリーズ』を選びましょう。

容量が3TBのモデルでも2万円ほどで買える価格と、同時アクセス時でもスピードが落ちない点が魅力です。

エントリーモデルには無い、快適な使い心地を求める人に向いてます。

しゅん

ワンランク上のNASが欲しい人におすすめです。

おすすめ③ LS520DGシリーズ【データ保護重視の人向き】

データ保護重視なら『LS520DGシリーズ』

複数台のHDDを使うRAID機能を利用して、データ保護機能を重視するなら『LS520DGシリーズ』がおすすめです。

HDDの容量は2TB・4TB・6TB・8TBから選べます。

しゅん

同じデータを2台のHDDに書き込むRAID1を利用すると容量が半分になるので、最低でも4TBのモデルがおすすめです。

4TBのモデルでも2万円台で買える安さが魅力で、データ保護機能はミラーリング RAID 1 / RAID 0 / 通常の3モードから選択することが可能です。

重要なデータを扱うけど、気軽に使いたい!という人に向いています。

しゅん

データ保護機能を重視する人におすすめのモデルです。

おすすめ④ LS411DXシリーズ【テレビ録画や視聴向き】

テレビ録画用なら『LS411DXシリーズ』

テレビの録画番組を気軽にスマホやタブレットで見たいなら『LS411DXシリーズ』がおすすめです。

HDDの容量は2TB・3TB・4TBから選べます。

しゅん

撮り溜めた録画番組をスマホやタブレットで視聴可能なので、手軽にテレビ番組が見れます。

専用のアプリが用意されているので、複雑な操作が不要な点も魅力です。

通常モデルのNASに比べて価格が高めなのがデメリットですが、録画番組の再生を重視する方におすすめできます。

しゅん

スマホやタブレットで気軽に録画番組を見たい人におすすめです。

【NAS】失敗しない選び方とは?【ポイントは⑤つ】

バッファロー製NASのおすすめを紹介しました。

しゅん

次に自分により合っているNASの選び方を解説します。

NAS選びのポイント
  1. 価格重視⇒『HDD内蔵型のNAS』
  2. 拡張性重視⇒『NASキット+別売りのHDD』
  3. メンテナンス重視⇒『HDDの取り外しが容易なNASキッド』
  4. 音質重視⇒『オーディオ用のNAS』
  5. テレビ録画重視⇒『動画再生機能が高いNAS』
しゅん

特に初心者の方はHDDが内蔵されているモデルか?別売りか?は重要なポイントです。

設定の手間や費用が大きく変わるので、選ぶ際はしっかりと注意しましょう。

関連記事【NAS】失敗しない選び方とは?【迷った時のポイントを解説】

【NAS】バッファローとI-O DATA・Synology・QNAPを比較

次に他のメーカー製NASとの比較をしていきます。

しゅん

主な3つのメーカーとの比較です。

他機種との比較
  1. I-O DATA⇒同じ国産メーカー。テレビ録画用や音楽専用のNASやHDDレスモデルもあり、よりNASの種類が多い
  2. Synology⇒NASキットで有名な台湾のメーカー。高性能なNASが多いが専門知識が必要な場面も多い。
  3. QNAP⇒NASキットが人気のメーカー。SynologyよりもおしゃれなデザインのNASが多い点が特徴的

バッファロー製のNASと似ているのは、I-O DATA製のNASです。

しゅん

HDDレスモデルが選べる点も特徴です。

より本格的にNASを構築したいならSynologyやQNAPが良いでしょう。

関連記事【2021年版】家庭用NASのおすすめは?【選び方やメーカー比較も】

まとめ

バッファロー製NASの特徴やおすすめ機種を紹介しました。

しゅん

バッファロー製のNASを買うなら下記の4つから選ぶのがおすすめです。

バッファロー製NASのおすすめ
  1. LS210DGシリーズ⇒コスパ重視で初心者向き
  2. LS510DGシリーズ⇒速さと安定性重視の人向き
  3. LS520DGシリーズ⇒データ保護重視の人向き
  4. LS411DXシリーズ⇒テレビ録画や視聴向き

バッファロー製のNASは国内メーカー製なので、初心者の方でも安心して利用できる点と、価格が安い点が特徴です。

しゅん

他機種と比較すると、以下のような特徴があります。

他機種と比較
  1. I-O DATA⇒同じ国産メーカー。テレビ録画用や音楽専用のNASやHDDレスモデルもあり、よりNASの種類が多い
  2. Synology⇒NASキットで有名な台湾のメーカー。高性能なNASが多いが専門知識が必要な場面も多い。
  3. QNAP⇒NASキットが人気のメーカー。SynologyよりもおしゃれなデザインのNASが多い点が特徴的

海外製の高機能なNASに比べると性能は落ちますが、家庭で利用する分には特に問題は無いはずです。

しゅん

まずバッファロー製のNASを利用して、機能に不満を感じたらSynologyやQNAPを選ぶと良いでしょう。

1万円台から購入できる価格の安さが特徴的なので、初めての1台におすすめと言えます。

ぜひバッファロー製のNASを利用してみませんか?

【NAS】バッファローの特徴はどこ?【使い勝手が良く価格が安い】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(タップで移動できます)
閉じる