おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動している30代のメンズです。

普段使っているApple製品(MacBook Pro/iPad mini/iPhone)やおすすめのハイテク家電やガジェット、在宅勤務で使うインテリア家具や持っているとおしゃれな小物の選び方やレビューに加えて、Amazonのセールやサブスクの情報を紹介しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

\ 楽天スーパーセール開催中! /詳細を見る

【2022年版】NASのおすすめメーカーを比較する【SynologyとQNAPならどっち?特徴や違いも徹底解説】

【2022年版】NASのおすすめメーカーを比較する【SynologyとQNAPならどっち?特徴や違いも徹底解説】

この記事は、2022年版の家庭用NASのおすすめメーカーを比較しながら、特徴や違いを解説している記事です。

悩む人

自宅にNASを構築したいんだけど、どのNASがおすすめなのかな?2022年に買うべきメーカーが知りたいな!

という疑問に答えます。

実際、NASには様々な種類があり、家庭用から企業やSOHO用の超高機能な機種まで様々あります。

しゅん

僕自身、最初にNASを購入する時はSynologyにするか?QNAPにするか?どっちがいいのか?迷いました。

そこでこの記事では、2022年のNASのおすすめメーカーを比較しつつ、特徴や違いを解説していきます。していきます。

NASに興味がある!と言う人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【2022年版】NASのおすすめメーカーであるSynology・QNAP・I-O DATA・Buffaloの特徴とは?

まず最初に2022年にNASのおすすめメーカーの特徴を紹介していきます。

しゅん

Synology・QNAP・I-O DATA・Buffaloの特徴は下記の通りです。

NASのメーカーの特徴を比較する
  1. バッファロー⇒コスパ重視で初心者向け
  2. I-O DATA⇒種類が豊富でHDDレスモデルもある
  3. QNAP⇒本格的で高性能なNASキット
  4. Synology⇒NASキットで一番人気

順番に解説します。

バッファロー【コスパ重視で初心者向け】

まず最初にバッファローのNASであるLinkStationの特徴から解説していきます。

しゅん

バッファローのNASはHDD内蔵モデルが中心なので、コスパ重視で初心者の方に使いやすいモデルが多いです。

バッファローNASの特徴
  1. 日本メーカーのNASなので、安心感がある
  2. Amazonでも人気が高く、使っている人が多い
  3. HDD搭載モデルが中心なので、別にHDDを購入する必要がない
  4. 初心者でも簡単に使えるモデルが多い

このようにバッファローのNASは、初めてNASを使ってみたい人におすすめです。

しゅん

HDD内蔵モデルが中心で、組み立てする必要はありません。

また、日本メーカー製で使っている人が多いので、説明書の充実度やネット上の情報が多い点も安心できる点です。

難しい初期設定等は不安だから、簡単にNASを使ってみたい!と考えている人におすすめです。

\\コスパ重視で初心者向け//

ー今だけ!Amazonで売れ筋のNASはこちらからー

関連記事

下記の記事では、バッファローのNASであるLinkStationの評判はどうなのか?詳しく解説しています。

関連記事【バッファローのNAS】LinkStationの評判はどう?【評価が高い理由やおすすめモデルを徹底解説】

I-O DATA【種類が豊富でHDDレスモデルもある】

次にI-O DATAのNASであるLAN DISKの特徴について解説していきます。

しゅん

I-O DATAのNASはバッファローのNASと違って、HDDレスモデルがある点が一番の特徴です。

I-O DATAのNASの特徴
  1. バッファローと同じく日本メーカーのNASなので、安心感がある
  2. HDDレスモデルが有り、自分でHDDのメーカーや容量を選べる
  3. REC BOXと言うTVの録画やスマホ・タブレットでの視聴に特化した専用NASがある
  4. バッファローのNASよりも本格的にNASの構築ができる

I-O DATAのNASはHDD搭載モデルの他にHDDレスモデルがあります。

しゅん

自分でHDDを選べるので、後からHDDの交換が出来るなど、バッファローのNASよりも自由度が高いです。

そのため、保存するデータ容量がはっきりしていない方や、HDDを交換しながら使いたいけど日本メーカー製のNASがいい!という方は、I-O DATAのNASのがおすすめです。

バッファローのNASよりワンランク本格的なNASと言って良いでしょう。

\\HDDレスモデルが選べる//

ー今だけ!Amazonで売れ筋のNASはこちらからー

関連記事

下記の記事では、IODATA製NASのおすすめはどれなのか?REC BOXの特徴や評判もまとめて解説しています。

関連記事【IODATAのNAS】LAN DISKのおすすめはどれ?【REC BOXの特徴や評判もまとめて解説】

QNAP【本格的で高性能なNASキット】

次にQNAPのNASの特徴について解説していきます。

しゅん

QNAPのNASは本格的で高性能なNASキットである点が特徴です。

QNAPのNASの特徴
  1. 海外メーカー(台湾)製のNASなので、本格的で高性能
  2. HDDレスのNASキットのみで、必ずHDDを別に購入する必要がある
  3. モデルによって搭載できるHDDの数が違う
  4. HDDの交換が簡単なモデルや動画再生用のチップを搭載したモデルもある

QNAP製のNASは本格的なNASでバッファローやI-O DATAのNASよりも多くの機能を搭載しています。

しゅん

QNAPのNASは、サーバー機能や仮想化環境を作れるなど、データ保管以上の様々な機能があります。

その反面、初期設定などをしっかり行う必要があるので、NASの知識が多く必要になります。

データ保管としてNASを利用する以上に、様々な機能を使いたい人はQNAPのNASがおすすめです。

\\本格的で高性能なNASキット//

ー今だけ!Amazonで売れ筋のNASはこちらからー

関連記事

下記の記事では、QNAP製NASの評判はどうなのか?特徴やおすすめ機種、注意点をまとめて解説しています。

関連記事【QNAP】NASの評判はどう?【特徴や買うべきおすすめ機種、注意点もまとめて解説】

Synology【NASキットで一番人気】

最後にSynologyのNASの特徴について解説してきます。

しゅん

SynologyのNASはNASキットとして一番人気でAmazonでもよく売れています。

SynologyのNASの特徴
  1. 海外メーカー(台湾)製のNASなので、本格的で高性能
  2. HDDレスのNASキットのみで、必ずHDDを別に購入する必要がある
  3. モデルによって性能のグレードが違う
  4. Amazonでも人気があり、本格的なNASで迷った時に買うと間違いがない
  5. QNAPのNASよりもネット上に情報が多い
しゅん

僕自身も最初に購入したNASはSynologyだったほど、メジャーなメーカーです。

そのためネット上に情報も多く、迷ったらSynologyのNASを購入すると不安が少ないかもしれません。

Amazonでも人気で、タイミングによってはセールになることも多く、本格的なNASが欲しいなら、一番おすすめと言えるでしょう。

\\NASキットで一番人気//

ー今だけ!Amazonで売れ筋のNASはこちらからー

関連記事

下記の記事では、Synology製NASのおすすめ機種を比較しています。

関連記事【Synology】NASのおすすめを比較する【ds220jやds218play、ds120jの違いもまとめて解説】

【2022年版】NASのおすすめをメーカーの違いを比較する【Synology・QNAP・I-O DATA・Buffalo】

次はNASのおすすめメーカーの違いを徹底比較していきます。

しゅん

メーカー別の特徴は下記の通りです。

NASおすすめメーカーの違いを比較
  1. I-O DATAとバッファローを比較⇒HDD内蔵orHDDレスモデルがある点が大きな違い
  2. QNAPとSynologyを比較⇒先端機能の搭載スピードや安定度に違い

順番に解説していきます。

I-O DATAとバッファローを比較【HDD内蔵orHDDレスモデルがある点が大きな違い】

カバー画像

I-O DATAとバッファローを比較

【HDD内蔵orHDDレスモデルがある点が大きな違い】

まず最初にI-O DATAとバッファローのNASを比較していきます。

しゅん

どちらも国内メーカー製の安心感があり、初心者でも使いやすいです。

価格面ではバッファロー製のNASの方が安いので、Amazon等では人気があります。

一方で、I-O DATA製のNASはHDDレスモデルが選べる点が特徴です。

しゅん

少しでも安いNASがいいならバッファロー、HDDを自由に選びたいならI-O DATAのNASが良いでしょう。

QNAPとSynologyを比較【先端機能の搭載スピードや安定度に違い】

カバー画像

QNAPとSynologyを比較

【先端機能の搭載スピードや安定度に違い】

次にQNAPとSynologyのNASを比較を比較していきます。

しゅん

どちらもNASのメーカーとして老舗で、高性能な機種を多く販売しています。

Synology製NASの方がNASキットとして人気があり、多くの人が使っている印象です。

一方でQNAPのNASの方が、より最先端の機能を早く取り入れている印象があります。

しゅん

QNAPもSynologyも高性能なNASなので、よりNASを楽しむことができるでしょう。

関連記事

下記の記事では、おすすめのNAS用HDDであるWB redとironwolfの違いについて解説しています。

関連記事【2022年版】WB redやplus、ironwolfの違いとは?【おすすめのNAS用HDDを比較する】

【2022年版】NASおすすめの選び方とは?【ポイントは5つ】

次にNASおすすめの選び方を解説していきます

しゅん

より自分にあったNASを選ぶためのHDDやベイ数、機能のポイントは下記の通りです。

NASおすすめの選び方
  1. HDDの有無⇒コスパや拡張性が異なる
  2. ベイ数⇒複数のHDD搭載だとRAIDが組めファイルサーバー向き
  3. HDD容量⇒容量とコスパのバランスで選ぼう
  4. メンテナンス性⇒HDDの取り外しが簡単なNASキット
  5. マルチメディア機能⇒テレビ録画視聴の場合は大切

順番に解説します。

その① HDDの有無【コスパや拡張性が異なる】

まず最初のポイントはHDDの有無です。

しゅん

NASにはHDDを既に搭載している機種と、HDDが別売りのNASキットがあります。

HDDが既に組み込まれたNASは、買った後にすぐに使える点がメリットで、コスパが良い点が魅力です。

その反面、最初の段階でHDDの容量を選ばなくてはならないため、汎用性に欠ける部分がデメリットと言えます。

しゅん

HDDが別売りのNASキットと比較すると、価格面で下記のような違いがあります。

費用の違い
  • HDD内蔵モデル⇒1万円前後から購入可能
  • HDD別売りモデル⇒本体+HDDの合計で3万円から4万円前後が必要

このため、コスパを重視するならHDDが搭載されたNASを選ぶほうが良いでしょう。

しゅん

一方で、HDD別売りのNASキットは性能が高く拡張性が高い点が魅力です。

HDDの容量が足りなくなったら、交換することも可能ですし、機能面でも優れている場合が多いです。

NASとしての機能を十分に活かすなら、NASキット+別売りHDDを活用するのがベストな選択肢と言えます。

その② ベイ数【複数のHDD搭載だとRAIDが組めファイルサーバー向き】

次のポイントはベイの数です。

しゅん

ベイ数とは、単純にHDDを搭載できるスペースがいくつあるか?と言うことです。

HDDが①台搭載できる1ベイのNASだと、スリムでコンパクトなので邪魔にならない点がメリットです。

一方で複数台(2台や4台など)のHDDを搭載できるNASだと、RAIDと呼ばれるデータ保護や読み書きの高速化技術を利用することができます。

メジャーなRAIDの種類
  1. RAID 0(ストライピング)⇒データを複数のHDDに分散して保存することで、読み書きの速度を短縮する方法
  2. RAID 1(ミラーリング)⇒データを2台のHDDへ同時に書き込むことで、故障時のデータ保護を強化する方法
しゅん

上記のようなRAID機能を利用したい場合は、2ベイ以上のNASを選ぶ必要があります。

その③ HDD容量【容量とコスパのバランスで選ぼう】

またHDDの容量も重要なポイントです。

しゅん

HDDの容量はコスパで選ぶのがおすすめです。

HDDは容量の差ほど価格の違いが少ない場合が多いので、予算と容量のバランスが取れたHDDを購入するのが良いでしょう。

HDDを別途購入するNASキットの場合は、NAS専用のHDDやPC向けのスタンダードなHDDなど選択肢が広がります。

しゅん

データの重要性にもよりますが、どっちにするか?予算で選ぶと良いでしょう。

関連記事

下記の記事では、

関連記事【2021年版】NAS用HDDのおすすめはどれ?【WB redやplus、ironwolfの違いを比較】

その④ メンテナンス性【HDDの取り外しが簡単なNASキット】

次のポイントはメンテナンス性です。

しゅん

NASの中には電源を落とさなくてもHDDの交換が可能なホットスワップに対応したモデルがあります。

頻繁にHDDを交換する必要がある場合や、データの中身によってHDDを変えたい場合に便利な機能です。

NASを利用し始めると、思った以上に様々なデータを保存するようになります。

しゅん

HDDの容量が足りない!とか交換して使いたい!と感じる時があり、その場合にホットスワップに対応していると便利です。

基本的にはHDDが別売りのモデルになりますが、HDDの交換が非常に簡単に作られています。

その⑤ マルチメディア機能【テレビ録画視聴の場合は大切】

最後のポイントはマルチメディア機能です。

しゅん

特にテレビ番組の録画を視聴したい場合は注意が必要です。

テレビ録画をスマホやタブレットで視聴したい場合、下記のような規格に対応している必要があります。

テレビ録画視聴に必要な規格
  1. DLNA⇒パソコンやスマートフォンなどでマルチメディアファイルを共有する時に必要で、対応しているとファイル再生が可能
  2. DTCP-IP⇒著作権を保護する技術で、LANで経由で視聴やダビングが可能
  3. DTCP+⇒DTCP-IPを拡張した規格で、インターネットを経由して外部でも利用可能
しゅん

利用する端末全てで対応していないと、利用できないので注意が必要です。

【2022年版】NASのおすすめはどれ?【家庭用で自宅に構築したい人向き】

最後2022年におすすめのNASを解説していきます。

しゅん

ジャンルや用途別に下記の8つのモデルがおすすめです。

おすすめのNAS
  1. 安くて高コスパ⇒バッファロー製LS210DG
  2. 安いHDDレスモデル⇒I-O DATA製HDL2-AAX
  3. テレビ録画重視⇒バッファロー製LS411DX
  4. 音楽・オーディオ再生重視⇒I-O DATA製HDL-RA2HF
  5. エントリーモデルのNASキット⇒QNAP製S-230
  6. 一番人気のNASキット⇒Synology製DiskStation DS220j
  7. マルチメディア機能重視DiskStation DS218play
  8. 高性能モデル⇒QNAP製TS-453D

順番に解説していきます。

おすすめ① 安くて高コスパ【バッファロー製LS210DG】

LS210DG【バッファロー製でとにかく安いNAS】

まず最初に紹介するのが、安くて高コスパの『LS210DGシリーズ』です。

しゅん

2万円以下で購入できる価格の安さが特徴ですが、NASとしての基本性能はしっかり抑えています。

しかもHDDの容量が1TB・2TB・3TB・4TBの4種類から選べるので、PCやスマホのデータ保存用として利用するなら、十分な性能だと言えます。

国内メーカーのバッファロー製のNASなので、安心感も高いです。

しゅん

とにかく安いNASが欲しい人にピッタリです。

おすすめ② 安いHDDレスモデル【I-O DATA製HDL2-AAX】

HDL2-AAX【I-O DATA製でHDDレスモデルが選べる】

次に紹介するのが、『HDL2-AAXシリーズ』です。

しゅん

HDDを搭載しているモデルの他にHDDレスモデルがあるので、自分でHDDを選べる点が特徴です。

しかもHDDは2台搭載可能なので、RAID 0やRAID 1などを利用することが可能です。

国内メーカー製のNASでHDDレスモデルは珍しいので、QNAPやSynologyなどの海外メーカー製はハードルが高い!と感じる人におすすめです。

しゅん

本格的にNASを構築したいけど、国内メーカー製のNASがいい!と言う人におすすめです。

おすすめ③ テレビ録画重視【バッファロー製LS411DX】

LS411DX【バッファロー製のテレビ録画におすすめ】

NASの利用用途でテレビ録画を考えている人には、『LS411DXシリーズ』がおすすめです。

しゅん

自宅ネットに繋げるだけで、テレビやレコーダーに録り溜めた録画番組を楽しめる点が特徴です。

パソコンやテレビだけでなく、スマホやタブレットでも視聴可能なので、テレビ番組の録画が多い方に非常におすすめです。

汎用のNASに比べて価格が高めなのが少し残念ですが、機能を特化しているので使い勝手が良いです。

しゅん

録画した番組を整理したり、スマホやタブレットで見たい!という人におすすめです。

おすすめ④ 音楽・オーディオ再生重視【I-O DATA製HDL-RA2HF】

HDL-RA2HF【I-O DATA製でオーディオ用途向き】

音楽やオーディオの保管重視の方には『HDL-RA2HF』がおすすめです。

しゅん

FANレス設計やラバー製インシュレーターなど、音楽を聴くことを重視して作られています。

CDの取り込みはPC無しで可能ですし、『e-onkyo music』や『mora』で購入した音源は自動でダウンロードが可能です。

オーディオ専用のNASは少ないので、音楽のデータが多い方に非常におすすめです。

しゅん

汎用のNASには無い、独特の機能が音楽専用って感じのNASです。

おすすめ⑤ エントリーモデルのNASキット【QNAP製TS-230】

TS-230【QNAP製コスパ重視のエントリーモデル】

HDD別売りのNASキットの中で、コスパ重視なら『TS-230』がおすすめです。

しゅん

デザインがNASっぽくないですが、CPUやメモリの性能は高いです。

本体が2万円ほどで購入できるので、別途HDDを購入してもコスパが良いNASと言えます。

しかも簡単セットアップマニュアルがあるので、簡単に設定できる点も魅力です。

しゅん

NASキットを使ってみたいけど、難しいと困る人におすすめです。

おすすめ⑥ 一番人気のNASキット【Synology製DiskStation DS220j】

 DiskStation DS220j【Synology製の一番人気のNASキット】

多く人が利用している人気のNASが欲しいならSynology製の『DiskStation DS220j』がおすすめです。

しゅん

Amazonでも人気が高く、常にランキングの上位に入っています。

HDDを2台搭載できるスタンダードモデルで、RAIDを組んだり、アプリを追加してVPNサーバー等の機能を増やせることが可能です。

旧モデルの『DiskStation DS218j』と比べてCPUの性能がアップした点も魅力です。

しゅん

人気が高いためネットに情報量も多く、困ったときでも調べやすい点も魅力と言えます。

おすすめ⑦ マルチメディア機能重視【Synology製DiskStation DS218play】

DiskStation DS218play【Synology製のマルチメディア機能重視モデル】

動画再生能力が高いNASを選ぶなら『DiskStation DS218play』がおすすめです。

しゅん

リアルタイムで4K Ultra HDのビデオコード変換が可能になっているなど、より性能強化されている点が特徴です。

リアルタイムでビデオコード変換をしてくれるので、スマホやタブレットから動画を視聴してもコマ落ちすることが少なくなります。

HDDは2台搭載出来てRAIDも可能ですし、動画視聴が多い方に適したNASです。

しゅん

動画再生が多い方におすすめです。

おすすめ⑧ 高性能モデル【QNAO製TS-453D】

TS-453D【QNAP製の高性能モデル】

家庭用のNASよりもビジネスやSOHO向けの印象もありますが、高性能なNASが欲しいなら『TS-453D』がおすすめです。

しゅん

10GbEやSSDを追加することが出来るので、高速なストレージ環境を作れます。

搭載しているメモリの量も4GBと多く、サクサク動く点が特徴です。

家庭用のNASとしてはオーバースペック気味になりますが、高速なストレージ環境を作りたい方におすすめです。

しゅん

今後の拡張性を考えるならイチオシです。

まとめ

2022年NASのおすすめメーカーを比較しつつ、特徴や違いを紹介しました。

しゅん

NASのおすすめメーカーの特徴を比較すると下記のようになります。

NASのメーカーの特徴を比較する
  1. バッファロー⇒コスパ重視で初心者向け
  2. I-O DATA⇒種類が豊富でHDDレスモデルもある
  3. QNAP⇒本格的で高性能なNASキット
  4. Synology⇒NASキットで一番人気

このようにメーカーによって、初心者向けとか本格的なNASキットなど、大きな違いがあります。

このポイントに注意すると、自分に合ったNASが選べるはずです。

しゅん

そんなNASメーカーを含めて、2022年におすすめのNASは下記の通りです。

おすすめのNAS
  1. 安くて高コスパ⇒バッファロー製LS210DG
  2. 安いHDDレスモデル⇒I-O DATA製HDL2-AAX
  3. テレビ録画重視⇒バッファロー製LS411DX
  4. 音楽・オーディオ再生重視⇒I-O DATA製HDL-RA2HF
  5. エントリーモデルのNASキット⇒QNAP製S-230
  6. 一番人気のNASキット⇒Synology製DiskStation DS220j
  7. マルチメディア機能重視DiskStation DS218play
  8. 高性能モデル⇒QNAP製TS-453D

それぞれ用途や予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

しゅん

バッファローとIODATAは初心者寄りで、QNAPやSynologyは中・上級者向けという印象です。

NASには自作PCのように組み立てが可能なNASキットもありますし、買うだけですぐに使えるHDD内蔵モデルもあります。

その点を考慮した上で、自分にあったNASを選んでみてくださいね!

まとめ記事【NASって便利すぎ!】快適に使える理由や出来ることとは?【メリット&デメリットも徹底解説】

【2022年版】NASのおすすめメーカーを比較する【SynologyとQNAPならどっち?特徴や違いも徹底解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)