おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【2021年版】NASのおすすめはどれ?【オーディオ、テレビ録画などメーカー別に徹底比較】

この記事は、2021年版のNASのおすすめを紹介している記事です。

悩む人

自宅にNASを構築したいんだけど、どのNASがおすすめなのかな?2021年に買うべきメーカーが知りたいな!

という疑問に答えます。

実際、NASには様々な種類があり、家庭用から企業やSOHO用の超高機能な機種まで様々あります。

しゅん

僕自身、最初にNASを購入するときはどれにするか?結構迷いました。

そこでこの記事では、2021年最新版のおすすめのNASを徹底比較していきます。

NASに興味がある!と言う人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【2021年版】NASのおすすめはどれ?【コスパ・オーディオ・テレビ録画で比較】

それでは順番に2021年におすすめのNASを解説していきます。

しゅん

ジャンルや用途別に下記の8つのモデルがおすすめです。

おすすめのNAS
  1. 安くて高コスパ⇒バッファロー製LS210DG
  2. 安いHDDレスモデル⇒I-O DATA製HDL2-AAX
  3. テレビ録画重視⇒バッファロー製LS411DX
  4. 音楽・オーディオ再生重視⇒I-O DATA製HDL-RA2HF
  5. エントリーモデルのNASキット⇒QNAP製S-230
  6. 一番人気のNASキット⇒Synology製DiskStation DS220j
  7. マルチメディア機能重視DiskStation DS218play
  8. 高性能モデル⇒QNAP製TS-453D

順番に解説していきます。

関連記事【基準はここ!】家庭用NASの失敗しない選び方【HDDやベイ数、機能のポイントを徹底解説】

おすすめ① 安くて高コスパ【バッファロー製LS210DG】

LS210DG【バッファロー製でとにかく安いNAS】

まず最初に紹介するのが、安くて高コスパの『LS210DGシリーズ』です。

しゅん

2万円以下で購入できる価格の安さが特徴ですが、NASとしての基本性能はしっかり抑えています。

しかもHDDの容量が1TB・2TB・3TB・4TBの4種類から選べるので、PCやスマホのデータ保存用として利用するなら、十分な性能だと言えます。

国内メーカーのバッファロー製のNASなので、安心感も高いです。

しゅん

とにかく安いNASが欲しい人にピッタリです。

関連記事【NAS】バッファロー(LinkStation)の評判は?【おすすめをコスパや外付けHDDで徹底比較】

おすすめ② 安いHDDレスモデル【I-O DATA製HDL2-AAX】

HDL2-AAX【I-O DATA製でHDDレスモデルが選べる】

次に紹介するのが、『HDL2-AAXシリーズ』です。

しゅん

HDDを搭載しているモデルの他にHDDレスモデルがあるので、自分でHDDを選べる点が特徴です。

しかもHDDは2台搭載可能なので、RAID 0やRAID 1などを利用することが可能です。

国内メーカー製のNASでHDDレスモデルは珍しいので、QNAPやSynologyなどの海外メーカー製はハードルが高い!と感じる人におすすめです。

しゅん

本格的にNASを構築したいけど、国内メーカー製のNASがいい!と言う人におすすめです。

関連記事【NAS】IODATAの評判はどう?【HDDレスや音楽専用モデルが強み】

おすすめ③ テレビ録画重視【バッファロー製LS411DX】

LS411DX【バッファロー製のテレビ録画におすすめ】

NASの利用用途でテレビ録画を考えている人には、『LS411DXシリーズ』がおすすめです。

しゅん

自宅ネットに繋げるだけで、テレビやレコーダーに録り溜めた録画番組を楽しめる点が特徴です。

パソコンやテレビだけでなく、スマホやタブレットでも視聴可能なので、テレビ番組の録画が多い方に非常におすすめです。

汎用のNASに比べて価格が高めなのが少し残念ですが、機能を特化しているので使い勝手が良いです。

しゅん

録画した番組を整理したり、スマホやタブレットで見たい!という人におすすめです。

おすすめ④ 音楽・オーディオ再生重視【I-O DATA製HDL-RA2HF】

HDL-RA2HF【I-O DATA製でオーディオ用途向き】

音楽やオーディオの保管重視の方には『HDL-RA2HF』がおすすめです。

しゅん

FANレス設計やラバー製インシュレーターなど、音楽を聴くことを重視して作られています。

CDの取り込みはPC無しで可能ですし、『e-onkyo music』や『mora』で購入した音源は自動でダウンロードが可能です。

オーディオ専用のNASは少ないので、音楽のデータが多い方に非常におすすめです。

しゅん

汎用のNASには無い、独特の機能が音楽専用って感じのNASです。

おすすめ⑤ エントリーモデルのNASキット【QNAP製TS-230】

TS-230【QNAP製コスパ重視のエントリーモデル】

HDD別売りのNASキットの中で、コスパ重視なら『TS-230』がおすすめです。

しゅん

デザインがNASっぽくないですが、CPUやメモリの性能は高いです。

本体が2万円ほどで購入できるので、別途HDDを購入してもコスパが良いNASと言えます。

しかも簡単セットアップマニュアルがあるので、簡単に設定できる点も魅力です。

しゅん

NASキットを使ってみたいけど、難しいと困る人におすすめです。

関連記事【NAS】QNAPの評判はどう?【おすすめの2ベイ・4ベイモデルも徹底解説】

おすすめ⑥ 一番人気のNASキット【Synology製DiskStation DS220j】

 DiskStation DS220j【Synology製の一番人気のNASキット】

多く人が利用している人気のNASが欲しいならSynology製の『DiskStation DS220j』がおすすめです。

しゅん

Amazonでも人気が高く、常にランキングの上位に入っています。

HDDを2台搭載できるスタンダードモデルで、RAIDを組んだり、アプリを追加してVPNサーバー等の機能を増やせることが可能です。

旧モデルの『DiskStation DS218j』と比べてCPUの性能がアップした点も魅力です。

しゅん

人気が高いためネットに情報量も多く、困ったときでも調べやすい点も魅力と言えます。

関連記事【NAS】Synologyで買うべきおすすめは?【ds220jやds218play、ds120jの違いを比較】

おすすめ⑦ マルチメディア機能重視【Synology製DiskStation DS218play】

DiskStation DS218play【Synology製のマルチメディア機能重視モデル】

動画再生能力が高いNASを選ぶなら『DiskStation DS218play』がおすすめです。

しゅん

リアルタイムで4K Ultra HDのビデオコード変換が可能になっているなど、より性能強化されている点が特徴です。

リアルタイムでビデオコード変換をしてくれるので、スマホやタブレットから動画を視聴してもコマ落ちすることが少なくなります。

HDDは2台搭載出来てRAIDも可能ですし、動画視聴が多い方に適したNASです。

しゅん

動画再生が多い方におすすめです。

おすすめ⑧ 高性能モデル【QNAO製TS-453D】

TS-453D【QNAP製の高性能モデル】

家庭用のNASよりもビジネスやSOHO向けの印象もありますが、高性能なNASが欲しいなら『TS-453D』がおすすめです。

しゅん

10GbEやSSDを追加することが出来るので、高速なストレージ環境を作れます。

搭載しているメモリの量も4GBと多く、サクサク動く点が特徴です。

家庭用のNASとしてはオーバースペック気味になりますが、高速なストレージ環境を作りたい方におすすめです。

しゅん

今後の拡張性を考えるならイチオシです。

【2021年版】NASのおすすめをメーカー別に徹底比較【Synology・QNAP・I-O DATA・バッファロー】

次は2021年に買うべきNASのメーカーを徹底比較していきます。

しゅん

メーカー別の特徴は下記の通りです。

NASのメーカー比較
  1. バッファロー製⇒コスパ重視で初心者向け
  2. IODATA製⇒種類が豊富でHDDレスモデルもある
  3. QNAP製⇒本格的で高性能なNASキット
  4. Synology製⇒NASキットで一番人気

順番に解説していきます。

比較① I-O DATAとバッファローのNASを比較

まず最初にI-O DATAとバッファローのNASを比較していきます。

しゅん

どちらも国内メーカー製の安心感があり、初心者でも使いやすいです。

価格面ではバッファロー製のNASの方が安いので、Amazon等では人気があります。

一方で、I-O DATA製のNASはHDDレスモデルが選べる点が特徴です。

しゅん

少しでも安いNASがいいならバッファロー、HDDを自由に選びたいならI-O DATAのNASが良いでしょう。

比較② QNAPとSynologyのNASを比較

次にQNAPとSynologyのNASを比較を比較していきます。

しゅん

どちらもNASのメーカーとして老舗で、高性能な機種を多く販売しています。

Synology製NASの方がNASキットとして人気があり、多くの人が使っている印象です。

一方でQNAPのNASの方が、より最先端の機能を早く取り入れている印象があります。

しゅん

QNAPもSynologyも高性能なNASなので、よりNASを楽しむことができるでしょう。

関連記事【2021年版】NAS用HDDのおすすめは?【WB redやplus、ironwolfの違いを徹底比較】

まとめ

2021年最新版のNASのおすすめを紹介しました。

しゅん

2021年におすすめのNASは下記の通りです。

おすすめのNAS
  1. 安くて高コスパ⇒バッファロー製LS210DG
  2. 安いHDDレスモデル⇒I-O DATA製HDL2-AAX
  3. テレビ録画重視⇒バッファロー製LS411DX
  4. 音楽・オーディオ再生重視⇒I-O DATA製HDL-RA2HF
  5. エントリーモデルのNASキット⇒QNAP製S-230
  6. 一番人気のNASキット⇒Synology製DiskStation DS220j
  7. マルチメディア機能重視DiskStation DS218play
  8. 高性能モデル⇒QNAP製TS-453D

それぞれ用途や予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

しゅん

バッファローとIODATAは初心者寄りで、QNAPやSynologyは中・上級者向けという印象です。

NASには自作PCのように組み立てが可能なNASキットもありますし、買うだけですぐに使えるHDD内蔵モデルもあります。

その点を考慮した上で、自分にあったNASを選んでみてくださいね!

まとめ記事【NAS活用術】初心者向けの自宅に構築する方法から導入方法まで徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる