最終更新日 : 2018/10/09

 

この記事では【NASのおすすめ機種を使い方別に比較・紹介】します。

 

おすすめのNASが知りたい!

 

どのNASを選ぶべき?

 

という悩みに答えます。

 

このNASを購入して分かったのですが、これだけ種類があると「正直どれにすればいいのかわからない・・・」という方はいらっしゃると思います。

 

それを解決する【本当におすすめな使い勝手の良いNASの人気機種を、価格別に分かりやすく紹介】します。

『NAS』の選び方の基本

『NAS』の選び方
  1. 簡単なNAS? 高性能なNAS?
  2. HDDが付属?別売り?
  3. 国内メーカー製?海外メーカー製?

簡単なNAS? 高性能なNAS?

『NAS』は【初心者の方でも簡単にスマホの写真や動画をバックアップが簡単に出来る機種】から【上級者向けの高級機種】まで様々なタイプがあります。

 

機種によって価格も大幅に変わるため、自分の使いたい機能を一度確認することが大切です。

 

HDDが付属?別売り?

『NAS』は【HDD内蔵か?別売りか?】でも選択肢が多くあります。

 

HDD内蔵タイプの方が手軽ですし、別売りの機種は『NAS』の他にHDDの容量や性能を自由に選べます。

 

国内メーカー製?海外メーカー製?

『NAS』を製造しているメーカーは【国内のメーカーと海外のメーカー】があります。

 

国内メーカーは説明書等も充実していますし、初心者の方でも簡単に使えますし、海外メーカーは機能が充実して高性能です。

 

このように選択肢は様々あるので、予算や欲しい性能で比較するのがおすすめです。

『NAS』のおすすめ⑧選

おすすめ『NAS』⑧選
  1. 初心者向け『HDL-TA1
  2. ワンランク上の性能『LS510D0201G
  3. カメラ・スマホ専用『HLS-PG1
  4. 動画視聴に特化『LS411D0201X
  5. 初めて構築する方に『DS218j
  6. おしゃれな外観『TS-228A
  7. 高性能な『DS918+
  8. 次世代のNAS『TS-453Be

おすすめ『NAS』I-O DATA『HDL-TA1』

HDL-TA1』は【入門モデルで初心者の方でも簡単に設定できるNAS】です。

 

とにかく安くて簡単なNASが欲しい時におすすめです。

 

『NAS』がどんなものか体験したいけど【性能が高くて設定なども簡単な機種がいい】という方に向いているモデルです。

 

入門モデルですが日本製ですし、はじめてのNASにおすすめです。

チェックポイント

  1. I-O DATA製の入門モデル
  2. 『NAS』を体験したい人におすすめ
  3. 日本製で、はじめての『NAS』におすすめ

おすすめ『NAS』バッファロー『LS510D0201G』

LS510D0201G』はバッファロー製のNASで2018年10月15日発売です。

 

先程の『HDL-TA1』よりも性能が高く、デュアルコアCPUを搭載しているので【同時アクセスしてもスピードが低下しにくい】です。

 

動画等のアップロードの時間も短縮できますしを快適に使いたい方におすすめです。

 

『USBポート』が付いているので【データをさらにバックアップ】出来ますし、『DTCP-IP』に対応した機種を使うと【録画した番組を別の部屋にあるテレビで見る】ことができます。

 

『wifiルーター』でバッファロー製を利用しているなら、設定画面も似ているので、違和感なく使えます。

 

入門モデルよりワンランク上の性能を求めるならおすすめです。

チェックポイント

  1. バッファロー製のNAS
  2. デュアルコアCPU内蔵でサクサク動く
  3. ワンランク上の性能を求めるならおすすめ

おすすめ『NAS』I-O DATA『HLS-PG1』

HLS-PG1』は【カメラ・スマホ専用のNAS】です。

 

スマホの写真や動画をパソコン経由で保存するのは面倒ですよね!

 

しかし『HLS-PG1』は【パソコンなしで保存することが可能】なんです。

 

形も普通の『NAS』よりおしゃれなで【家電のようなゴツゴツした感じ】がありません。

 

シンプルに写真や動画の保存がカンタンな『NAS』が欲しい方におすすめです。

チェックポイント

  1. カメラ・スマホ専用の『NAS』
  2. パソコン不要で利用できる
  3. シンプルな性能を求めるならおすすめ

おすすめ『NAS』バッファロー 『LS411D0201X』

LS411D0201X』は【録画番組の再生に特化したNAS】です。

 

TV番組は録画しているけど、時間が無くてなかなか見れない・・・」という悩みはありませんか?

 

この『LS411D0201X』はスマホやタブレットで、テレビやレコーダーに録り溜めた番組を見る機能に特化しています。

 

複雑な設定が不要で【アプリから簡単に設定可能】ですし、初心者の方でも安心です。

 

録画専用の『NAS』が欲しいならおすすめです。

チェックポイント

  1. 録画番組の再生に特化した『NAS』
  2. スマホやタブレットでどこでも視聴可能
  3. 録画番組の再生機能が欲しいならおすすめ

おすすめ『NAS』Synology 『DS218j』

DS218j』は【本格的なNASを構築したい方におすすめのNAS】です。

 

HDDが別売りなので【容量のチョイスやRAIDを組む自由度】が上がります。

 

データ管理から動画や音楽の保存の基本性能は十分ですし、アプリを追加すると、VPNサーバー等の機能を増やせます。

 

初心者向けの『NAS』よりも初期設定が必要な部分はありますが、機能の豊富さと自由度は非常に高いです。

 

初めて『NAS』を構築したい方に一番おすすめです。

チェックポイント

  1. 本格的なNASが構築できる
  2. 充実の基本性能と、設定の幅広さが魅力
  3. 初めて『NAS』を構築したい人におすすめ

おすすめ『NAS』QNAP『TS-228A』

TS-228A』は【2台のHDDが内蔵出来る高性能NAS】です。

 

ポイントは、ゴツゴツ感がなくおしゃれな外見をしている点です。

 

外見はスッキリしているのに機能は充実していて、基本性能の他に、誤ったデータ削除、ウィルス感染、ランサムウェア攻撃時に以前のデータに短時間で復元可能な機能が内蔵されています。

 

パソコンからの設定はもちろんですが、50種類以上のアプリでスマホからも簡単に設定できます。

 

おしゃれな『NAS』を構築したい方におすすめです。

チェックポイント

  1. 2台のHDDが内蔵出来る高性能NAS
  2. 外見がすっきりしていておしゃれ
  3. 見た目もいい『NAS』を構築したい方におすすめ

おすすめ『NAS』Synology 『DS918+』

DS918+』は【ワンランク上の性能を持つ高機能NAS】です。

 

HDDを4台搭載】できるので容量は十分ですし、HDDの交換が手軽です。

 

この他にも【NVMe SSD】を搭載可能なので、頻繁にデータをやり取りする時のスピードを向上させることが出来ます。

 

写真の整理をAIが自動で分類してくれますし、以前の機種に比べてファイル管理が簡単になっています。

 

高性能な『NAS』を構築したい方におすすめです。

チェックポイント

  1. ワンランク上の性能を持つNAS
  2. HDD4台搭載可能でNVMe SSDも搭載出来る
  3. とにかく高性能な『NAS』を構築したい方におすすめ

おすすめ『NAS』QNAP『TS-453Be』

TS-453Be』は【10GbEとSSD化に対応した次世代のNAS】です。

 

オプションの拡張カードを利用することで、より高速な環境を構築できるのが特徴です。

 

拡張カードの設置はPC用のPCI Expressカードとまったく同じなので、組み込む時の違和感がありません。

 

とにかく早い『NAS』を構築したいなら、一番おすすめの機種です。

チェックポイント

  1. 10GbEとSSD化に対応した『NAS』
  2. 桁違いのスピードを体験できます
  3. とにかく高速化したい方におすすめ

『NAS』はどれを選ぶべき?

『NAS』のおすすめ
  1. 『NAS』初心者や低予算の場合
  2. 『NAS』を初めて構築する場合
  3. 高性能『NAS』を構築する場合

『NAS』初心者や低予算の場合

NASを使ってみたい♪

 

できるだけ安く済ませたい

 

『NAS』を使ってみたい場合や安く済ませたい場合は【HDDを内蔵しているNASを選ぶのがおすすめ】です。

 

具体的には【I-O DATAやバッファロー製のNAS】が国内メーカー製でサポートも安心です。

 

1つ選ぶなら、バッファロー製の『LS510D0201G』がおすすめです。

 

エントリーモデルよりもワンランク上の性能ですが価格もお手頃です。

『NAS』を初めて構築する場合

本格的にNASを構築したい♪

 

HDDを自由に選びたい!

 

本格的に『NAS』を構築したい場合は【HDDを自由に選べる『NAS』を選ぶのがおすすめ】です。

 

SynologyやQNAPのNAS】が候補です。

 

1つ選ぶなら、Synology製の『DiskStation DS218j』がおすすめです。

 

性能と価格のバランスが良く人気機種なので情報量も豊富です。

 

初めて『NAS』を構築する場合でも安心して作成できるでしょう。

高性能『NAS』を構築する場合

とにかく高機能のNASを構築したい

 

サクサク快適に使いたい

 

高性能『NAS』を構築する場合は【基本性能が高い『NAS』を選ぶのがおすすめ】です。

 

SynologyやQNAPのNAS】が候補です。

 

1つ選ぶなら、QNAP製の『TS-453Be』がこの用途におすすめです。

 

基本性能が非常に高いので、どんな使い方をしても満足できるでしょう。

 

家庭で使うには十分すぎる性能ですし、小規模なオフィスでも使えます。

 

高性能な『NAS』を構築したい時におすすめです。

まとめ : 用途別に『NAS』を選ぼう

おすすめ『NAS』⑧選
  1. 初心者向け『HDL-TA2
  2. ワンランク上の性能『LS510D0201G
  3. カメラ・スマホ専用『HLS-PG1
  4. 動画視聴に特化『LS411D0201X
  5. 初めて構築する方に『DS218j
  6. おしゃれな外観『TS-228A
  7. 高性能な『DS918+
  8. 超高速化する方に『TS-453Be

おすすめの『NAS』を使い方別に紹介しました。

 

NASの使い方が分からなくて、買うのに不安な部分があるかと思います。

 

最近のNASは【LANケーブルを繋ぐだけで使用できるNAS】や【スマホのアプリだけで設定できるのもある】ので安心です。

 

NASを使用すると、ファイルの管理だけでなく動画をテレビや外出先で見れるようになります。

 

1台あるだけで快適になるNASを使ってみませんか?

 

以上、NASのおすすめ⑧選を紹介しました。

 

   
振込手数料を無料にする節約術
note logo

振替手数料が高い!!!

自分の口座の間で移したいだけなのに・・・

ATMを往復するのが面倒・・

そんな振込手数料を0円にする方法

紹介しています。