おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【NAS】IODATAの評判はどう?【HDDレスや音楽専用モデルが強み】

【NAS】IODATAの評判はどう?【HDDレスや音楽専用モデルが強み】

この記事はIODATA製NASの評判や特徴を紹介している記事です。

悩む人

IODATA製のNASが欲しいなって思っているんだけど、どんな機種があるのかな?特徴や評判も知りたいな!

という疑問に答えます。

NASについて調べると、どのメーカーを選べばいいか?迷いますよね!

しゅん

IODATA製のNASは、国内メーカー製の使い勝手の良さと価格の安さが特徴です。

そこでこの記事では、IODATA製のNASの評判や特徴とおすすめのNASを紹介していきます。

IODATA製のNASに興味がある人は是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【NAS】IODATAの評判はどう?【HDDレスや音楽専用モデルが強み】

まず結論から。

しゅん

IODATA製のNASは、HDDレスや音楽専用モデルが好評です。

具体的には下記のような特徴があります。

IODATA製NASの特徴
  1. HDDレスモデルのNASキットもある
  2. 機能を特化した専用のNASがある

順番に解説します。

関連記事【NASって便利すぎ!】快適に使える理由や出来ることとは?【メリット&デメリットも徹底解説】

その① HDDレスモデルのNASキットもある

IODATA製のNASは、HDDが内蔵していないNASキットがある点が特徴です。

しゅん

自分好みのメーカーや容量のHDDを選ぶことができる点がメリットです。

例えば、同じ国内メーカーのバッファローの場合は、全てHDD内蔵のモデルだけなので、その点は大きく違います。

一方で、QNAPやSynologyのNASは多少の専門知識が必要になるので、難易度が上がります。

しゅん

その点でHDDレスのNASキットが欲しいけど、簡単な方が良い!と言う人におすすめです。

関連記事【2021年版】NAS用HDDのおすすめは?【WB redやplus、ironwolfの違いを徹底比較】

その① 録画や音楽など機能を特化した専用のNASがある

またIODATA製のNASはテレビ録画や音楽再生など機能を特化したNASが特徴です。

しゅん

テレビ録画をスマホやタブレットで見れる機種やと、オーディオ用に特化したNASがあります。

これらの用途で利用するなら、PCのデータ保管用NASよりも使い勝手が良いでしょう。

通常のNASよりも価格が高くなりますが、特化した形で利用するなら非常におすすめです。

しゅん

用途が決まっているなら、よりおすすめできます。

【NAS】IODATAのおすすめはどれ?【HDDレスやテレビ録画・オーディオ専用】

次にIO-DATA製NASのおすすめを4つ紹介します。

しゅん

用途別に下記の④つがおすすめです。

IODATA製NASのおすすめ
  1. コスパ重視⇒『HDL-TAシリーズ
  2. HDDレスモデルが選べる⇒『HDL2-AAXシリーズ
  3. テレビ録画用⇒『HVL-AASシリーズ
  4. オーディオ用⇒『HDL-RA2HF

順番に解説します。

関連記事【2021年版】NASのおすすめはどれ?【オーディオ、テレビ録画などメーカー別に徹底比較】

その① コスパ重視なら『HDL-TAシリーズ』

created by Rinker
アイ・オー・データ

初心者の方が初めて利用するNASとして『HDL-TAシリーズ』がおすすめです。

HDDの容量は1TB・2TB・3TB・4TBから選べます。

しゅん

Amazonで人気が高く、価格も安くて設定が手軽な点が特徴です。

また外付けHDDのような外観で、コンパクトな点も魅力です。

また内蔵されているHDDはWestern Digital製のHDDなので、信頼性が高いです。

CPUなどの性能がアップしたモデルも発売されていますが、価格が高くなるのでエントリーモデルを選んだほうがコスパが良いでしょう。

しゅん

最初に買うNASとしておすすめです。

created by Rinker
アイ・オー・データ

その② HDDレスモデルが選べる『HDL2-AAXシリーズ』

『HDL2-AAXシリーズ』は安定性重視のNASが欲しい人におすすめです。

HDDの容量は2TB・4TB・6TB・8TB・12TB・16TB・HDD無しから選べます。

しゅん

データ容量の選択肢が多く、RAID 0やRAID 1を選べる点が特徴的です。

HDDを2台搭載しているのでデータ保護に強みがありますし、CPUがデュアルコアなので性能も高いです。

この『HDL2-AAXシリーズ』より旧製品の『HDL2-AAシリーズ』もありますが、値段も大きく変わらないので新しいモデルを購入したほうが良いでしょう。

しゅん

HDD無しモデルのNASキットもあるので、自分好みのHDDを選ぶことも可能です。

関連記事【2021年版】NAS用HDDのおすすめは?【WB redやplus、ironwolfの違いを徹底比較】

その③ テレビ録画用なら『HVL-AASシリーズ』

テレビ番組の録画が多いなら『HVL-AASシリーズ』がおすすめです。

HDDの容量は2TB・3TB・4TBから選べます。

しゅん

DTCP-IP対応テレビでならテレビが変わっても再生できるので、故障時や買い替えたときでも安心です。

またフォルダの分類やタイトルの編集が可能なので、コンテンツを整理できます。

さらにSONY製テレビ視聴アプリ『PC TV Plus』に対応しているので、WindowsPCならアプリを使って視聴することも可能です。

しゅん

テレビ番組の管理用のNASを探している人におすすめのモデルです。

その④ オーディオ用なら『HDL-RA2HF』

IODATA製のNASとして一番ユニークなのが、オーディオ用に特化した『HDL-RA2HF』です。

HDDの容量は2TB・3TBから選べます。

しゅん

ハイレゾ音源を楽しむことを探求し設計されているので、FANレス設計やラバー製インシュレーターを搭載しています。

PC無しでCDから音楽を取り込むことが出来たり『e-onkyo music』や『mora』と連携しているので、購入後自動でダウンロード出来ます。

また、メディアサーバー機能やUSB-DACと組み合わせてネットワークプレーヤーにすることも可能です。

しゅん

通常のNASとはかなり違う独特の機能を有しているので、オーディオ用のNASが欲しい人におすすめです。

結論&まとめ

IODATA製NASの評判やおすすめを紹介しました。

しゅん

IODATA製NASの特徴は下記の通りです。

IODATA製NASの特徴
  1. HDDレスモデルのNASキットもある
  2. 機能を特化した専用のNASがある
しゅん

IODATA製のNASを買うなら下記の4つがおすすめです。

IODATA製NASのおすすめ
  1. コスパ重視⇒『HDL-TAシリーズ
  2. 速さと安定性重視⇒『HDL2-AAXシリーズ
  3. テレビ録画用⇒『HVL-AASシリーズ
  4. オーディオ用⇒『HDL-RA2HF

IODATA製のNASは種類も豊富で、HDDレスモデルやテレビ録画やオーディオに特化しているモデルが有る点が特徴です。

バッファロー製のNASよりも種類が豊富で、NASに力を入れている印象です。

しゅん

HDDもWestern Digital製なので、信頼性は高いです。

バッファローと同程度の価格帯ですが、より手軽に使いたい人に向いているNASです。

個人的にはバッファロー製のNASよりも、IODATA製のNASの良いのかな?という印象があります。

そんなIODATA製のNASを使ってみませんか?

まとめ記事【NAS活用術】初心者向けの自宅に構築する方法から導入方法まで徹底解説

created by Rinker
アイ・オー・データ
【NAS】IODATAの評判はどう?【HDDレスや音楽専用モデルが強み】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる