おすすめ記事

iPhone本体だけ購入してその後にすべきことまとめ【初期設定の方法や注意点もまとめて解説】

本記事にはPRが含まれます
iphone本体だけ購入してその後にすべきことまとめ【初期設定の方法や注意点もまとめて解説】

独自に調査やテスト、レビューを行いおすすめの良いものを紹介しています。
詳しくは記事作成ポリシーをご覧ください。

この記事はiPhone本体だけを購入したその後にすべきことをまとめた記事です。

悩む人

iPhone本体だけを購入しようと思っているんだけど、その後に設定とかセットアップは難しいのかな?

と言う疑問に答えます。

普段、キャリアショップでスマホを乗り換えていると、SIMフリーのiPhone本体だけを購入した場合、その後に何をすればいいんだろう?って疑問に思いますよね!

しゅん

僕自身、キャリアショップのiPhoneは価格が高いので、Appleオンラインストアで購入することが多いです。

そこでこの記事では、iPhone本体だけを購入したその後にすべきことにはどんなことがあるのか?注意点を順番に解説していきます。

iPhone本体だけの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

しゅんのプロフィール画像

しゅん(この記事を書いた監修者)

レビュー歴10年以上。好きが高じてサイトでApple製品やハイテク家電をさまざま紹介。
生活を豊かにする製品をお得に買う方法を紹介中!

詳しいプロフィールはこちらから


目次(タップで移動できます)

iPhone本体だけを購入するのは難しい?やめた方がいい?

まず結論から。

しゅん

iPhoneを使用する上で、本体だけを購入すると様々なメリットがあります。

例えば本体だけを購入した方が安く購入できる場合が多く、契約条件などの縛りも本体の支払いに関することだけのこと多いです。

さらにiPhone本体のみの購入は、使用環境に柔軟に対応できるという利点もあります。

しゅん

現在使用しているSIMカードや通信プランをそのまま継続しつつ、端末だけを最新のものに変更することが可能です。

これにより通信費の節約したり、お気に入りのプランを維持しながら、最新のiPhoneを楽しむことができます。

しかもiPhone本体だけを購入しても難しい点はなく、初期設定も簡単に行うことが可能です。

しゅん

実際、iPhone本体だけを購入すると、下記のようなメリットやデメリットがあります。

\\iPhoneの本体だけを購入するメリットやデメリット//

メリットデメリット
大手キャリアで購入するより価格が安い
中古のiPhoneならよりコスパが高い
格安SIMなら日々のコストも下げられる
キャリアの割引キャンペーンは使えない
初期設定は自分で行う必要がある
中古の場合は商品の状態に注意が必要

以上の点を踏まえるとiPhone本体だけを購入する方法は、自由度が高く、長期的に見ればコストを抑えることができます。

一方で、キャンペーンの利用や初期設定を自分で行うなど、考慮すべき点も多いことがわかります。

しゅん

つまり手軽さを求めるのか?コスパを求めるのか?など自分の使用状況や予算に合わせて、最適な選択をすることが重要です。

次の項目では、具体的なメリットやデメリットを掘り下げて紹介します。

iPhone本体だけを購入するメリット

iPhone本体だけを購入するメリット
  • 大手キャリアで購入するより価格が安い
  • 中古のiPhoneならよりコスパが高い
  • 格安SIMなら日々のコストも下げられる

iPhone本体のみを購入する最大のメリットは、自由度の高さです。

しゅん

iPhone本体のみはApple Storeなどで購入でき、大手キャリアで購入するよりも安く買える点が魅力です。

例えばiPhone 15Proの128GBの価格をAppleストアと大手キャリアで比較すると下記のような違いがあります。

\\iPhone 15Proの価格比較//

価格
Appleストア159,800円
ドコモ192,060円
au180,360円
ソフトバンク185,760円
2024/01/09現在(割引等を適用しない価格)
しゅん

このように割引等を考慮しない場合、Appleストアで購入する方が約2万円から3万円程度安く買うことが可能です。

この他にも新品だけでなく中古市場も活用することで、予算に応じた選択が可能です。

中古ショップでは、品質管理が徹底された商品が多く、安心して購入できる環境が整っています。

しゅん

例えば、イオシスやゲオのような専門店では、年間数十万台の販売実績があり、信頼できる品質の商品を提供しています。

さらに、ahamoやUQモバイルなどの格安SIMとの組み合わせにより、月々の通信費の節約も期待できます。

このようにiPhone本体だけを購入すると、コスパよく機種交換できる点が魅力です。

関連記事

下記の記事では、iPhoneはデメリットしかない!と言われる理由にはどんなものがあるのか?紹介しています。

関連記事iPhoneはデメリットしかない!と言われる理由とは?【不便すぎて良さがわからない人にメリットを解説】

iPhone本体だけを購入するデメリット

iPhone本体だけを購入するデメリット
  • キャリアの割引キャンペーンは使えない
  • 初期設定は自分で行う必要がある
  • 中古の場合は商品の状態に注意が必要

しかし、iPhone本体だけを購入する場合、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。

しゅん

大手キャリアで利用可能な割引プランなどを活用することはできません。

例えば一定期間経過後にキャリアにiPhoneを返却することで残りの支払いを免除してくれるキャンペーンなどは利用できません。

また購入したiPhoneのセットアップや初期設定を行う必要がある点もデメリットに感じる方がいます。

しゅん

この他にも中古市場での購入を検討する場合、商品の状態を正確に把握することが重要です。

このようにiPhone本体のみを購入した場合は、大手キャリアで購入するよりも手間がかかる点がデメリットと言えるでしょう。

関連記事

下記の記事では、iPhoneとAndroidではどっちが長く使えるのか?将来性やコスパなどの違いを比較しています。

関連記事iPhoneとAndroidで長く使えるのはどちら?【将来性やコスパ、寿命や耐久性の違いを徹底比較】

iPhone本体だけを購入してその後のセットアップや初期設定は難しい?

iPhone本体だけを購入してその後のセットアップや初期設定は難しい?

ではiPhoneの本体だけを購入してその後のセットアップや初期設定は難しいのか?解説していきます。

しゅん

僕自身が購入したiPhone 15Proの初期設定を実際に行った様子を紹介します。

iPhone本体のみを購入した場合、データ移行などの基本的なセットアップは自分で行う必要があります。

データ移行するには、複数の方法がありますが、一番手軽なのがクイックスタートを利用する方法です。

初期設定開始前のiPhone
しゅん

今まで利用していたiPhoneを近づけるだけで、データ移行をしてくれるので、簡単にデータを移行することが可能です。

画面表示される指示に従って言語、地域、Wi-Fiネットワークなどを選択します。

iPhoneの地域や言語を設定する画面
しゅん

次は、古いiPhoneからデータを移行します。

クイックスタートを利用すると、iPhoneが勝手に古いiPhoneを検索して設定の準備をしてくれます。

iPhone 13からiPhone 15 Proのクイックスタートの画面
しゅん

あとは画面の従うだけなので、基本的に難しい作業はありません。

ほぼ自動的に古いiPhoneから新しいiPhoneに基本的な設定を移行してくれます。

iPhone 13からiPhone 15 Proのデータ移行画面
しゅん

設定以外のデータについては、このままデータを移行する方法とiCloudを利用する方法が選べます。

手軽なのはこのままクイックスタートを利用する方法なので、特に理由がなければこのままデータ移行を完了すると良いでしょう。

iPhoneのデータ移行設定画面
しゅん

このようにiPhone本体だけを購入した場合でも、Wi-Fi設定、Apple ID情報、基本設定が新しいiPhoneに転送されるので、非常に簡単です。

そのため普段はキャリアショップでデータ移行をしてもらっている方でも、簡単にデータ移行することが可能です。

iPhone本体だけを購入した方でも安心して利用できるのかな?と思います。

関連記事

下記の記事では、iPhone 15を実際に使ってわかったポイントを紹介しています。

関連記事iPhone 15 Proは評判悪い?【実際に使って分かったメリット&デメリットを徹底レビュー】

iPhone本体だけを購入する前に知っておきたい注意点

最後にiPhone本体だけを購入する前に知っておきたい注意点を解説していきます。

しゅん

簡潔にQ&A形式で紹介します。

SIMフリーのiPhoneを購入したらキャリアに伝える必要はある?

新しいiPhoneで電話やネットが使えれば、キャリアに連絡しなくてもOKです。

ただしMy docomoなどに登録している機種が異なるので、気になる方は機種情報の設定・変更をしておきましょう。

SIMカードはいつ差し替えるタイミングはいつ?

iPhoneのデータ移行前でも移行後でもどちらでも構いません。

と言うのも、クイックスタートでデータ移行している間にSIMカードを使ったデータ通信はしていないので、前でも後でもどちらでも良いのです。

SIMフリーのiPhoneは中古でも大丈夫?

中古のiPhoneの場合も今回紹介したようにデータ移行をする必要がある点は留意しましょう。

購入するiPhoneのモデルや状態、保証内容をしっかりと確認すると安心して使えます。

関連記事

下記の記事では、中古スマホに危険性はあるのか?注意点を紹介しています。

関連記事中古スマホに危険性はある?【ウイルスやハッキングで情報漏えいの可能性や不具合などの注意点をまとめて解説】

まとめ

この記事はiPhone本体だけを購入したその後にすべきことをまとめました。

しゅん

iPhone本体だけを購入するのは、下記のようなメリットやデメリットがあります。

\\iPhoneの本体だけを購入するメリットやデメリット//

メリットデメリット
大手キャリアで購入するより価格が安い
中古のiPhoneならよりコスパが高い
格安SIMなら日々のコストも下げられる
キャリアの割引キャンペーンは使えない
初期設定は自分で行う必要がある
中古の場合は商品の状態に注意が必要
しゅん

簡潔にまとめると、iPhone本体だけを購入するとコスパよく購入できますが、その後の設定は必要になります。

しかし基本的な設定やデータの移行は新しいiPhoneと古いiPhoneを近づけるだけで完了するので、不安に思う必要はないのかな?と感じます。

もちろんキャリアショップで購入した方が、困ったときにサポートを受けられるメリットがあります。

しゅん

しかし価格面などを考えると、iPhone本体だけを購入するのもおすすめですよ!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事【2024年】殿堂入りの人生で買ってよかったもの【30代や40代のメンズにおすすめの家電や家具まとめ】

目次(タップで移動できます)