おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。

おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

\ Amazonタイムセール祭り開催中 /詳細を見る

【悲報】iPhoneにバンパーは意味ない?【メリットや全面保護ケースより劣るデメリットもまとめて解説】

【悲報】iPhoneにバンパーは意味ない?【メリットや全面保護ケースより劣るデメリットもまとめて解説】

この記事は、iPhoneにバンパーは意味ないのか?を解説している記事です。

悩む人

iPhoneにバンパーって意味無いの?ケースなしの方がかっこいいと思うんだけど、デメリットもあるのかな?

と言う疑問に答えます。

iPhoneはデザインもおしゃれですし、ケース無しで利用したほうがかっこいいのかな?って思いますよね!

しゅん

しかし見た目重視でバンパーの利用は意味ないと言われると不安になりますよね!

そこでこの記事では、iPhoneのバンパーは意味ないのか?かっこいいケース無しでもキズをつけない方法を解説していきます。

iPhoneにバンパーは意味ないのか?知りたい人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

iPhoneにバンパーは意味ない?【全面保護ケースより保護力は劣るけど見た目重視でかっこいい】

デザイン【スターライトは少し暖かい印象のある明るい色】
カバーを付けていないiPhone 13

まず結論から。

しゅん

iPhoneでバンパーの利用は、全面タイプのケースに比べて保護力は劣りますが、見た目重視でかっこいいです。

と言うのも、iPhoneはケースなしで利用するとかっこいいですが、キズがつきやすいです。

iPhone 13購入後につけたキズ跡
iPhone 13の画面のキズ
しゅん

僕の場合は画面に傷がついてしまいましたが、側面や背面も同様です。

そのため側面や落下時の衝撃を和らげる効果を期待するなら、バンパーの利用価値があります。

しかもiPhoneは安いモデルでも5万円以上しますし、上位機種なら約20万円ほどとかなり高額です。

しゅん

そのためキズや破損を防ぎたい!と考えているなら、バンパーを利用する意味があるでしょう

しかも保護ケースに比べて厚みも少なく、重量も大きく変わりません。

さらに全面を覆うタイプのように、排熱で熱くなる!という心配もありません。

しゅん

このようにiPhoneにバンパーを取り付けるのは、見た目重視でも実用性と言う部分でも意味があるといえます。

関連記事

下記の記事では、iPhone 13は待つべき?買わないほうがいい?と悩む人に新色スターライトの色合いも含めて実機レビューで解説しています。

関連記事iPhone 13は待つべき?買わないほうがいい?【スターライトはどんな色なのか?実機レビューで解説】

【悲報】iPhoneにバンパーのメリットや全面保護ケースより劣るデメリットを徹底解説

バンパーケース【全面のケースよりも保護力は劣るけど意味はある】

次にiPhoneにバンパーを取り付けるメリットとデメリットについて掘り下げていきます。

しゅん

今回はiPhone 13にYMXPYというメーカーのiPhone13Pro/iPhone13用アルミバンパーケースを取り付けてみました。

実際に利用して感じるメリットとデメリットは下記の通りです。

メリットデメリット
iPhoneのかっこよさが損なわれない
側面のキズや破損を保護してくれる
シリコンフレームで、画面やカメラが直接テーブルに当たらない
普通のケースよりも種類が少ない
サイズが一回り大きくなる
保護力は普通のケースに劣る

順番に解説します。

メリット【保護ケースに比べてiPhoneの美しさを感じられる】

バンパーの液晶画面のイメージ
液晶画面が数ミリ浮くのでキズがつきにくい

先ず最初にメリットから解説していきます。

しゅん

バンパーは保護ケースに比べてiPhoneの美しさを損なわない点がメリットです。

側面の部分だけをカバーするので、裏側のデザインはiPhone本体の見た目のままです。

そのためiPhone本体のデザインを損ないたくない場合は、バンパーの方がおすすめです。

しゅん

またバンパーは、シリコンの部分が画面やカメラの部分よりも大きいので、本体が直接テーブル等に触れないのでキズがつきにくいです。

iPhoneに取り付けたバンパーの背面画面
カメラの部分も高さがあるのでキズがつきにくい
しゅん

エッジの部分は落下した時に傷が付きやすいので、安心感が高まります。

このようにiPhoneの美しさを損なわずに、キズや破損を防ぐことが出来る点が、バンパーの魅力です。

デメリット【保護ケースに比べて種類が少ない】

次にデメリットを解説していきます。

しゅん

バンパーは保護ケースに比べて、種類が少ない点がデメリットです。

以前はバンパーの種類も豊富で、様々なバンパーを試すことができました。

しかし最近はバンパーの種類が減って、入手も難しくなっています。

しゅん

僕自身も店舗では良いバンパーを見つけることができず、Amazonで購入しました。

このようにバンパーは以前よりも種類が減って、入手しにくい点がデメリットといえます。

関連記事

下記の記事では、iPhone 13におすすめのアクセサリーや便利グッズを紹介しています。

関連記事【2022年版】iPhone 13におすすめのアクセサリー&便利グッズ【使ってよかった周辺機器まとめ】

iPhoneにバンパーを使うならガラスフィルムもセットで使うのがおすすめ

ne】ケースなしでも本体にキズをつけない保護対策を徹底解説【バンパーケースは意味ない?】

最後にiPhoneとバンパーの組み合わせをより強化する方法を紹介します。

しゅん

次にキズが付きやすい液晶画面も、ガラスフィルムあると安心です。

ガラスフィルムはAmazonで人気の評価が高いNIMASOの保護フィルムがおすすめです。

【スマホ】ガラスフィルムは意味ない?いらない?【キズを付けたくないなら貼るべき】
しゅん

品質が良く透明度が高いので、取り付けていても違和感がありません。

また取り付けの際のツールキットが充実していて、安心して取り付けることができます。

【iPhone 13】nimasoの保護フィルムを貼ってみた【貼り方・見た目・耐久性】
NIMASOの取り付けグッズ
しゅん

ガラスフィルムは取り付けても違和感がない点が魅力です。

バンパーだけでは不安な方におすすめですし、細かいキズ等もつきにくくなります。

価格も安いので、バンパーと組み合わせて利用するのがおすすめです。

メリットデメリット
画面のキズが付きにくくなる
品質が高く画面の見え方に違和感がない
取り付けは難しく無いけど、慎重さが必要

まとめ

ne】ケースなしでも本体にキズをつけない保護対策を徹底解説【バンパーケースは意味ない?】

iPhoneにバンパーは意味ないのか?解説しました。

iPhoneはケースなしだとかっこいいですが、傷が付きやすい点が難点です。

しゅん

見た目を損なわずに保護力を強化するには、バンパーを利用する意味があります。

iPhoneにケースでもキズを付けない方法
  1. バンパーケース⇒全面のケースよりも保護力は劣るけど意味はある
  2. ガラスフィルム⇒キズが付きやすい液晶画面もあると安心

この2つのアクセサリーを利用するだけで、傷が付く心配が少なくなります。

しゅん

特にバンパーは周りだけをカバーするので、表面と背面はかっこいいままです。

iPhoneに取り付けたバンパーの背面画面
しゅん

カメラの部分や液晶画面が直接テーブル等に接地しないので、キズがつきにくい点がメリットです。

またガラスフィルムも利用したほうが良いでしょう。

【スマホ】ガラスフィルムは意味ない?いらない?【キズを付けたくないなら貼るべき】
しゅん

ガラスフィルムは取り付けていても、見た目は大きく変わらず画面のキズを防いでくれるので、安心感が増します。

iPhoneはケース無しの方がかっこいいですが、キズの心配があるので最低限、バンパーやガラスフィルムを利用すると安心です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

まとめ記事【悲報】みんなiPhoneで気持ち悪い?【どれを買うべきなのか?おすすめの選び方を徹底解説】

【悲報】iPhoneにバンパーは意味ない?【メリットや全面保護ケースより劣るデメリットもまとめて解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)