おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。

おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

【TP-Link】Deco X50を評価レビュー【Wi-Fi6対応デュアルバンドのメッシュWi-Fi】

【TP-Link】Deco X50を評価レビュー【Wi-Fi6対応デュアルバンドのメッシュWi-Fi】

この記事はTP-LinkのメッシュWi-FiであるDeco X50を評価レビューしている記事です。

悩む人

TP-LinkのDeco X50に興味があるんだけど、機能や使い勝手はどう?詳しいレビューが知りたいな!

と言う疑問に答えます。

TP-LinkのメッシュWi-Fiは、種類が豊富でコスパも良いので人気がありますよね!

しゅん

しかしTP-LinkのメッシュWifiは複数の種類があり、どれを選ぶのが正解なのか?選択が難しいのも事実です。

そこでこの記事では、Deco X50のデザインや設定・接続方法、使い勝手などを詳しく評価レビューしていきます。

Deco X50が知りたい人は、是非参考にしてみてください。

この記事は、メーカー様から製品を提供いただき、執筆しています。

目次(タップで移動できます)

【TP-Link】Deco X50を評価する【Wi-Fi6対応デュアルバンドのメッシュWi-Fi】

【TP-Link】Deco X50を評価する【Wi-Fi6対応デュアルバンドのメッシュWi-Fi】

まず結論から。

しゅん

TP-LinkのDeco X50は、最新規格のWi-Fi6に対応した高性能なメッシュWi-Fiです。

Deco X50の特徴
  • デュアルバンド対応のメッシュWi-Fi
  • AI搭載でネットワークの利用状況に応じて最適な環境を構築
  • 最新の規格Wi-Fi6に対応
  • 5GHzと2.4GHzの合計で最大3000Mbpsの通信が可能
  • ギガビットポートを3つ搭載
  • 最新セキュリティ規格WPA3やTP-Link HomeShieldに対応
  • 3年保証で故障時も安心

特徴的なのがAIを搭載している点で、利用状況を学習した上で最適なWi-Fi環境を作ってくれます。

しゅん

元々メッシュWi-Fi自体が建物全体をカバー出来るルーターですが、この機能のおかげで、より快適なネット環境を作ることが可能です。

しかもLANポートを3つ搭載しているので、有線接続しか出来ないPCやネット端末が多い場合に便利です。

セキュリティの部分でも最新規格のWPA3やTP-Link HomeShieldが利用できるなど、安心です。

しゅん

基本機能は充実していますし、より快適なネット環境を作りたい人におすすめのメッシュWi-Fiと言えます。

【TP-Link】Deco X50をレビューする【デザイン/接続方法/スピードや使い勝手】

【TP-Link】Deco X50をレビューする【デザイン/接続方法/スピードや使い勝手】
同封品はDeco X50本体と電源アダプター、LANケーブルとマニュアル

今回2ユニットパックをご提供いただきました。

それでは順番に、TP-LinkのメッシュWi-FiであるDeco X50をレビューしていきます。

しゅん

デザインや設定・接続方法、スピードや使い勝手のポイントは下記の通りです。

Deco X50のポイント
  1. デザイン⇒白を基調としたコンパクトで邪魔にならないデザイン
  2. 設定・接続方法⇒アプリを利用して簡単に初期設定が可能
  3. スピードや安定性⇒部屋を移動しても安定したスピードを計測
  4. 使い勝手⇒アプリで接続端末や通信速度のチェックなど様々な確認が出来る
  5. 不満点・デメリット⇒トライバンドにしたいならDeco X90などにする必要がある

順番に解説します。

デザイン【白を基調としたコンパクトで邪魔にならないデザイン】

デザイン【白を基調としたコンパクトで邪魔にならないデザイン】
本体のサイズは110×110×114mm

まず最初にDeco X50の全体的なデザインからレビューしていきます。

しゅん

Deco X50の本体は、白を基調としたコンパクトで邪魔にならないデザインです。

実際、同じTP-LinkのArcher AX4800と比較すると、非常にコンパクトなサイズに収まっています。

TP-Link Deco X50とArcher AX4800のサイズ比較
TP-Link Deco X50とArcher AX4800のサイズ比較

アンテナ内蔵タイプなので、かなり小さく見えます

しゅん

この他にもiPhone 13と比較すると、このようなサイズ感になります。

TP-Link Deco X50とiPhone 13のサイズ比較
Deco X50の本体とiPhone 13のサイズ比較
しゅん

また高音質なスマートスピーカーのSONOS ONEと比較すると、一回り以上コンパクトです。

TP-Link Deco X50と高音質なスマートスピーカーのSONOS ONEのサイズ比較
TP-Link Deco X50と高音質なスマートスピーカー SONOS ONEのサイズ比較

このようにWi-Fiルーターとして非常にコンパクトなので、場所を選ばずに設置出来るでしょう。

しゅん

また背面の部分を見てみると、Deco X50の特徴であるギガビットポートが3つ搭載されています。

TP-Link Deco X50のギガビットポート
WAN/LANを自動判別するギガビットポートを3つ搭載

このギガビットポートは、WAN/LANを自動判別してくれる点が魅力です。

通常のメッシュWi-Fは、1つか2つのギガビットポートの場合が多いので、有線LANを利用するデバイスが多い場合に重宝するでしょう。

しゅん

また電源アダプターも白を基調としたデザインで、Deco X50と同じような質感になっています。

TP-Link Deco X50の本体と電源アダプター
電源アダプターも白を基調としたコンパクトなデザイン
しゅん

Deco X50は、サイズがコンパクトですしデザインもおしゃれに仕上がっているメッシュWi-Fiと言えるでしょう。

設定・接続方法【アプリを利用して簡単に初期設定が可能】

TP-Link Deco アプリの画面

次にDeco X50の初期設定についてレビューしていきます。

しゅん

Deco X50は、アプリを利用して簡単に初期設定が可能です。

\\Deco X50の設定・管理用アプリ//

TP-Link Deco
TP-Link Deco
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ

上記のアプリをインストールして、画面の指示に従うだけで初期設定は完了します。

Decoアプリの設定開始画面
しゅん

ただし、事前に下記の準備をしておいた方がよりスムーズに設定出来るでしょう。

事前に準備するとスムーズなもの
  1. メールアドレス⇒アプリの利用に必要になる
  2. アプリ用のパスワード⇒アプリのログイン等に必要になる
  3. ネットワークの名前(SSID)⇒自分で接続先(Deco)の名前を決める必要がある
  4. SSIDのパスワード⇒SSIDのパスワードも自分で設定する必要がある
しゅん

また、本体下部のLEDライトでもDecoユニットの状況が確認できます。

TP-Link Deco X50の問題がない時のLEDランプ
問題がない時は緑色のLEDランプが点灯
しゅん

SSIDの名前やパスワードを準備しておけば、アプリの指示に従うだけなので、悩むことはないでしょう。

Deco X50の設定完了画面

このように初期設定はアプリ上からも本体のLEDからも確認できる点は、手軽だと思います。

関連記事

TP-Link公式サイトでは、Decoアプリの使い方が解説されているので、必要な場合にチェックすると良いでしょう。

スピードや安定性【部屋を移動しても安定したスピードを計測】

次にスピードや安定性についてレビューしていきます。

しゅん

Deco X50は、部屋を移動しても安定したスピードを計測できました。

同じTP-LinkのArcher AX4800を利用した時のスピードは下記の通りです。

Archer AX4800のスピード測定結果
Archer AX4800の実測スピード
しゅん

同じ条件(ルーターは1階、PCは真上の2階)で、Deco X50のスピードを測定すると下記のようになりました。

TP-Link Deco X50の実測スピード
TP-Link Deco X50の実測スピード

ダウンロードのスピードは同程度ですが、アップロードのスピードは早くなりました。

インターネットの環境が良い場合は、もっと快適なスピードを計測するはずです。

しゅん

それ以上に感じたのは、建物全体のネット環境が良くなったことです。

1階に1台、2階にもう一台のDeco X50を設置してみましたが、電波の状況が良くなった印象です。

電波が届く範囲が広がり、スピードが低下しにくくなりました。

しゅん

AI機能を搭載しているおかげで、普通に利用するだけでネット環境を改善してくれる効果が出ているんだと思います。

設置して終わりではなく、波の状況を常に改善したい場合は、良い選択肢と言えそうです。

使い勝手【アプリで接続端末や通信速度のチェックなど様々な確認が出来る】

次に使い勝手の部分をレビューしていきます。

しゅん

Decoアプリを利用すると、接続端末の状況や通信速度など様々な確認をすることが可能です。

通常、Wi-Fiルーターを初期設定した後に管理画面にログインすることは少ないと思います。

しかしDeco X50は、アプリを利用するだけで様々な情報をチェック出来ます。

Decoアプリで出来ること
  • Decoユニットの状況確認やDecoの追加、バージョンアップ
  • 接続している端末の種類や台数の確認
  • 接続している端末のリアルタイムのスピードチェック
しゅん

例えばDecoユニットの状況は、下記のように確認できます。

Decoアプリのユニット状況確認画面
Decoユニットの状況をチェックできます
しゅん

今回2台のユニットを利用しましたが、2台ともに問題なく利用できていることが確認できます。

また接続しているデバイスの状況やリアルタイムのスピードをチェックすることが可能です。

Decoアプリのデバイス状況の確認画面
接続しているデバイスもチェック出来る
しゅん

初期設定だけでなく、いつもアプリを利用して状況を確認できるのは便利だと思います。

不満点・デメリット【トライバンドにしたいならDeco X90などにする必要がある】

最後に不満点・デメリットをレビューしていきます。

しゅん

Deco X50はデュアルバンドに対応したメッシュWi-Fiです。

そのため接続する端末が多い場合など、トライバンドのメッシュWi-Fiと比較して、安定性が悪くなる場合があります。

もちろん、自宅で利用する場合はデュアルバンドでも問題ない場合が多いですが、トライバンドに魅力を感じる方は注意が必要です。

しゅん

ちなみにTP-Linkでトライバンドに対応したメッシュWi-Fiには、Deco X90があります。

しゅん

このDeco X90は、トライバンドに対応して高性能な分だけDeco X50に比べると価格が高めです。

デュアルバンドのメッシュWi-Fiでも問題ない人が多いと思いますが、トライバンドを利用したい!と考えている人は注意しましょう。

【TP-Link】Deco X50とX60/X20との違いを比較する【スピードやストリーム数、有線LANポート】

最後にTP-LinkのメッシュWifiとして人気のDeco X60やDeco X20と、今回レビューしたDeco X50の違いを比較していきます。

しゅん

Decoシリーズの3機種を比較すると、下記のようになります。

スクロールできます
Deco X50のイメージ
Deco X50
Deco X60やX20のイメージ
Deco X60
Deco X60やX20のイメージ
Deco X20
Wifiの速度
(5GHz)
2402Mbps 2402Mbps 1201Mbps
Wifiの速度
(2.5GHz)
574Mbps574Mbps574Mbps
ストリーム数4ストリーム6ストリーム4ストリーム
有線ポートギガビットポート×3ギガビットポート×2ギガビットポート×2
重量484g581g583g
価格24,800円30,800円20,800円
Deco X50/X60/X20の比較
しゅん

シンプルに性能面で言うと、DecoX60・Deco X50・Deco X20の順番になります。

Deco X60は5GHz帯は2402Mbpsのスピードで6ストリームなので、混雑にも強い点がメリットです。

一方で、Deco X50はスピードは同等ですが、4ストリームにグレードがダウンします。

しゅん

Deco X20はスピードもストリーム数もグレードダウンしますが、価格面で一番安い点がメリットです。

これ以外の部分では、今回レビューしたDeco X50は有線LANポートの数が多い点が魅力です。

接続する有線LANの数が多い場合に優位ですし、中間のモデルなので性能と価格のバランスが取れている点が一番の魅力です。

しゅん

どのモデルもそれぞれ良さがありますが、一番バランスが取れているのがDeco X50かな?と感じます。

まとめ

【TP-Link】Deco X50をレビューする【デザイン/接続方法/スピードや使い勝手】

TP-Link製のメッシュWi-FiであるDeco X50の評価レビューをまとめました。

しゅん

TP-LinkのDeco X50は、最新規格のWi-Fi6に対応した高性能なメッシュWi-Fiと言えます。

Deco X50の特徴
  • デュアルバンド対応のメッシュWi-Fi
  • AI搭載でネットワークの利用状況に応じて最適な環境を構築
  • 最新の規格Wi-Fi6に対応
  • 5GHzと2.4GHzの合計で最大3000Mbpsの通信が可能
  • ギガビットポートを3つ搭載
  • 最新セキュリティ規格WPA3に対応していて、セキュリティも安心

一方で、2パックのセットでも3万円以下で買えるコスパの良さも魅力です。

しゅん

実際に利用してみると、以下の部分が印象に残りました。

Deco X50のポイント
  1. デザイン⇒白を基調としたコンパクトで邪魔にならないデザイン
  2. 設定・接続方法⇒アプリを利用して簡単に初期設定が可能
  3. スピードや安定性⇒部屋を移動しても安定したスピードを計測できる
  4. 使い勝手⇒アプリで接続端末や通信速度のチェックなど様々な確認が出来る
  5. 不満点・デメリット⇒トライバンドにしたいならDeco X90などにする必要がある

最近はメッシュWi-Fiも種類が増えていますが、価格も手頃で新しいルーターに乗り換えるなら、良い選択肢だと思います。

是非参考にしてみてくださいね!

まとめ記事【2022年版】最強おすすめのWifiルーターはどれ?【自宅の広さ別に最適なモデルの選び方や注意点も解説】

【TP-Link】Deco X50を評価レビュー【Wi-Fi6対応デュアルバンドのメッシュWi-Fi】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
戻る
目次(タップで移動できます)
閉じる