MENU
プロフィール背景画像
しゅん
レビューするブロガー
暮らしや生活の便利グッズ・おすすめ最新家電のレビューブログです。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone・NAS)
・ 電化製品(スマート家電・Wi-Fiルーター)
・ ネット関係(SIM・ホームルーター・サブスクリプション・Amazon)
・ 収納・掃除グッズ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。
【Amazon】ブラックフライデー&サイバーマンデー攻略法はこちらから

【無線LANルーター】戸建てのおすすめは?【設置場所や中継機も】

この記事は戸建てにおすすめの無線LANルーターを紹介している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

戸建てで利用する無線LANルーターはどれを選べばいいの?設置場所や電波が届かない時は中継機とか必要?

という疑問に答えます。

無線LANルーターは数が多すぎて、戸建てに合っているのはどれなのか?分からないですよね!

実際、戸建ての場合はしっかり選ばないと、機種によっては電波が届かない状況になってしまう可能性があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのため電波が強く、高性能タイプを選ぶ必要があります。

そこでこの記事では、戸建て(2階建てや3階建て)におすすめの無線LANルーターの選び方やおすすめモデル、設置場所や中継機の利用などの注意点をまとめました。

戸建て向きのルーターを探している人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【無線LANルーター】戸建てにおすすめのモデルはどれ?【選択肢は③つ】

まず結論から。

しゅんのアイコン画像しゅん

戸建て向きの無線LANルーターは1万円~2万円前後の高性能モデルを選ぶ必要があります。

と言うのも、マンションなどのワンルームに比べて、家のサイズが大きく仕切られている部分が多いです。

そのため、パワー不足のモデルだと電波状況が悪くなります。

しゅんのアイコン画像しゅん

そこでおすすめなのが、アンテナの向きを変えられて、電波の方向を変えられるモデルです。

アンテナの向きを変えられると、WiFiを利用したい部屋の方向に電波を届きやすくなります。

そこでおすすめなのが、下記の③つのWiFiルーターです。

戸建てにおすすめのルーター
  1. RT-AX56U』⇒メッシュWiFi化も可能な高性能モデル
  2. Archer AX20』⇒Wi-Fi6対応の最新モデル
  3. WXR-5700AX7S/N』⇒バッファロー製のおすすめモデル
しゅんのアイコン画像しゅん

全てアンテナの向きを変えられる機種です。

順番に掘り下げて解説します。

おすすめ① RT-AX56U【AUSUの戸建てにおすすめの無線LANルーター】

RT-AX56U【AUSUの戸建てにおすすめの無線LANルーター】

最初に紹介するのが、ASUSの無線LANルーター『RT-AX56U』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

アンテナが2本付いているモデルで、2020年に発売された最新モデルです。

WiFi 6やIPv6にも対応しているモデルで、スピードは1201Mbps+574Mbpsが出ます。

またメッシュWi-Fi化することも可能な点が特徴で、部屋中に電波を届かせたい時におすすめのモデルです。

しゅんのアイコン画像しゅん

上位機種に『RT-AX3000』と言うモデルがありますが、価格が高く普通に利用するにはオーバースペックだと思います。

商品名RT-AX56U
メーカーASUSTek
スピード1201Mbps+574Mbps
機能WiFi6(11ax)対応
IPv6対応
有線LANポート×4
特徴メッシュWi-Fi化出来る最新モデル
サイズ223.5mm×129.3mm×47.5mm
重量約456g

おすすめ②Archer AX20【TP-Linkの戸建てにおすすめの無線LANルーター】

Archer AX20【TP-Linkの戸建てにおすすめの無線LANルーター】

次に紹介するのは、TP-Link製の無線LANルーター『Archer AX20』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

Wi-Fi6対応の最新モデルです。

Wi-Fi6とは、次世代のWi-Fiで、スピードアップや省エネ性能に優れている規格です。

Wi-Fi6対応ルーターとして安い価格ですし、設定のしやすさも特徴的です。

スピードの速さと繋がりやすさを考えると、今後長く使える無線LANルーターだと言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

3階建てに適したモデルです。

商品名Archer AX20
メーカーTP-Link
スピード1201 Mbps(5GHz) + 574 Mbps(2.4GHz)
機能ビームフォーミング
TWT(ターゲット・ウェイク・タイム)
有線LANポート×4
特徴最新Wi-Fi6対応モデル
サイズ33.4×24.5×7.7cm
重量約860g

おすすめ③ WXR-5700AX7S/N【バッファローの戸建てにおすすめ無線LANルーター】

WXR-5950AX12【バッファローの戸建てにおすすめ無線LANルーター】

最後に紹介するのが、バッファロー製の無線LANルーター『WXR-5700AX7S/N』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

国内メーカーの安心感と、高機能で人気のモデルです。

アンテナが4本ついたWi-Fi 6に対応した最新モデルで、日本住宅向けに設計されている点が特徴です。

非常に高機能の無線LANルーターなので、ゲームなどだけでなくテレワークなどでも安心して使えます。

国内メーカー製の安心感と、最新の無線LANルーターを利用したい人に、おすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

上位モデルの『WXR-5950AX12』はかなり高額なので、使う人を選ぶでしょう。

商品名WXR-5700AX7S/N
メーカーバッファロー
スピード4,803Mbps
1,147Mbps
機能ビームフォーミング
TWT(ターゲット・ウェイク・タイム)
10Gbps対応LANポート×4
特徴Wi-Fi 6と11ax対応モデル
サイズ300mm×195mm×75mm
重量約1.6kg

【無線LANルーター】設置場所や中継機などの注意点

戸建てにおすすめの無線LANルーターを③つ紹介しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

次に快適に使うために、設置場所や中継機の注意点を解説していきます。

無線LANルーターの注意点
  1. 設置場所⇒出来るだけ部屋の中央に置く
  2. 中継機⇒電波を良くする難易度が高い
  3. メッシュWiFi⇒部屋全体をカバーするならおすすめ

順番に解説していきます。

その① 無線LANルーターの設置場所は出来るだけ部屋の中央に置こう

まず無線LANルーターの設置場所ですが、出来るだけ部屋の中央に置きましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

無線LANルーターは円を描くように電波が広がっていく特徴があります。

そのため可能な限り部屋の中央に設置したほうが、戸建て全体をカバーすることが可能です。

もちろん今回紹介したアンテナ付きモデルは、電波の方向を変えられるのでそこまでシビアに考えなくてもOKです。

しかし端に設置するよりも、中央に設置したほうが電波が届きやすい点は、理解しておきましょう。

その② 無線LAN中継機の利用は難易度が高いです。

次に電波状況が悪い時に利用する無線LAN中継機は注意が必要です。

しゅんのアイコン画像しゅん

僕自身使いましたが、結構クセがあり、使いこなすには難易度が高いです。

具体的には、以下のような部分が難しいです。

無線LAN中継機の不満点
  1. 電波状況が改善するとは限らない
  2. 電波が不安定でスピードが遅くなる場合がある
  3. 場所によってネットワーク名(SSID)を変える必要がある
  4. ネットワーク名(SSIDの)を変えずに利用すると繋がらなくなる
  5. 無線LANルーターを買い替えた方がラクだし効果大
しゅんのアイコン画像しゅん

無線LAN中継機は使うのをやめてしまったので、無線LANルーター本体をしっかり選ぶほうが良いでしょう。

関連記事【悲報】無線LAN中継器はおすすめしません【欠点が多く難易度が高い】

その③ 部屋全体をカバーするならメッシュWiFiもおすすめ

また戸建て全体をカバーしたい場合は、最初からメッシュWiFiを選んだほうがラクです。

しゅんのアイコン画像しゅん

メッシュWiFiは元々部屋全体をカバーすることを考えられていて、子機の追加も手軽です。

新しい考え方の無線LANルーターですが、最近種類も増えてきて選びやすくなりました。

メッシュWiFiの価格も下がってきているので、とにかく部屋全体で快適に使いたい!という方は、メッシュWiFiも検討してみましょう。

関連記事【2020年版】メッシュWi-Fiのおすすめとその選び方【大手⑤社を比較】

まとめ

戸建てにおすすめの無線LANルーターを紹介してきました。

しゅんのアイコン画像しゅん

特に建物のサイズが大きい場合は、アンテナ付きの無線LANルーターがおすすめです。

電波の方向を変えられるので、戸建てに合わせて設置が可能です。

そんなアンテナ付きの無線LANルーターのおすすめは下記の③つです。

戸建てにおすすめのルーター
  1. RT-AX56U』⇒メッシュWiFi化も可能な高性能モデル
  2. Archer AX20』⇒Wi-Fi6対応の最新モデル
  3. WXR-5700AX7S/N』⇒バッファロー製のおすすめモデル

上記のモデルなら、どれでも快適にWi-Fiを利用できるハズです。

しゅんのアイコン画像しゅん

また無線LANルーターの注意点は下記の通りです。

無線LANルーターの注意点
  1. 設置場所⇒出来るだけ部屋の中央に置く
  2. 中継機⇒電波を良くする難易度が高い
  3. メッシュWiFi⇒部屋全体をカバーするならおすすめ

設置場所や中継機の利用を考えている人は、是非参考にしてみてください。

ぜひ、自宅のサイズに合わせて無線LANルーターを選んでみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次(タップで移動できます)
閉じる