MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

一軒家におすすめの無線LANルーターは?【2階・3階建て向けの⑥選】

この記事は一軒家(2階建てや3階建て)におすすめの無線LANルーターを紹介しています。

悩む人のアイコン画像悩む人

一軒家で利用する無線LANルーターはどれを選べばいいの?

という疑問に答えます。

無線LANルーターは数が多すぎて、どれを選べばいいか分からないですよね!

しゅんのアイコン画像しゅん

戸建ての場合は電波が強く、高性能タイプを選ぶと快適に利用できます。

そこで、一軒家(2階建てや3階建て)におすすめの無線LANルーターの選び方とおすすめのモデルを紹介します。

目次(タップで移動できます)

一軒家向けの無線LANルーターの選び方とは?

マンションなどのワンルームに比べて、家のサイズが大きく仕切られている部分が多いため、パワー不足のモデルだと電波状況が悪くなります。

しゅんのアイコン画像しゅん

もちろん高性能モデルだと価格が高くなりますが、1万円から2万円前後のモデルが目安になります。

また、電波状況がより快適になるメッシュWi-Fiもおすすめできます。

具体的には下記の3つのポイントに合わせて選びましょう。

選び方のポイント
  1. 電波が強くアンテナの向きが変えられる
  2. 接続台数は多めがおすすめ
  3. 規格を確認する

それでは順番に解説していきます。

マンション等のワンルームタイプのおすすめは【2020】無線LANルーターのおすすめ④選【マンションや一人暮らし向け】で解説しています。

電波が強くアンテナの向きが変えられる方がベスト

しゅんのアイコン画像しゅん

一軒家向きの無線LANルーターはアンテナの向きを変えられるモデルがおすすめです。

一軒家の場合は2階建てや3階建てなど、家の大きさが大きく変わります。

また設置する場所によって、電波状況が悪い部屋が出る心配もあります。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのため、アンテナの向きを変えて電波状況を改善できるモデルが安心でしょう。

サイズは大きくなりますが、パッと見た時にアンテナが見える無線LANルーターを選ぶと安心です。

接続台数が多めがおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

同時に接続できる台数は多めがおすすめです。

一軒家の場合は長く利用することが多いでしょうし、どんどんWi-Fiを利用する端末が増えているのも事実です。

同時に利用する台数が多くなると、無線LANルーターはスピードが低下する傾向があります。

そのため接続できる台数が多い無線LANルーターを選ぶと、長く利用することが出来ますし、快適に利用できます。

規格を確認する

しゅんのアイコン画像しゅん

無線LANには様々な規格があり、最新の規格に対応している無線LANルーターがおすすめです。

規格通信速度メリットデメリット
IEEE802.11b11Mbps障害物に強い速度が遅い
IEEE802.11g54Mbps障害物に強い干渉を受けやすい
IEEE802.11a54Mbps速度が早い障害物に弱い
IEEE802.11n300Mbps速度が早い干渉を受けやすい
IEEE802.11ac6.6Gbps有線と同等の速度障害物に弱い

この中で11ac規格は、現在使える規格の中で一番スピードが早くしかも同時接続にも強いことがメリットです。

最新規格である11ac規格に対応しているか?が非常に大切です。

【2020年版】2階・3階建て向けにおすすめの無線LANルーター

しゅんのアイコン画像しゅん

それでは2020年に一軒家(2階建てや3階建て)におすすめの無線LANルーターを紹介します。

高性能で快適に利用できる無線LANルーターを集めました。

AUSU『RT-AC68U』

次に紹介するのはASUSの無線LANルーター『RT-AC68U』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

ASUSは台湾のメーカーで、PCやスマホ、ネットワーク系の機種に強い会社です。

アンテナが4本ついているタイプの無線LANルーターで、電波の方向を変えられる点が特徴的です。

ビームフォーミング機能のAiRadarやMU-MIMOに対応しています。

最新のメッシュWi-Fi化することも可能なので、将来性もあります。

しゅんのアイコン画像しゅん

2階建てでも、3階建てでも利用可能です。

商品名RT-AC68U
メーカーASUSTek
スピード1,300Mbps(11ac 4×4)
600Mbps(11n)
機能ビームフォーミング AiRadar
MU-MIMO
有線LANポート×4
特徴メッシュWi-Fi化することも可能
サイズ220mm×160mm×83.3mm
重量約640g

TP-Link『Archer AX50』

次に紹介するのはTP-Link製の無線LANルーター『Archer AX50』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

Wi-Fi6対応の最新モデルです。

Wi-Fi6とは、次世代のWi-Fiで、スピードアップや省エネ性能に優れている規格です。

Wi-Fi6対応ルーターとして安い価格ですし、設定のしやすさも特徴的です。

スピードの速さと繋がりやすさを考えると、今後長く使える無線LANルーターだと言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

3階建てに適したモデルです。

商品名Archer AX50
メーカーTP-Link
スピード2,402Mbps
574Mbps
機能ビームフォーミング
TWT(ターゲット・ウェイク・タイム)
有線LANポート×4
特徴最新Wi-Fi6対応モデル
サイズ260.2mmx135.0mmx38.6mm
重量約545g

バッファロー『WXR-5950AX12』

最後に紹介するのが、バッファロー製の無線LANルーター『WXR-5950AX12』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

国内メーカーの安心感と、高機能で人気のモデルです。

アンテナが4本ついたWi-Fi 6と11axの両方に対応した最新モデルです。

非常に高機能の無線LANルーターなので、ゲームや投資などをする方以外はオーバースペックかも知れません。

しかし最新の無線LANルーターを利用したい人に、非常におすすめです。

商品名WXR-5950AX12
メーカーバッファロー
スピード4,803Mbps
1,147Mbps
機能ビームフォーミング
TWT(ターゲット・ウェイク・タイム)
10Gbps対応LANポート×4
特徴Wi-Fi 6と11ax対応モデル
サイズ300mm×195mm×75mm
重量約1.6kg

【2020年版】最新のメッシュWi-Fiのおすすめ

既存の無線LANルーターよりも、電波状況が良くなるメッシュWi-Fiも一軒家にはおすすめです。

メッシュWiFiとは、複数台のルーターを設置することで、場所によって電波の強さが変わらないようにする最新技術です。

しゅんのアイコン画像しゅん

最近はコストもかなり下がってきたので、一軒家に設置すれば非常に快適に利用できます。

2017年あたりから家庭用でも機種が販売されるようになり、最近種類も増えてきました。

スマート家電など、多くのWi-Fiを活用したい人には非常に効果的です。

バッファロー『WRM-D2133HP』

まず最初に紹介するのはバッファロー製のメッシュWi-Fi『WRM-D2133HP』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

メッシュWi-Fiは海外製が多いですが、バッファロー製の安心感があります。

親機が1台と専用中継機2台で構成されるメッシュWi-Fiで、親機と子機の設定は済んでいるので簡単に設置できます。

また、他の設定もアプリから出来る手軽さも魅力です。

しゅんのアイコン画像しゅん

可愛らしく、邪魔にならないデザインでもあります。

機能もビームフォーミングやIPv6、MU-MIMOに対応しているので、最新の技術を搭載しています。

メッシュWi-Fiを導入するなら、まず候補にしたい機種です。

商品名WRM-D2133HP
メーカーバッファロー
スピード1,733Mbps
400Mbps
機能ビームフォーミング
IPv6
MU-MIMO
10Gbps対応LANポート×3
特徴国内メーカー製のメッシュWi-Fi
サイズ900mm×175mm×125mm
重量約745g

TP-Link 『Deco M9 Plus』

次に紹介するのが、TP-Link 製のメッシュWi-Fi『Deco M9 Plus』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

メッシュWi-Fiの中ではコスパが良い点が特徴的です。

種類が1ユニット・2ユニット・3ユニットの3つの種類あるので、自宅の広さに合わせて選ぶことが出来ます。

ユニットの拡張も出来るので、あとから機能を追加できます。

また、セキュリティ機能が充実していて、トレンドマイクロのアンチウィルス機能を搭載しているので安心感があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

パスワードなどを1つだけで管理できるので、使い勝手の良さもあります。

スマートホーム用のスマートハブ機能も搭載していますし、スマートホーム化を検討している人にもおすすめです。

商品名Deco M9 Plus
メーカーTP-Link
スピード867Mbps(5GHz)×2と400Mbps(2.4GHz)で
合計最大2,134Mbps
機能トライバンドAC2200 (867 + 867 + 400Mbps) 
アンチウィルス機能を搭載
スマートハブ機能
特徴コスパの良いメッシュWi-Fi
サイズ144 x 144 x46 mm
重量約440g (1ユニット)

NETGEAR 『OrbiMicro』

最後に紹介するのがNETGEAR製のメッシュWi-Fi『OrbiMicro』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

メッシュWi-Fiの中で一番人気があるモデルです。

1つの2.4GHz帯と2つの5GHz帯、合計3つの無線周波数帯を同時に使えるメッシュWi-Fiです。

シリーズの種類が多くて、一人暮らしの方から5人家族以上におすすめのモデルまで種類が豊富な点が特徴です。

しゅんのアイコン画像しゅん

Amazon Echoで人気のAlexa搭載モデルもありますよ。

価格が3万円前後とメッシュWi-Fiとしては標準的な値段ですが、高性能で快適に使えます。

本体のサイズも小さいので、設置場所にも困りません。

性能と価格のバランスが取れているメッシュWi-Fiとして、おすすめです。

商品名OrbiMicro
メーカーNETGEAR
スピード866 + 866 + 400Mbps
機能トライバンド
ギガビット有線LANポート
簡単セッティング
特徴機能と価格の良いメッシュWi-Fi
サイズ144 x 144 x46 mm
重量約440g (1ユニット)

まとめ

一軒家におすすめの無線LANルーターをまとめました。

マンションなどのワンルーム向けの無線LANルーターに比べて、高機能なので価格が1万円から2万円前後のモデルがおすすめです。

おすすめの無線LANルーター

上記のモデルなら、どれでも快適にWi-Fiを利用できるハズです。

しゅんのアイコン画像しゅん

また一軒家の場合は、最新のメッシュWi-Fiもおすすめです。

メッシュWi-Fiは複数台のルーターを設置することで、場所によって電波の強さが変わらないようにする最新技術です。

最近は種類も増えてきたので、選びやすくなりました。

おすすめのメッシュWiFi

上記のメッシュWi-Fiはどれを選んでも、快適なWi-Fi環境を作ることが出来ます。

ぜひ、自宅のサイズに合わせて無線LANルーターを選んでみてくださいね!

目次(タップで移動できます)
閉じる