『MacBook Pro(2018)』を使って分かった14個のメリットとデメリット

『MacBook Pro(2018)』を使って分かった14個のメリットとデメリット

MacBook Pro(2018)』を使って分かった【メリット】と【デメリット】をまとめました。

MacBook Pro(2018)の使い勝手が知りたい
MacBook Pro(2018)を使って分かったポイントは?

という疑問に答えます。

初めて『MacBook Pro(2018)』を購入したので、使って分かった【ポイント】をまとめました。

関連記事購入したキッカケは『【PC】起動が遅くなったので『MacBook Pro(2018)』を買ってみました』にまとめています。

『MacBook Pro(2018)』を買って分かった8つのメリット

『MacBook Pro(2018)』のメリット

  1. 重さ】は軽くて邪魔にならない
  2. ディスプレイ】が美しく目の疲れが軽減!
  3. 】がとても静かでほぼ無音
  4. キーボード】は打ちやすくて使いやすい
  5. トラックパッド】はマウスよりもラク
  6. iPhone】との連携がスゴい!
  7. touchID】でのログインが非常に便利
  8. Touch Bar】は思った以上に使いやすい

『MacBook Pro(2018)』の【重さ】は軽くて持ち運んでも邪魔にならない

『MacBook Pro(2018)』の13インチは『非常に軽くて、持ち運びが非常にラク』です。

以前は【VAIO】の14インチを使っていたので、サイズが小さくなったのは事実ですが、それ以上に軽くなった印象を持ちます。

厚みも無いので、バッグに入れても場所を取りません。

持ち運びしやすいので、落下や衝撃対策はした方が安心出来そうです。

見た目もキレイなケースを付けるなら『BelkのMacBook Pro 13 ケース』辺りが良さそうですね!

『MacBook Pro(2018)』は【ディスプレイ】が美しく目の疲れが軽減!

『MacBook Pro(2018)』のディスプレイは、本当にキレイで目が疲れません。

VAIO】を使っていた時は『数時間すると眼精疲労を感じ始めて、一日使うと目がピクピクと痙攣』して困っていました。

しかし『MacBook Pro(2018)』に変えてから、目の痙攣や眼精疲労を感じなくなりましたし『パソコンを見るのが辛い!』と思いません。

パソコンを使っていて【目の疲れ】や【目の痙攣】が気になる方は、乗り換えるだけで改善するかも。

外付けディスプレイを考えるなら【4K】対応のモニタが良いでしょう。

『MacBook Pro(2018)』は【音】がとても静かでほぼ無音

『MacBook Pro(2018)』は『ファンが回って音がうるさいと感じる時は非常に少ない』です。

最初はファンが付いていないと思っていたほど、とても静かなで、ほぼ無音です。

重い作業をしたりアップデートをしている時はファンの音がしますが、通常はほぼ無音で作業できます。

『MacBook Pro(2018)』の【キーボード】は打ちやすくて使いやすい

『MacBook Pro(2018)』のキーボードは打ちやすくて、使いやすいです。

前のモデルのバタフライキーボードを使ったことが無いので、比較は出来ませんが違和感はありません。

レビュー記事等を見ると『バタフライキーボードが〜』という記述をよく見ますが、個人的には使い勝手が良いキーボードだと思います。

別にキーボードを用意するなら純正が一番でしょう。

東プレからMac用の高級キーボードが出るみたいですけど。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥15,246 (2019/05/24 00:26:21時点 Amazon調べ-詳細)

『MacBook Pro(2018)』の【トラックパッド】はマウスよりもラク

『MacBook Pro(2018)』に乗り換えて初めて【トラックパッド】を使いました。

最初は『どう指を動かせばよいのか?』がわからないので使いにくい印象がありましたが、慣れるとマウスよりもラクです。

少なくともWindowsノートPCの【タッチパッド】と同じようなイメージを持っているなら全く違います。

Windows】ならマウスの方がいいですが【Mac】なら【トラックパッド】の方が使いやすいです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,184 (2019/05/24 00:26:21時点 Amazon調べ-詳細)

『MacBook Pro(2018)』は【iPhone】との連携がスゴい!

『MacBook Pro(2018)』というより、全ての【Mac】は『iPhoneとの連携がシームレスで非常に便利』です。

iCloud】を利用しているアプリは、ほぼ即時に同期されます。

純正のメモで『写真を撮る』を選択すると、iPhoneが勝手に起動してカメラになります。

iPhoneに登録していなかった『Wi-Fiのパスワード』を入力しようとした時に『MacBook Pro(2018)』に通知が来てクリックするだけでパスワードを送れたりします。

Mac製品はこの部分が非常に考えられていて、とてもスゴい!と感じます。

『MacBook Pro(2018)』は【touchID】でのログインが非常に便利

Touch Bar あり】モデルの『MacBook Pro(2018)』を購入したので【touchID】が付いています。

そのためログインが【touchID】を使えばOKなので、パスワードの入力が不要で非常に便利です。

1 Password】のように【safari】のログイン画面でも使えるともっと嬉しいですが、そのうち使えるようになるんでしょうね。

『MacBook Pro(2018)』の【Touch Bar】は思った以上に使いやすい

レビュー記事を見ていると【Touch Bar】は使いにくいと聞いていましたが、個人的には悪くないです。

元々、ファンクションキーを使わないのもありますが【リスト表示】や【強調】など様々な操作が出来るので、ラクに感じます。

2018年モデルなら【Touch Bar あり】モデルはCPUのスペックがアップデートされているので、長く使うならおトクでしょう。

値段は高いですけど。

『MacBook Pro(2018)』を買って分かった6つのデメリット

『MacBook Pro(2018)』のデメリット

  1. キーボード】は跡がつきやすい
  2. USB-Cポート】だけなのは残念
  3. USB-Cポート】は抜き差しがしにくい
  4. 電源アダプタ】はかなり大きい
  5. ケーブル】は2mと長い
  6. モニタ】の外部出力は電池の消耗が速い

『MacBook Pro(2018)』の【キーボード】は跡がつきやすい

『MacBook Pro(2018)』のキーボードは『指紋の跡が残りやすい』印象です。

キーボードの表面が白くなり『なんか汚いなぁ』ってなりますし、見た目もよくありません。

キータッチが重くなりますが、清潔に使いたい人は早めに購入しましょう。

『MacBook Pro(2018)』は【USB-Cポート】だけなのは残念

『MacBook Pro(2018)』には3つのポートが付いていますが全て【USB-C】ポートです。

充電から何から全て使えるので便利ですが、まだ普及していないんですよね。

使っていたUSBメモリを使いたいなら【USB-Cハブ】の購入は必須です。

色々な種類のハブが販売されていますが、数千円の価格なので、用途に合わせてしっかり選んだ方が良いです。

個人的にはSDカード等が不要なので【Anker】の『5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』を購入しました。

『MacBook Pro(2018)』の【USB-Cポート】は抜き差しがしにくい

『MacBook Pro(2018)』は厚みがないので【USB-Cポート】は接地面(デスク等)との距離が近いです。

そのため『抜き差しがしにくい』点が気になりました。

上下にも左右にも動かしにくいですし、無理やり動かすと壊れそうで、ちょっとコツが要ります。

慣れなのかもしれませんが、よく抜き差しするなら気をつけた方が良いでしょう。

もしくは【Bluelounge】の『Kickflip フリップスタンド』を使うと抜き差しはカンタンになりそうです。

『MacBook Pro(2018)』の【電源アダプタ】はかなり大きい

『MacBook Pro(2018)』付属の【電源アダプタ】は結構大きいです。

61W】の高出力なのでサイズが大きいのは仕方ないですが、持ち運びには適していない印象です。

他のメーカーでは小型の電源アダプタも販売されていますが、出力が【30W】とか小さかったりと決め手に欠ける印象です。

まだ購入していませんが、買うなら『cheero USB-C PD Charger 45W』辺りですかね?

サイズの出力のバランスが取れています。

『MacBook Pro(2018)』の【ケーブル】は2mと長い

『MacBook Pro(2018)』付属の【ケーブル】は、長さが2mと長めです。

コンセントの位置が遠いなら、2mでいいんでしょうけど、正直長くて邪魔です。

特にカフェとかコンセントの位置が近い時は、取り回しが大変です。

USB-Cケーブルは『PD対応など複数の種類がある』ので、注意しましょう。

ケーブルは種類豊富で選びやすいですが【Apple純正】の『USB-C 充電ケーブル』に1mの長さのタイプがあるので、これを選ぶと安心でしょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥1,845 (2019/05/24 00:26:24時点 Amazon調べ-詳細)

『MacBook Pro(2018)』は【モニタ】の外部出力は電池の消耗が速い

『MacBook Pro(2018)』はケーブルを繋ぐだけで、外部の【モニタ】に出力できます。

自宅では【モニタ】に出力して使おうと、ケーブルも購入していたのですが、結局使わなくなりました。

外部モニタに出力すると、バッテリーの消耗が激しいのです。

体感的にはバッテリーの持ちが半分程度になる印象。

『MacBook Pro(2018)』のディスプレイのキレイさと、外付けモニタの粗さも気になるので、自宅でMacを使うなら【iMac】の方がいいんだと思います。

『MacBook Pro(2018)』は高いけどそれだけの価値がある

初めてのMacなので不安はありましたが、買って満足のパソコンです。

USB-Cポート】のみとか【電源アダプタ】が大きいとか個人的には気になるポイントもあります。

しかし使い勝手の部分では【驚き】もあり【楽しさ】もあり、生活を便利に豊かにしてくれます。

Windowsのパソコンの方が安いのは事実ですが、使ってしまうとWindowsには戻れないなぁと思います。

是非、参考にしてみてくださいね!

以上『MacBook Pro(2018)』を使って分かった14個の【メリット】と【デメリット】でした。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,184 (2019/05/24 00:26:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥1,845 (2019/05/24 00:26:24時点 Amazon調べ-詳細)