おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【MacBook Pro】13インチ(2018)を評価レビュー【メリット&デメリット】

【MacBook Pro】13インチ(2018)を評価レビュー【メリット&デメリット】

この記事はMacBook Pro 13インチ(2018)を評価レビューしつつメリット&デメリットをまとめた記事です。

悩む人

MacBook Pro 13インチ(2018)が欲しいな!って思うんだけど、メリットやデメリットってどんな所なのかな?詳しく知りたいな!

という疑問に答えます。

MacBook Proは発売された年度によって微妙にスペックが違うので、2018年モデルはどうなんだろう?って気になりますよね!

しゅん

僕自身が初めて購入したのが、2018年モデルの13インチMacBook Proでした。

そこでこの記事では、MacBook Pro 13インチ(2018)の評価レビューとしてメリット&デメリットをまとめていきます。

MacBook Pro 13インチ(2018)に興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【MacBook Pro】13インチ(2018)を評価する【完成度が高くまだまだ使える】

【MacBook Pro】欲しいなら買うべき?【魅力を感じるなら使うべき】

\\購入したMacBook Proのスペック//

モデル名MacBook Pro
世代2018年
サイズ13インチ
カラースペースグレイ
CPUIntel Core i5 2.3GHz
メモリ16GB(カスタマイズ)
ストレージ256GB

まず結論から。

しゅん

13インチのMacBook Pro(2018)は、完成度が高く安心して、まだまだ使える点が魅力です。

前回のモデルに比べて大きく変わった部分は少ないですし、MacBook Proを使っていた人は安心して使えるでしょう。

僕のように初めてMacBook Proを使う人でも使いやすい点が魅力です。

しゅん

完成度が高くて、今まで使ったパソコンの中で一番と言えるぐらい気に入っています。

【MacBook Pro】13インチ(2018)をレビュー【サイズ・デザイン・機能・使い勝手】

それでは具体的に13インチのMacBook Pro(2018)をレビューしていきます。

しゅん

サイズやデザイン、機能などをレビューしていきます。

13インチMacBook Pro(2018)をレビュー
  1. デザイン・色合い⇒スペースグレイはシックな色合いでおしゃれ
  2. サイズ⇒軽くて持ち運んでも邪魔にならない
  3. キーボード⇒打ちやすくて使いやすく、音も静か
  4. トラックパッド⇒使いこなせると非常に快適
  5. touch ID ⇒ログインが非常に便利
  6. Touch Bar ⇒思った以上に使いやすい
  7. 動作や発熱⇒サクサク動き、ファンもほぼ回らず静か
  8. メンテナンス ⇒キーボードは指紋など跡がつきやすい
  9. USBポート⇒USB-Aポートが無いのは残念
  10. 充電アダプター ⇒サイズが大きいので持ち運びには適さない

順番に解説します。

デザイン・色合い【スペースグレイはシックな色合いでおしゃれ】

デザイン【スペースグレイはシックな色合いでおしゃれ】

まずデザインからレビューしていきます。

しゅん

2018年モデルのMacBook Proはスタンダードなデザインでおしゃれ感が漂います。

僕が購入したのはスペースグレイなので、シルバーなどに比べて色合いは少し暗めの印象になります。

落ち着いた印象になるので、どんな方が利用しても良いと思います。

しゅん

ただ同じスペースグレイのiPad miniに比べると、シルバーに近い色合いな点が印象的でした。

同じスペースグレイのMacBook ProとiPad mini
同じスペースグレイでもMacBook ProとiPad miniでは色合いが異なる
しゅん

おしゃれさで言えば、絶対Windowsより優れているので、気に入ったなら使うと良いですよ!

関連記事【最高】iPad mini 5(2019)を評価レビュー【サイズ感が便利すぎて手放せません】

サイズ【軽くて持ち運んでも邪魔にならない】

サイズ【13インチは重すぎず持ち運びがラク】
iPad miniや長財布と比較してもコンパクト

次にサイズをレビューしていきます。

しゅん

MacBook Pro(2018) 13インチは、約1.37kg程度の重さで、持ち運びが非常にラクです。

\\サイズや重量の詳細//

約30.41cm
奥行き約21.24cm
厚み約1.49cm
重さ約1.37kg

以前はVAIOの14インチを使っていて、ゴツゴツした感じで重量感がありました。

しゅん

しかしMacBook Proは、凹凸も少なく薄いので、見た目以上に軽く感じます。

かと言って画面が小さいと感じることはなく、個人的にはちょうど良いサイズ感だと感じます。

ただし僕のように持ち運びことが多い場合は、スリーブケースなどを利用したほうが安心でしょう。

しゅん

表面がサラサラで滑りやすいので、落下や衝撃対策はした方が良いかもしれません。

バッグやかばんに入れても邪魔にならないので、持ち運びで使うのがラクで楽しくなりました。

関連記事【2021年版】MacBook Proにおすすめのアクセサリー&周辺機器⑦選

キーボード【打ちやすくて使いやすく、音も静か】

MacBook Proのキーボード

次にキーボードについてレビューしていきます。

しゅん

賛否があるバタフライキーボードですが、個人的には非常に使いやすいと思います。

前のモデルのバタフライキーボードを使ったことが無いので、比較は出来ませんが違和感はありません。

レビュー記事等を見ると『バタフライキーボードが〜』という記述をよく見ますが、個人的には使い勝手が良いキーボードだと思います。

新型ではキーボードが刷新されたので、より使いやすくなっているハズです。

トラックパッド【使いこなせると非常に快適】

MacBook Proのトラックパッド
しゅん

トラックパッドは指の使い方さえ覚えれば、非常に快適です。

MacBook Proに乗り換えて初めてトラックパッドを使いました。

最初は『どう指を動かせばよいのか?』がわからないので、使いにくい印象がありましたが、慣れるとマウスよりもラクです。

少なくともWindowsノートPCのタッチパッドと同じようなイメージを持っているなら全く違います。

しゅん

Windowsならマウスの方がいいですが、Macならトラックパッドの方が使いやすいです。

関連記事【MacBook Pro】トラックパッドに保護フィルムは必要?【汚れ防止におすすめ】

touch ID 【ログインが非常に便利】

touchIDでのログインが非常に便利
touchIDでのログインが非常に便利
しゅん

touchIDでのパスワード入力やログインが非常に便利でラクです。

購入した『MacBook Pro(2018) 13インチ』は、touchIDが付いています。

そのためログインがtouchIDを使えばOKなので、パスワードの入力が不要で非常に便利です。

Safariでパスワード管理をして、TouchIDを利用すると非常に快適です。

Touch Bar 【思った以上に使いやすい】

Touch Barは思った以上に使いやすい
Touch Barは思った以上に使いやすい
しゅん

Touch Barが思った以上に使い勝手が良いです。

レビュー記事を見ていると、Touch Barは使いにくいと聞いていましたが、個人的には悪くないです。

元々、ファンクションキーを使わないのもありますがリスト表示や強調など様々な操作が出来るので、ラクに感じます。

しゅん

今後、もっと使えるようになるといいなぁと思います。

動作や発熱【サクサク動き、ファンもほぼ回らず静か】

『Bluelounge Kickflip』を利用した様子

次に動作や発熱についてレビューしていきます。

しゅん

MacBook Proはパワフルなので、重いアプリを起動したり、複数の作業をしてもサクサク動きます。

特に印象的だったのは、ほぼファンが回らないことで、無音で夜でも静かに使えます。

そのため、動作や発熱について気にしている方は、心配しなくても大丈夫です。

しゅん

新モデルや新しいOSが発表されている2021年でも特に変化はありません。

ただ発熱が気になる方は、下記のようなアクセサリーを使うと安心です。

『BlueLoungeキックフリップ』のパッケージ画像
BlueLoungeのkickflip
しゅん

熱がこもる対策としてBlueLoungeのkickflipは非常に効果的です。

関連記事【BlueLounge】kickflipを評価レビュー【おすすめのフリップスタンド】

メンテナンス 【キーボードは指紋など跡がつきやすい】

キーボードは指紋など跡がつきやすい
キーボードは指紋など跡がつきやすい印象
しゅん

キーボードは指紋などの跡がつきやすいので、カバーは必須です。

キーボードの表面が白くなり、なんか汚いなぁってなりますし、見た目もよくありません。

そのためキーボードカバーを利用すると、そのストレスから開放されます。

しゅん

ネットで評判が良かった『moshi Clearguard MB』を利用していますが、おすすめです。

何も使わずに使うよりもキータッチが重くなりますが、キレイに使えるので満足です。

関連記事【MacBook Pro】キーボードカバーはいらない?【買うならmoshi①択】

USBポート【USB-Aポートが無いのは残念】

USB-Cポートは抜き差しがしにくい
USB-Cポートは抜き差しがしにくい
しゅん

USBポートが全てUSB-Cポートなので、USBメモリを利用するには変換アダプタかハブが必要です。

MacBook Pro(2018) 13インチ』には、4つのポートが付いていますが全てUSB-Cポートです。

充電から何から全て使えるので便利ですが、まだ普及していないんですよね。

しゅん

そのため何らかの変換アダプタが必要になります。

5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』と『Anker USB-C & USB 3.0 変換アダプター』を利用しています。

ただUSBハブは価格が高めなので、用途に合わせてしっかり選びましょう。

関連記事Anker USB-C & USB 3.0 変換アダプターをレビュー【Macにおすすめ】

充電アダプター 【サイズが大きいので持ち運びには適さない】

充電アダプターのサイズが大きい
充電アダプターのサイズが大きい
しゅん

付属の純正アダプターは、若干サイズが大きいです。

MacBook Pro(2018) 13インチ』に付属の電源アダプタは結構大きいです。

61Wの高出力なのでサイズが大きいのは仕方ないですが、持ち運びには適していない印象です。

現在発売されているアダプターの中で購入するなら『RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)』がおすすめです。

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)の外観
コンパクトで持ち運びに適したRAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)

サイズも小さくて、61Wの出力があるので持ち運び用に適しています。

関連記事【RAVPower(RP-PC112)】購入レビュー【61Wで小型のUSB充電器】

RAVPower 61W USB-C急速充電器 RP-PC112(ホワイト)
RAVPOWER

まとめ

【MacBook Pro】欲しいなら買うべき?【魅力を感じるなら使うべき】

\\購入したMacBook Proのスペック//

モデル名MacBook Pro
世代2018年
サイズ13インチ
カラースペースグレイ
CPUIntel Core i5 2.3GHz
メモリ16GB(カスタマイズ)
ストレージ256GB

13インチのMacBook Pro(2018)を評価レビューしてきました。

しゅん

2018年のMacBook Pro13インチは完成度が高く、新型が発売された今でも安心して使えるモデルです。

13インチMacBook Pro(2018)をレビュー
  1. デザイン・色合い⇒スペースグレイはシックな色合いでおしゃれ
  2. サイズ⇒軽くて持ち運んでも邪魔にならない
  3. キーボード⇒打ちやすくて使いやすく、音も静か
  4. トラックパッド⇒使いこなせると非常に快適
  5. touch ID ⇒ログインが非常に便利
  6. Touch Bar ⇒思った以上に使いやすい
  7. 動作や発熱⇒サクサク動き、ファンもほぼ回らず静か
  8. メンテナンス ⇒キーボードは指紋など跡がつきやすい
  9. USBポート⇒USB-Aポートが無いのは残念
  10. 充電アダプター ⇒サイズが大きいので持ち運びには適さない
しゅん

MacBook Proはおしゃれで、使い勝手もよく非常に満足しています。

もちろん最新モデルのMacBook Proに比べると、性能の面では違いがあるでしょう。

しゅん

しかしまだまだ現役で、安心して使うことができます。

しかも今なら中古が狙い目で、物によっては10万円ほどと、かなり安く購入することが出来ます。

完成度が高い13インチのMacBook Pro(2018)を是非チェックしてみてくださいね!

まとめ記事はこちら【MacBook Pro】おすすめの購入ガイド【スペックの選び方や注意点】

【MacBook Pro】13インチ(2018)を評価レビュー【メリット&デメリット】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる