おすすめ記事

【TP-Link】Archer AX23Vを評価レビュー【アマゾン限定のコンパクトな縦型Wi-Fiルーター】

本記事にはPRが含まれます
【TP-Link】Archer AX23Vを評価レビュー【アマゾン限定のコンパクトな縦型Wi-Fiルーター】

独自に調査やテスト、レビューを行いおすすめの良いものを紹介しています。
詳しくは記事作成ポリシーをご覧ください。

この記事はTP-Linkの新しいWi-Fi 6ルーターであるArcher AX23Vをレビューしている記事です。

悩む人

TP-LinkのArcher AX23Vに興味があるんだけど、どんなWi-Fiルーターなの?詳しいレビューが知りたいな!

という疑問に答えます。

TP-LinkのWi-Fiは比較的価格が安く、Amazonの売り上げランキングでも上位に乗ることが多いです。

しゅん

今回、TP-LinkのArcher AX23Vを利用させていただく機会に恵まれました。

そこでこの記事では、TP-LinkのArcher AX23Vについて、特徴やメリット、デメリットについて詳しくレビューしていきます。

TP-LinkのArcher AX23Vに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

メリットデメリット
コンパクトで置き場所に困らない縦型デザイン
最新のWi-Fi 6対応で高速で低遅延の接続
OneMesh対応でネットワークの拡張が可能
コストパフォーマンスが高い
アンテナ内蔵モデルなので電波の方向を変えられない
USBポートがないため、NAS化できない

【PR】この記事は、ティーピーリンクジャパン株式会社様より商品を提供いただき執筆しています。

しゅんのプロフィール画像

しゅん(この記事を書いた監修者)

レビュー歴10年以上。好きが高じてサイトでApple製品やハイテク家電をさまざま紹介。
生活を豊かにする製品をお得に買う方法を紹介中!

詳しいプロフィールはこちらから


目次(タップで移動できます)

【TP-Link】Archer AX23Vは買うべき?【実際に使って分かった評価まとめ】

【TP-Link】Archer AX23Vは買うべき?【実際に使って分かった評価まとめ】

まず結論から。

しゅん

Archer AX23Vは最新のWi-Fi 6に対応していて、定価で5,980円というコスパの良さが魅力です。

Archer AX23Vの特徴
  • コンパクトなデザイン⇒文庫本と同程度のサイズで、狭い場所にも柔軟に設置可能
  • Wi-Fi 6とIPv6 IPoEに対応⇒合計1.8Gbps(5GHz: 1201Mbps + 2.4GHz: 574Mbps)の高速接続を提供します。
  • EasyMesh準拠⇒対応機器と組み合わせてメッシュWi-Fiの構築が可能です。
  • 最大接続台数36台サポート⇒ミニマルサイズながら高い実用性を持ちます。
  • 内蔵型高性能アンテナ⇒5GHz×2、2.4GHz×2のアンテナ搭載。
  • LANポート⇒1Gbps WANポート×1、1Gbps LANポート×4搭載。
  • 推奨利用環境⇒戸建て3階建、マンション4LDK向き。
  • 保証⇒業界最長クラスの3年保証。
  • スマートコネクト⇒SSIDを統一し、接続帯域をルーターが自動で割り当てます。
  • エアタイムフェアネス⇒帯域の過度な占有を制限し、ネットワーク効率を向上します。
  • ビームフォーミング⇒端末に向けて指向性のWi-Fiシグナルを送信し、接続をより強固にします。
  • WPA3対応⇒最新セキュリティ規格に対応す。

出典:ティーピーリンクジャパン株式会社のプレスリリース

しゅん

定価で5,980円でコスパが良いのに、最新のWi-Fi 6やギガビットLAN、EasyMesh準拠でメッシュWi-Fi化可能など、様々な機能を搭載しています。

実際、Amazonの売れ筋ランキングで上位にランクインなど、高い人気を得ています。

他にもiPhone11以降の機種は全てWi-Fi 6に対応していますが、Wi-FiルーターがWi-Fi 6に非対応だとスピードが遅い!複数台接続すると重くなる!などデメリットがあります。

しゅん

その点を考えると、コスパよくWi-Fi 6を利用するには良い選択肢なのかな?と思います。

Archer AX23Vの主な仕様
仕様詳細
Wi-Fi規格
(Wi-Fi 6対応)
IEEE 802.11ax/ac/n/a 5GHz
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4GHz
最大通信速度
(AX1800)
5GHz: 1201Mbps(802.11ax, HE80)
2.4GHz: 574Mbps(802.11ax)
バンドデュアルバンド
動作モードルーターモード
ブリッジモード(アクセスポイントモード)
有線ポートギガビットWANポート×1
ギガビットLANポート×4
サイズ150×130×40.3mm
同封品Archer AX23V本体
スタンド
電源アダプター
LANケーブル
かんたん設定ガイド
出典:Archer AX23V 仕様情報

【TP-Link】Archer AX23Vをレビュー【デザインや使い勝手、不満点】

【TP-Link】Archer AX23Vをレビュー【デザインや使い勝手、不満点】

では具体的にArcher AX23Vのデザインや使い勝手はどうなのか?レビューしていきます。

しゅん

僕自身が感じた部分は下記のとおりです。

Archer AX23Vをレビュー
  • デザイン⇒コンパクトで置き場所に困らない縦型デザイン
  • Wi-Fiスピード⇒最新のWi-Fi 6対応で高速で低遅延の接続
  • 使い勝手⇒EasyMesh対応で簡単にメッシュWi-Fi化できる
  • 不満点・デメリット⇒USBポートがないため、NAS化できない点は惜しい

順番に紹介します。

デザイン【コンパクトで置き場所に困らない縦型デザイン】

デザイン【コンパクトで置き場所に困らない縦型デザイン】

まず最初にデザインからレビューしていきます。

しゅん

Archer AX23Vはアンテナ内蔵タイプなので、出っ張りなどもなく本当にコンパクトです。

現在利用しているiPhone 15Proとサイズを比較しても、一回り程度大きいサイズなので、置き場所に困ることはないでしょう。

Archer AX23VとiPhone 15Proのサイズ比較

またArcher AX23Vにはスタンドが付属していて、2種類の使い方が可能です。

しゅん

底の部分に取り付けると、縦置きできますし、側面に取り付けると壁掛けが可能な仕様になっています。

Archer AX23V本体とスタンド
しゅん

他にも有線LANは4ポートあるので、有線で複数台接続したい場合でも足りなくなる事は無いでしょう。

Archer AX23Vの有線ポート

ACアダプタのサイズもコンパクトですし、非常にコンパクトで使い勝手が良いデザインだと思います。

Wi-Fiスピード【最新のWi-Fi 6対応で高速で低遅延の接続】

Wi-Fiスピード【最新のWi-Fi 6対応で高速で低遅延の接続】

次にWi-Fiのスピードについてレビューしていきます。

しゅん

以前レビューしたTP-LinkのArcher AX55とスピードの比較をしていきます。

スペック的にはArcher AX55の方がワンランク上ですが、どれだけスピードに違いがあるのか?比較していきます。

まず最初にArcher AX55のスピードがから測定していきます。

しゅん

筆者の環境は2階建の戸建てで、Wi-Fiルーターを1階に置き、ほぼ真上の2階の部屋で昼間の時間帯に測定しています。

\\Archer AX55のスピード//

Archer AX55のスピード測定結果
しゅん

次に同じ環境で、Archer AX23Vのスピードを測定してみました。

\\Archer AX23Vのスピード//

Archer AX55のスピード測定結果

このような結果になりました。

しゅん

元々筆者のインターネット環境は速いわけでは無いのですが、ほぼ同じようなスピードが出ています。

Archer AX55と比較すると、価格が安いArcher AX23Vでこれぐらいのスピードが出るなら十分なのかな?という印象です。

関連記事

下記の記事では、TP-LinkのArcher AX55のおすすめポイントはどこなのか?詳しくレビューしています。

関連記事TP-Link Archer AX55のおすすめポイントは?【実際に使って分かったポイントをレビュー】

使い勝手【EasyMesh対応で簡単にメッシュWi-Fi化できる】

Archer AX23VとEasyMashに対応したRE605X

次に使い勝手についてレビューしていきます。

しゅん

Archer AX23Vはアンテナ内蔵のWi-Fiルーターなので、使用環境によっては、電波の届きにくい場所が発生する可能性があります。

そんな場合でもArcher AX23Vは、EasyMeshに対応しているので、簡単にメッシュWi-Fi化することが可能です。

例えば同じTP-LinkのEasyMeshに対応した無線LAN中継機を利用することで、電波の届きにくい部屋の電波状況を改善することができます。

しゅん

通常の無線LAN中継機と違って、EasyMeshを利用すると、自動的に接続先のSSIDを変更してくれるので、手間がありません。

電波状況が不安な方でも、簡単に電波の状況を変えられる点は使い勝手が良いと思います。

関連記事

下記の記事では、RE605Xという無線LAN中継機を使ってみたレビューをまとめています。

関連記事TP-Link RE605Xをレビュー【OneMeshの使い勝手はどう?実際に使ってみた評価まとめ】

不満点・デメリット【USBポートがないため、NAS化できない点は惜しい】

最後に不満点やデメリットを紹介していきます。

しゅん

使ってみて不満点の少ないWi-Fiルーターですが、USBポートがついていない点は惜しいと感じました。

USBポートがついているWi-Fiルーターだと、外付けのHDDを接続するだけで簡易NASとして利用できる場合があります。

簡易NASとして利用できると、クラウドのように様々なデータの保管庫としてコスパよく利用することが可能です。

しゅん

Archer AX23Vはそのような使い方ができない点は少し惜しいポイントかな?と思います。

しかし5000円台で買えるコスパの良さと、Wi-Fiのスピードを考えると満足度は高いと思います。

関連記事

下記の記事では、

まとめ記事【NASって便利すぎ!】快適に使える理由や出来ることとは?【メリット&デメリットも徹底解説】

【TP-Link】Archer AX23Vを購入する前に知っておきたい注意点【Q&A】

【TP-Link】Archer AX23Vを購入する前に知っておきたい注意点【Q&A】

最後にArcher AX23Vを購入する前に知っておきたい注意点を紹介していきます。

しゅん

簡潔にQ&A形式で紹介します。

Archer AX23Vはどこで買えるの?

Archer AX23Vは、Amazon.co.jp限定モデルとして発売されています。

そのため購入する場合は、Amazonを利用しましょう。

Archer AX23Vを買うべき人は?

最新規格のWi-Fi6対応ルーターの中で定価で5,980円とコスパが良い点が魅力です。

新しいWi-Fiルーターを手軽に入手したい人におすすめです。

Archer AX23Vを買わない方がいい人は?

Archer AX23VはUSBポートを搭載していません。

そのため外付けHDDを接続して簡易NASとして利用したい方は、注意が必要です。

関連記事

下記の記事では、NASとは何なのか?便利すぎて快適に使える理由やどんなことができるのか?まとめて解説しています。

まとめ記事【NASって便利すぎ!】快適に使える理由や出来ることとは?【メリット&デメリットも徹底解説】

まとめ

Archer AX23V
総合評価
( 4 )
メリット
  • コンパクトで設置しやすい縦型のデザイン
  • Wi-Fi 6対応で高速で低遅延の接続
  • OneMesh対応でネットワークの拡張が可能
  • コストパフォーマンスが高い
デメリット
  • アンテナ内蔵モデルなので電波の方向を変えられない
  • USBポートがないため、NAS化には向かない

TP-LinkのWi-FiルーターであるArcher AX23Vをレビューしました。

しゅん

5000円台で利用できるWi-Fiルーターとしては非常に高性能だと思います。

最新規格のWi-Fi 6に対応していて有線LANも4ポートついています。

また、実際にスピードを測定した結果、十分なスピードが出ていることがわかりました。

Archer AX23Vをレビュー
  • デザイン⇒コンパクトで置き場所に困らない縦型デザイン
  • Wi-Fiスピード⇒最新のWi-Fi 6対応で高速で低遅延の接続
  • 使い勝手⇒EasyMesh対応で簡単にメッシュWi-Fi化できる
  • 不満点・デメリット⇒USBポートがないため、NAS化できない点は惜しい
しゅん

コンパクトでコストパフォーマンスに優れたWi-Fi 6ルーターとして、Archer AX23Vは良い選択肢だと思います。

もちろん特定の用途やより高い性能やスピードを求める場合は、他のモデルを検討する価値は十分にあります。

しかし気軽に使えてコスパが良いWi-Fiルーターとして、非常に優秀です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次(タップで移動できます)